猪俣公章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
猪俣 公章
生誕 (1938-04-11) 1938年4月11日
日本の旗 日本 福島県河沼郡会津坂下町
死没 (1993-06-10) 1993年6月10日(満55歳没)
学歴 日本大学芸術学部音楽科
ジャンル 演歌
職業 作曲家作詞家
活動期間 1966年 - 1993年

猪俣 公章(いのまた こうしょう(本名: きみあき)、1938年4月11日 - 1993年6月10日)は、日本作曲家作詞家

経歴・人物[編集]

福島県河沼郡会津坂下町出身。開成高校日本大学芸術学部音楽科を経て、古賀政男に師事。

森進一のデビュー作にして大ヒットとなった『女のためいき』(1966年)を作曲、その後も森に『港町ブルース』、『おふくろさん』、『冬の旅』などの大ヒット曲を提供する。

他にもテレサ・テンに『空港』、藤圭子に『京都から博多まで』や『女のブルース』、水原弘に『君こそわが命』、五木ひろしに『千曲川』など、数多くのヒット曲を提供し成功を収めた。

1991年、19歳年下の一般女性と結婚し一子をもうけるも、1993年に肺がんのため死去した。55歳没。晩年は坂本冬美マルシアを弟子入りさせ、自らの家に住まわせて育成したことでも知られる。なお、猪俣は演歌歌手だけでなく、作詞家や作曲家の育成にも力を入れていた。

作品[編集]

関連項目[編集]