青江三奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青江 三奈
出生名 井原 静子
生誕 1941年5月7日
出身地 日本の旗 日本東京都江東区
死没 2000年7月2日(満59歳没)
学歴 成徳学園高等部卒業
ジャンル 演歌歌謡曲ジャズ
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1966年 - 1999年
レーベル ビクターエンタテインメント

青江 三奈(あおえ みな、1941年5月7日 - 2000年7月2日)は、日本歌手演歌歌謡曲など)。本名は井原 静子(いはら しずこ)。芸能活動におけるプロフィールでは生年月日を1945年7月7日としていた。東京都江東区砂町出身。成徳学園高等部卒業。


略歴[編集]

「青江三奈」の芸名は、作詞家・川内康範が『週刊新潮』で連載していた小説「恍惚」のヒロインの歌手の名前に由来する。

高校在学時から東京・銀座の「銀巴里」でステージに立つ。高校卒業後、西武百貨店勤務の後、クラブ歌手となる。

1966年、『恍惚のブルース』でメジャーデビューし、80万枚を売り上げるヒットとなる。

1968年には冒頭部分の「色っぽい吐息」が特に有名な『伊勢佐木町ブルース』が100万枚、『長崎ブルース』が120万枚を売り上げ、いずれもミリオンセラーを記録。同年、「伊勢佐木町ブルース」で第10回日本レコード大賞・歌唱賞と第1回日本有線大賞スター賞を受賞した。

1969年には『池袋の夜』が150万枚を売り上げ、自身最大のヒット曲となった(第11回日本レコード大賞・歌唱賞も受賞、史上初の2年連続の日本レコード大賞歌唱賞受賞)。1969年度の年間売上金額は青江が全歌手の中で1位、翌1970年度は4位だった。この頃より、青江と同じくハスキーボイスの男性演歌歌手・森進一と並んでため息路線と呼ばれた。

その後、ヒット曲は途絶えるものの、1984年には初のブラジル公演を開催。デビュー25周年となった1990年には「レディ・ブルース」で第32回日本レコード大賞・優秀アルバム賞を受賞するなど、テレビ番組やコンサートなどに精力的に出演し続けていた。

NHK紅白歌合戦」には1966年(第17回)に初出場。翌1967年(第18回)は落選するも、その後1968年(第19回)から1983年第34回)まで、16年連続で出場した。1990年第41回)には、同年12月に亡くなった「恍惚のブルース」の作曲家・浜口庫之助を偲ぶという形で7年ぶりの復帰、通算18回目の出場を果たしたが、これが青江自身生涯最後の紅白出演となった。

1990年には青江三奈としてデビュー歌手生活25周年の記念リサイタルを開催。1991年にはものまねタレント清水アキラの青江の物真似が話題となり、それを機に二人で「ラーメンブルース」のデュエット曲を発表。1993年には、初のジャズアルバムも発表しニューヨークでもライブを開催する。1995年には歌手生活30周年リサイタルをNHKホールで開催するなど、1999年1月までコンスタントに歌手活動を行っていた。

59歳で病死[編集]

しかし1998年のある日、背中に激痛を訴え病院で検査を受けた結果、膵臓癌と診断された。それでも青江は病を隠し仕事をキャンセルせずに歌い続けていた。翌1999年1月23日渋谷公会堂でのコンサートを最後に、病気療養のため一切の歌手活動を停止した。その生涯最後のコンサート当日は、癌の痛みに耐えながらも全身の力を振り絞り熱唱、公演の写真が残っており青江の追悼の特集の際に公開されることがある。そのコンサート終了後間もなくして、同年1月下旬に都内の病院へ入院した(但し当時マスコミ陣には膵癌の病名をひた隠して、膵炎による加療と発表されていた)。

1999年2月5日、9時間にも及ぶ大手術を受け成功し、約3か月の入院生活を経て同年4月24日に一旦退院した。退院後は歌手活動復帰に向けて、抗癌剤の点滴通院を受けながら美容院に向かうなど、執念を燃やしていたという。だが体調は一進一退の状態が続き、翌2000年2月に体調が悪化したため再入院。その際に膵癌の転移が発覚した。その後入退院を繰り返しながら闘病生活を送り続けていたが、2000年7月2日、膵臓癌により死去、59歳没。青江の葬儀告別式では、親友だった水前寺清子が、歌手仲間の代表として涙ながらに弔辞を読んだ。

なお、若き日の青江に大井町で同居しながら長年にわたり歌唱指導を行い、青江が亡くなる約2か月前に病床で婚姻届にサインし結婚をした作曲家・花礼二と、青江の兄弟との間で激しい遺産争奪戦が起こりマスコミの話題を呼んだ。癌の転移が分かった時点で青江が受話器を取り、花礼二へ直接連絡をして19年ぶりに再会を果たしたという。さらに後には、その兄弟の間でも遺産争奪戦が起こり訴訟沙汰になっている。また青江の没後「伊勢佐木町ブルース」の歌碑が、神奈川県横浜市中区のイセザキモールに建立された。

人物[編集]

  • 前述の通り「伊勢佐木町ブルース」の冒頭の「色っぽい吐息」はあまりにも有名だが、発売当時は「“吐息”は子供向きではない」「お色気だ」という意見もあり、『第19回NHK紅白歌合戦』に2年ぶり2回目の紅白出場を果たした時はNHKの意向により、カズーの音と差し替えられた[1](白組司会の坂本九は「ダチョウのため息」と発言した)。なお、1982年の『第33回NHK紅白歌合戦』で2回目の歌唱をした際には、「吐息」は差し替えられなかった。
  • 1970年(昭和45年)より1979年(昭和54年)まで、青江はマスプロ電工(マスプロアンテナ)のテレビCMへ出演していた。「あなた知ってる〜 マスプロアンテナ〜 見えすぎちゃって 困ァるのォ〜」と、「伊勢佐木町ブルース」の替え歌を唄い、サンバイザーにミニスカート姿でゴルフのグリーンでパッティングをしているものが最初である。このテレビCMは、パッティングする際にミニスカートの中が見えるシーンが強調されていることから、「お色気コマーシャル」として当時強いインパクトを持って受け入れられた。その後、青江が出演する同社テレビCMは「お色気コマーシャル」では無くなった。

作品[編集]

シングル[編集]

  1. 恍惚のブルース (1966.5.30)
    作詞:川内康範/作曲:浜口庫之助/編曲:寺岡真三
    (c/w ひと知れぬ愛)
  2. ブルー・ブルース (1966.10.30)
    作詞:川内康範/作曲:浜口庫之助/編曲:寺岡真三
    (c/w 東京のためいき)
  3. 眠られぬ夜のブルース (1967.1.15)
    作詞:川内康範/作曲:浜口庫之助/編曲:寺岡真三
    (c/w あなたとわたし)
  4. 夜の紅花 (1967.4.15)
    作詞:川内康範/作曲:利根一郎/編曲:寺岡真三
    (c/w 女の海)
  5. この恋なくしたら (1967.8.15)
    作詞:川内康範/作曲:吉田正/編曲:寺岡真三
    (c/w チャオ 私の恋人)
  6. 女泣かせの銀座川 (1967.10.5)
    作詞:井田誠一/作曲:清水保雄/編曲:寺岡真三
    (c/w 夜の花びら)
  7. 伊勢佐木町ブルース (1968.1.15)
    作詞:川内康範/作曲:鈴木庸一/編曲:竹村次郎
    (c/w 霧のハイウェー)
  8. 行かないで (1968.2.5)※デュエットマロハ・エコーズ
    作詞:川内康範/作曲:吉田正/編曲:吉田正
    (c/w 白い霧の二人)
  9. 札幌ブルース (1968.3.20)
    作詞:川内康範/作曲:曽根幸明/編曲:寺岡真三
    (c/w 夕陽の町、函館)
  10. おんな酒 (1968.6.5)
    作詞:井田誠一/作曲:吉田正/編曲:吉田正
    (c/w 女のこころ)
  11. 長崎ブルース (1968.7.5)
    作詞:吉川静夫/作曲:渡久地政信/編曲:寺岡真三
    (c/w 一人になりたい)
  12. 酒場人形 (1968.10.5)
    作詞:山口洋子/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章
    (c/w 恋のおわり)
  13. 新宿サタデー・ナイト (1968.12.5)
    作詞:佐伯孝夫/作曲:鈴木庸一/編曲:竹村次郎
    (c/w 夜霧のワルツ)
  14. あなたに泣いた (1969.3.5)
    作詞:滝口瞳子/作曲:宮川としを/編曲:宮川としを
    (c/w 新宿ぐらし)
  15. 気まぐれブルース (1969.5.5)
    作詞:川内康範/作曲:曽根幸明/編曲:寺岡真三
    (c/w 痛みのブルース)
  16. 池袋の夜 (1969.7.5)
    作詞:吉川静夫/作曲:渡久地政信/編曲:寺岡真三
    (c/w 私にさわらないで)
  17. 女だから (1969.9.25)
    作詞:藤公之介/作曲:吉田正/編曲:吉田正
    (c/w 二人きりで)
  18. 国際線待合室(インターナショナル・ロビー) (1969.12.25)
    作詞:千坊さかえ/作曲:花礼二/編曲:近藤進
    (c/w 愛して恋して別れた二人)
  19. 夜がわたしを誘惑するように (1970.3.25)
    作詞:佐伯孝夫/作曲:鈴木庸一/編曲:小谷充
    (c/w 男たちのブルース)
  20. 夜の瀬戸内 (1970.7.5)
    作詞:吉川静夫/作曲:渡久地政信/編曲:寺岡真三
    (c/w 広小路ブルース)
  21. 昭和おんなブルース (1970.10.5)
    作詞:なかにし礼/作曲:花礼二/編曲:船木謙一
    (c/w 爪をかむ女)
  22. 三人の女(1) (1970.12.25)
    作詞:山口あかり/作曲:井上かつお/編曲:井上かつお
    (c/w 三人の女(2))
  23. 白夜 (1971.3.25)
    作詞:千坊さかえ/作曲:花礼二/編曲:小谷充
    (c/w たそがれ)
  24. 長崎未練 (1971.6.5)
    作詞:吉川静夫/作曲:渡久地政信/編曲:寺岡真三
    (c/w 地下鉄午前0時)
  25. みなと・恋唄 (1971.10.5)
    作詞:千坊さかえ/作曲:花礼二/編曲:近藤進
    (c/w 白い京の町)
  26. 恋岬 (1971.12.25)
    作詞:佐伯孝夫/作曲:鈴木庸一/編曲:近藤進
    (c/w 銀色の雨のブルース)
  27. 朝日に向ってサンバ (1972.3.25)
    作詞:川内康範/作曲:花礼二/編曲:高田弘
    (c/w 恋に追われて)
  28. 木屋町の女 (1972.7.5)
    作詞:千坊さかえ/作曲:花礼二/編曲:近藤進
    (c/w ナイト・イン・那覇)
  29. 日本列島・みなと町 (1972.10.5)
    作詞:吉川静夫/作曲:渡久地政信/編曲:寺岡真三
    (c/w 能登路の雨)
  30. 旅路にひとり (1973.1.25)
    作詞:橋本淳/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章
    (c/w 過去にすがって)
  31. 女の夢 (1973.4.25)
    作詞:橋本淳/作曲:浜圭介/編曲:近藤進
    (c/w 恋の無情を知りました)
  32. 札幌の女(ひと) (1973.7.25)
    作詞:吉川静夫/作曲:渡久地政信/編曲:寺岡真三
    (c/w あなたを忍ぶ街)
  33. 放浪(さすらい)の恋唄 (1973.10.25)
    作詞:林春生/作曲:花礼二/編曲:寺岡真三
    (c/w かざり窓)
  34. 港・神戸の女 (1973.12.1)
    作詞:山口洋子/作曲:彩木雅夫/編曲:寺岡真三
    (c/w 意気地なし)
  35. 私のスター (1974.2.25)
    作詞:橋本淳/作曲:都倉俊一/編曲:飯吉馨
    (c/w 想い出のレンガ通り)
  36. 銀座ブルー・ナイト (1974.9.5)
    作詞:橋本淳/作曲:吉田正/編曲:寺岡真三
    (c/w 大阪の女)
  37. 神戸北ホテル (1975.1.25)
    作詞:橋本淳/作曲:吉田正/編曲:寺岡真三
    (c/w 悔んでみても)
  38. 新宿みれん (1975.6)
    作詞:山口洋子/作曲:吉田正/編曲:寺岡真三
    (c/w よこはま朝から今日も雨)
  39. 忘れたい京都 (1975.9.5)
    作詞:矢津太郎/作曲:浜圭介/編曲:竜崎孝路
    (c/w アカシアのワルツ)
  40. おんな酔い (1975.12.5)
    作詞:千家和也/作曲:井上忠夫/編曲:馬飼野俊一
    (c/w 女だったら)
  41. 霧の港、神戸 (1976.3)
    作詞:千坊さかえ/作曲:花礼二/編曲:竜崎孝路
    (c/w 信濃路哀歌)
  42. 小樽の灯(あかり) (1976.6.25)
    作詞:吉川静夫/作曲:渡久地政信/編曲:寺岡真三
    (c/w 女泣かせの通り雨)
  43. 女から男への手紙 (1976.10.25)
    作詞:荒木あい子/作曲:井上忠夫/編曲:川口真
    (c/w 25時の女)
  44. 片恋い倶楽部 (1977.4.5)
    作詞:阿久悠/作曲:小林亜星/編曲:竜崎孝路
    (c/w 京都生まれ)
  45. みなとブルース (1977.9.5)
    作詞:たかたかし/作曲:花礼二/編曲:あかのたちお
    (c/w たわむれの恋)
  46. 雪降る札幌 (1977.12.20)
    作詞:白鳥園枝/作曲:千葉毅/編曲:竜崎孝路
    (c/w 時雨)
  47. ふられぐせ (1978.4.25)
    作詞:千家和也/作曲:千葉毅/編曲:伊藤雪彦
    (c/w 北のエレジー)
  48. ゆきずり (1979.1.25)
    作詞:横井弘/作曲:猪俣公章/編曲:竹村次郎
    (c/w 表参道日暮れ前)
  49. 盛岡ブルース (1979.9.5)
    作詞:つのかけ芳克/作曲:つのかけ芳克/編曲:竹村次郎
    (c/w 雨のネオン川)
  50. 酔心(よいごころ) (1980.6.21)
    作詞:千家和也/作曲:千葉毅/編曲:薗広昭
    (c/w 迷い酒)
  51. あなたにゆられて (1981.5.21)
    作詞:北川文化/作曲:森田公一/編曲:森田公一
    (c/w 恋酒場)
  52. 横浜みれん坂 (1982.1.21)
    作詞:峰尾克美/作曲:武谷光/編曲:森岡賢一郎
    (c/w 未練です)
  53. 夢灯り (1982.8.21)
    作詞:新條カオル/作曲:桜田誠一/編曲:斉藤恒夫
    (c/w あなたの函館)
  54. 野母崎の夜 (1983.1.21)
    作詞:馬津川まさを/作曲:中山治美/編曲:馬飼野俊一
    (c/w ヨコスカ哀歌)
  55. 新地ワルツ (1983.6.21)
    作詞:橋本淳/作曲:吉田正/編曲:神山純一
    (c/w 惚れてひとすじ)
  56. 大阪ブルース (1983.11.21)
    作詞:水木かおる/作曲:鈴木邦彦/編曲:竹村次郎
    (c/w あなたがひとりでいるのなら)
  57. 大田(テジョン)ブルース (1984.5.21)
    作詞:崔致守/訳詞:三佳令二/作曲:金富海/編曲:竜崎孝路
    (c/w ミオ・ミオ・ミオ)
  58. いつわり (1985.3.21)
    作詞:中津康治/作曲:中津康治/編曲:竜崎孝路
    (c/w 横須賀ブルース)
  59. 中洲・那珂川・涙街 (1985.7.5)
    作詞:小野正則/作曲:小野正則/編曲:竜崎孝路
    (c/w 北へ行く)
  60. 新宿の夜 (1986.4.21)
    作詞:白鳥園枝/作曲:市川昭介/編曲:竜崎孝路
    (c/w 角館しのび逢い)
  61. ぼやき (1986.10.21)
    作詞:池田充男/作曲:西條キロク/編曲:竜崎孝路
    (c/w 男と女の港町)
  62. 酒場歌 (1987.11.21)
    作詞:池田充男/作曲:桜田誠一/編曲:竜崎孝路
    (c/w 函館みれん)
  63. 悲しみのモデル (1989.3.21)
    作詞:荒木とよひさ/作曲:杉本眞人/編曲:馬飼野俊一
    (c/w 時計)SV-9393
  64. ベイブリッジ・ブルース (1990.3.21)
    作詞:ジェームス三木/作曲:吉田正/編曲:服部克久
    (c/w あなたがもうひとりいればいい)
  65. HONMOKU(本牧)ブルース (1990.9.21)
    作詞:なかにし礼/作曲:鈴木道明/編曲:前田憲男
    (c/w TOKYOララバイ)
  66. 雨に咲く花 (1991.4.21)※1935年関種子、1960年井上ひろしのカヴァー
    作詞:高橋掬太郎/作曲:池田不二男/編曲:寺岡真三
    (c/w 白樺の小路)
  67. ラーメンブルース (1991.9.21)※デュエット清水アキラ
    作詞:丼盛太郎/作曲:猪俣公章/編曲:伊戸のりお
    (c/w デュオ 年上の女)
  68. いとしのすっとこどっこい (1992.6.21)
    作詞:ジェームス三木/作曲:三木たかし/編曲:若草恵
    (c/w エゴイスト)
  69. 淋しい時だけそばにいて (1994.9.21)
    作詞:麻こよみ/作曲:鹿紋太郎/編曲:宮崎慎二
    (c/w LOVE IS FOREVER~いつかまた~)
  70. 女とお酒のぶるーす (1995.6.21)
    作詞:仁井谷俊也/作曲:宮下健治/編曲:伊戸のりお
    (c/w 殉愛(じゅんあい)のブルース)
  71. 恋命 (1997.1.22)
    作詞:川内康範/作曲:川内康範/編曲:伊戸のりお
    (c/w 夜明け側)
  72. しのび逢いそっと (1998.11.6)
    作詞:荒木とよひさ/作曲:浜圭介/編曲:川村栄二
    (c/w 夕昏(ゆうぐ)れの街角)
  73. 炎のように火のように (2000.10.21)
    作詞:山崎ふみえ/作曲:曽根幸明/編曲:高田弘
    (c/w 恍惚のブルース)

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 青江三奈ブルースを唄う (1968.10)
  2. 盛り場流し唄 (1969.3)
  3. グッド・ナイト (1969)
  4. 麦と兵隊 青江三奈 男ごころを唄う (1970)
  5. お富さん ~渡久地政信作品集~ (1970.9)
  6. 懐しの映画音楽を唄う (1971)
  7. 盛り場の女を唄う (1971.12)
  8. 長崎を唄う (1972)
  9. 女の望郷~沖縄から北海道まで~ (1972)
  10. 影を慕いて (1972.9)
  11. 放浪船 (1973)
  12. 女の夢 (1973)
  13. 日本のおんなを唄う (1973)
  14. 私のスター/青江三奈愛を唄う (1974.7)
  15. 女のなみだを唄う (1974.7)
  16. 酒場・盛場・流し唄 (1975)
  17. 神戸北ホテル (1975)
  18. 女の情を唄う (1975)
  19. 25時の女 (1976)
  20. 盛岡ブルース (1979)
  21. ゆきずり/青江ブルース (1979)
  22. 酔心 (1980)
  23. 夢灯り (1982)
  24. Lady Blues -女・無言歌- (1990)
  25. The Shadow Of Love (1993)

ライブ・アルバム[編集]

  1. 炎熟 (1976)
  2. Passion Mina In N. Y. (1995)
    • 1995年9月23日から25日まで、ニューヨーク・レインボールームにて収録。

出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1966年(昭和41年)/第17回 恍惚のブルース 09/25 城卓矢
1968年(昭和43年)/第19回 2 伊勢佐木町ブルース 14/23 アイ・ジョージ 2年ぶり出場
1969年(昭和44年)/第20回 3 池袋の夜 01/23 布施明 トップバッター
1970年(昭和45年)/第21回 4 国際線待合室 23/24 北島三郎 トリ前
1971年(昭和46年)/第22回 5 長崎未練 07/25 五木ひろし
1972年(昭和47年)/第23回 6 日本列島・みなと町 21/23 五木ひろし(2)
1973年(昭和48年)/第24回 7 長崎ブルース 18/22 森進一
1974年(昭和49年)/第25回 8 銀座ブルーナイト 22/25 フランク永井
1975年(昭和50年)/第26回 9 神戸北ホテル 12/24 内山田洋とクール・ファイブ
1976年(昭和51年)/第27回 10 女から男への手紙 22/24 北島三郎(2)
1977年(昭和52年)/第28回 11 みなとブルース 17/24 内山田洋とクール・ファイブ(2)
1978年(昭和53年)/第29回 12 ふられぐせ 17/24 春日八郎
1979年(昭和54年)/第30回 13 盛岡ブルース 21/23 村田英雄
1980年(昭和55年)/第31回 14 酔心 21/23 村田英雄(2)
1981年(昭和56年)/第32回 15 あなたにゆられて 15/22 村田英雄(3)
1982年(昭和57年)/第33回 16 伊勢佐木町ブルース(2) 10/22 フランク永井(2)
1983年(昭和58年)/第34回 17 大阪ブルース 15/21 サザンオールスターズ
1990年(平成2年)/第41回 18 恍惚のブルース(2) 12/29 西田敏行 7年ぶり出場、最後の出演
  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 夢の紅白|2014/12/28(日)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2014年12月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

青江三奈|プロフィール(ビクター)