森岡賢一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森岡 賢一郎(もりおか けんいちろう、1934年3月4日 - )は、日本の作曲家アレンジャー

概要[編集]

熊本県八代市出身。八代高校卒業。指揮を平井哲三郎、高階正光、ピアノポール・ヴィノグラドフ作曲團伊玖磨にそれぞれ師事。

君といつまでも」「恋のしずく」「ブルー・シャトウ」「今日でお別れ[1]日本レコード大賞編曲賞を受賞。作・編曲の傍ら、映画やテレビ番組の音楽監督やプロデューサーとして活躍。主な作品に、映画音楽「若大将シリーズ」「宇宙からのメッセージ」「山下少年物語」「典子は、今」など。

またカーティア・リッチャレッリのレコーディング、サルバトール・アダモのコンサートのプロデュースなど外人アーティストの音楽制作プロデュースも積極的に手がける。新日本フィルハーモニーN響団友オーケストラなど数々のオーケストラの指揮のほかに、ピアニストとして、バイオリニスト佐藤陽子とジョイントリサイタルなどの活動も。

往年の歌謡曲にしばしばクレジットされている、ケニー・ウッド・オーケストラとは、彼が率いていた楽団である(ケニー=賢一郎、ウッド=森岡のもじりである)。またスマイリー小原とスカイライナーズでは首藤邦彦鈴木庸一と共にピアノも担当していた。

家族[編集]

長女は現代美術家森岡寿里。三男は元SOFT BALLETキーボーディスト森岡賢。四男はギタリストの森岡慶。

主な楽曲[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行以降[編集]

映画・テレビ番組の音楽[編集]

特記事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1969年に菅原洋一が再発売したバージョン