三橋美智也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三橋美智也
三橋美智也.jpg
基本情報
出生名 同じ
別名 ミッチー
出生 1930年11月10日
出身地 日本の旗 日本北海道上磯町
死没 1996年1月8日(満65歳没)
ジャンル 演歌民謡
職業 歌手、三味線奏者
担当楽器 津軽三味線
活動期間 1942年1954年 - 1995年
レーベル 日本コロムビア(1942年)
キングレコード(1954年 - 1995年)

三橋 美智也みはし みちや1930年11月10日 - 1996年1月8日)は日本の演歌歌手。本名は同じ。北海道上磯郡上磯町(現北斗市)生まれ、函館市育ち。明治大学中退。「ミッチー」の愛称で親しまれた。

来歴・生涯[編集]

歌謡界の重鎮[編集]

民謡で鍛えられた伸びと艶のある美声で、春日八郎三波春夫村田英雄らとともに歌謡界をリードしてきた、戦後日本を代表する歌手の一人。数多くのヒット曲を連発し、全盛期には「三橋で明けて三橋で暮れる」と言われるほどの絶大な人気を得ていた。また、キングレコードの全盛期を春日・若原一郎と共に築き上げ、「キング三羽カラス」「三人男」とも呼ばれた。また「日本各地に残る民謡こそ日本人の歌の故郷」という想いから1976年、自ら家元になって「民謡三橋流」を創設。門下に細川たかし石川さゆりらがいる。

父は三橋が4歳の誕生日前日に落盤事故で亡くなり、翌年に母が再婚。この夫婦の間には3人の弟と1人の妹が出来る。一方の三橋は5歳の頃から舞台を踏み、民謡歌手だった母に幼い頃から鍛えられ、小学校の入学と同時に叔父から追分を習い、9歳の時に全道民謡コンクールで優勝。その後は巡業に参加などしつつ家計を支え、12歳の時にコロムビアで民謡を吹き込むなど、もともと民謡歌手として活動する。小学校を卒業する頃には三味線を習い初め、津軽三味線の白川軍八郎一座とともに修行を続ける。19歳の時、「歌だけではなく違う世界も知りたい」と三味線一本を持って上京。横浜市綱島温泉で民謡教室のアルバイトをする傍ら、ボイラーマンの仕事もしていた。人一倍真面目に働き、その勤勉さを風呂屋の主人に見込まれ、明治大学付属中野高等学校定時制に通うことを許された。高校では普通の生徒よりもずっと年上で、彼らから「おとっさん」と呼ばれ親しまれた。1953年、弟子の吹き込みに行った際、レッスンの声がディレクターの耳にとまり、キングレコードの専属歌手として契約。翌1954年に「酒の苦さよ」でデビューし、同時に明治大学へ進学。1955年に「おんな船頭唄」が大ヒットし、大学を中退。たちまち人気歌手の仲間入りを果たし、その後も昭和30年代には「あの娘が泣いてる波止場」「リンゴ村から」「哀愁列車」「母恋吹雪」「おさらば東京」「夕焼けとんび」「古城」「達者でナ」「星屑の町」などの歌謡曲、「北海盆唄」「花笠音頭」「ソーラン節」「津軽じょんから節」「炭鉱節」「黒田節」などの民謡がミリオンセラーとなり、1983年には日本の歌手として史上初めてレコードのプレス枚数が1億枚を突破する記録を打ち立てた。生涯のレコード売上は1億600万枚であるが、オリコン発足前のため、売上枚数などの正確な記録は残っていない。そのため、オリコン記録では、CDの売り上げが日本一のアーティストは、総売り上げが約8148万枚のB'zである(2015年現在)。

生真面目な性格で知られ、自身のショーで歌っているときに歌詞を間違ったら「もう一度」とやり直すほどであった。1988年には親交が深かった村田英雄・春日八郎と三人の会を結成し、演歌界の活性化を図った。

スタイル変更[編集]

1970年代後半は、今までの演歌歌手のスタイルを一新。『電撃わいどウルトラ放送局』(ラジオ関東)で自身初めてのDJを務め、「ミッチー」の愛称で若者にも人気を得て、周囲の度肝を抜いた。この番組では当時の流行語「フィーバー」を使い、出演したカップ麺「激めん」(東洋水産)のCMでは、流行語の元になったヒット映画『サタデー・ナイト・フィーバー』の主役ジョン・トラボルタ画像)風の白のスーツ姿でフィーバーをもじって「激れ!激れ!」と連呼していた[1]

私生活[編集]

一方、私生活では一子をもうけた糟糠の妻と1966年に離婚(この出来事がきっかけで『NHK紅白歌合戦』に落選したと言われている)。その後再婚し、二人の子宝にも恵まれるも、晩年は啓子夫人からの家庭内暴力(馬乗りで殴られる等)や財産乗っ取り(妻と娘と娘婿が共謀して、ゴルフ場の高級会員権を三橋に無断で売却したほか、三橋が加入していた保険を解約して給付金を全て使ってしまう等)に苦しみ、東京都世田谷区南烏山の自宅を出て、大阪の二條弘子マネージャー宅で暮らしていた(妻との離婚については亡くなる2年前より民事裁判で争われ、裁判の結果、三橋が倒れる直前に離婚が成立し、翌年春にはマネージャーと再々婚の予定だったが、三橋が突然倒れ、死去したため再々婚は果たせなかった)。また、1992年に名義貸しをしていた熱海のホテル「サン三橋」が倒産し、数億円の負債を抱えたこともあるなど、輝かしい功績とは相反するものがあった。

晩年[編集]

私生活での心労が重なったこともあって持病の糖尿病が悪化し、晩年は声の衰えを隠せず、また薬の副作用等により脱毛が酷く、それを隠すためにカツラも使っており、かつての恰幅のよさも無くなっていた。このことについて、三橋と親交が深かった落語家の立川談志は「もっと年齢相応に(キーを下げたり)しても良かったのでは」と著書に記している。

1995年10月26日午後18時35分頃、滋賀県甲賀郡信楽町の「タラオカントリークラブ」での帰路、走行中のタクシー車内で心臓発作を起こし、西成区岸里の「山本第一病院」に入院。その後は阿倍野区大阪市立大学医学部附属病院に転院したが、1996年1月8日午前11時30分、意識が戻ることなく多臓器不全のため亡くなった。享年65。2日後の1月10日通夜が、翌1月11日密葬告別式が西成区玉出の「光福寺」で取り行われた。法名は妙聲院釋智誠大居士(みょうしょういんしゃくちじょうだいこじ)。その後、2月5日には青山葬儀所で音楽葬が行われ、約2000人が列席。献唱曲は自身の大ヒット曲である「古城」だった。現在は墓所が2つあり、小平霊園東大阪市の石切霊園。

一説によると、最初から医療設備の整った大阪市立大学医学部附属病院に運ばれて治療を受けていれば、死なずに助かったともいわれている。

受賞[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

NHK紅白歌合戦には1956年に初出場。以後、連続出場を重ねたが、1965年の第16回紅白をもって連続出場が途切れる。翌1966年紅白落選の理由は、当時の妻との離婚が影響したといわれている。その後、1974年の第25回紅白で紅白25回記念の「人気歌手枠」で春日八郎とともに再出場を果たす。以後、1977年まで4年連続で出場を果たした。通算14回。初出場から10回連続出場までの間では、美空ひばり島倉千代子江利チエミといった女性人気歌手と対戦し、トリも4度飾っている。11回目出場以後では、山口百恵森昌子など、若手人気歌手と対戦している。

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1956年(昭和31年)/第7回 哀愁列車 09/25 江利チエミ(1)
1957年(昭和32年)/第8回 2 リンゴ花咲く故郷へ 25/25 美空ひばり(1) トリ(1)
1958年(昭和33年)/第9回 3 おさらば東京 25/25 美空ひばり(2) トリ(2)
1959年(昭和34年)/第10回 4 古城 13/25 島倉千代子(1)
1960年(昭和35年)/第11回 5 達者でナ 27/27 島倉千代子(2) 大トリ(3)
1961年(昭和36年)/第12回 6 石狩川悲歌 13/25 江利チエミ(2)
1962年(昭和37年)/第13回 7 星屑の町 25/25 島倉千代子(3) 大トリ(4)
1963年(昭和38年)/第14回 8 流れ星だよ 13/25 島倉千代子(4)
1964年(昭和39年)/第15回 9 また来るよ 14/25 江利チエミ(3)
1965年(昭和40年)/第16回 10 二本松少年隊 12/25 島倉千代子(5)
1974年(昭和49年)/第25回 11 哀愁列車(2回目) 17/25 小坂明子
1975年(昭和50年)/第26回 12 津軽じょんから節 14/24 山口百恵
1976年(昭和51年)/第27回 13 津軽甚句 13/24 森昌子
1977年(昭和52年)/第28回 14 風の街 10/24 南沙織

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(白組出場者数)」で表す。

代表曲[編集]

  • 江差追分 前唄 本唄 送り唄 - 1942年(昭和17年)
  • 博多節 - 1942年(昭和17年)
  • 米山甚句 - 1942年(昭和17年)
  • 酒の苦さよ~新相馬節~ - 1954年(昭和29年)
  • 瞼のふる里~南部牛追唄~ - 1954年(昭和29年)
  • かっぱ踊り - 1954年(昭和29年)
  • はてなき涙/東京から故郷から - 1954年(昭和29年)
  • 角帽浪人/どんと節 - 1954年(昭和29年)
  • おんな船頭唄 - 1955年(昭和30年)藤間哲郎山口俊郎
    • 当初、キングレコードの新人歌手・西村つた江に用意されていた曲であった。しかし、高音から始まるこの歌を三橋に歌わせたいとの掛川尚雄ディレクターの一存で三橋美智也に決定したものである。発売当時は、照菊の「逢初ブルース」の裏面であったが、A面を凌ぎヒット。これが、三橋美智也初のヒットとなったのである。
  • ご機嫌さんよ達者かね - 1955年(昭和30年)
  • あゝ新撰組 - 1955年(昭和30年)
  • 島の船唄 - 1955年(昭和30年)
  • あの娘が泣いてる波止場 - 1955年(昭和30年)高野公男船村徹
  • 船頭追分 - 1956年(昭和31年)
  • 御存知赤城山 - 1956年(昭和31年)
  • リンゴ村から - 1956年(昭和31年)矢野亮林伊佐緒
  • 哀愁列車 - 1956年(昭和31年)横井弘鎌多俊与
  • あゝ田原坂 - 1956年(昭和31年)
  • 玄海船乗り - 1956年(昭和31年)
  • 泪と侍 - 1956年(昭和31年)
  • 縁があったらまた逢おう - 1956年(昭和31年)
  • お花ちゃん - 1956年(昭和31年)共唱:斉藤京子
  • 手まり数え唄 - 1956年(昭和31年)
  • みれん峠 - 1956年(昭和31年)
  • 木曽恋がらす - 1956年(昭和31年)
  • 君は海鳥渡り鳥 - 1956年(昭和31年)矢野亮、真木陽
  • 母恋吹雪 - 1956年(昭和31年)
  • 江差恋しや - 1956年(昭和31年)
  • 俺ら炭鉱夫 - 1957年(昭和32年)
  • 東京見物 - 1957年(昭和32年)
  • 一本刀土俵入り - 1957年(昭和32年)高橋掬太郎細川潤一
  • 淡海しずく - 1957年(昭和32年)
  • リンゴ花咲く故郷へ - 1957年(昭和32年)
  • おさげと花と地蔵さんと - 1957年(昭和32年)東條寿三郎、細川潤一
  • 三味線渡り鳥 - 1957年(昭和32年)
  • 僕は郵便屋さん - 1957年(昭和32年)
  • おさらば東京 - 1957年(昭和32年)横井弘、中野忠晴
    • ラジオ東京の「人気東京六つの歌」で50週(約1年)連続で1位を記録した[2]
  • 男涙の子守唄 - 1957年(昭和32年)高橋掬太郎、細川潤一
  • ギター鴎 - 1958年(昭和33年)矢野亮、吉田矢健治
  • 民謡酒場 - 1958年(昭和33年)
  • 草笛の丘 - 1958年(昭和33年)
  • 夕焼けとんび - 1958年(昭和33年)
  • センチメンタルトーキョー/幸福さん - 1958年(昭和33年8月)
  • 月の峠路 - 1958年(昭和33年)
  • おしどり新打 - 1958年(昭和33年)
  • 帰る日が楽しみさ - 1958年(昭和33年)
  • 岩手の和尚さん - 1958年(昭和33年)
  • 赤い夕陽の故郷 - 1958年(昭和33年)横井弘、中野忠晴
  • 浪人小唄 - 1959年(昭和34年)
  • 笛吹峠 - 1959年(昭和34年)
  • 夢で逢えるさ - 1959年(昭和34年)
  • 夜風に聞いたよ - 1959年(昭和34年)
  • かすりの女と背広の男 - 1959年(昭和34年)
  • やくざ三味線 - 1959年(昭和34年)
  • 古城/祭り太鼓 - 1959年(昭和34年)高橋掬太郎、細川潤一
  • たった一人の人でした - 1959年(昭和34年)
  • 俺達は狙われている - 1959年(昭和34年)横井弘、古賀丈晴
  • 麦ふみ坊主 - 1959年(昭和34年)
  • 誰も知らない赤い花 - 1959年(昭和34年)
  • 北海の終列車 - 1959年(昭和34年)
  • 東京が泣いている - 1960年(昭和35年)
  • あゝ故郷 - 1960年(昭和35年)
  • 夜のマネキン人形 - 1960年(昭和35年)
  • 海峡 - 1960年(昭和35年)
  • 白菊の唄 - 1960年(昭和35年)
  • 快傑ハリマオの歌 - 1960年(昭和35年)加藤省吾、小川寛興
  • 達者でナ - 1960年(昭和35年)横井弘、中野忠晴
  • また来るぜ東京 - 1960年(昭和35年)
  • 石狩川悲歌/島のアンコさん - 1961年(昭和36年) 高橋掬太郎、江口浩司
  • さすらい流し - 1961年(昭和36年)
  • 武田節 - 1961年(昭和36年)
  • 星屑の街 - 1962年(昭和37年) 東條寿三郎、安部芳明 
  • 津軽の三男坊 - 1962年(昭和37年)
  • 新撰組の唄 - 1962年(昭和37年)
  • 流れ星だよ - 1962年(昭和37年)
  • 東京五輪音頭 - 1963年(昭和38年)宮田隆、古賀政男
    • 作曲者の古賀政男は、元々三橋美智也を想定して作曲したといわれる。
  • 東村山音頭 - 1964年(昭和39年)土屋忠司、細川潤一
    • 東村山市農協の依頼により制作。後に志村けんのカヴァーにより有名になる。
  • 男の舞扇/若い生命 - 1964年(昭和39年)
  • 信濃川悲歌/また来るよ - 1964年(昭和39年)
  • あゝさすらい/信濃の夕月 - 1966年(昭和41年)
  • 堀のある町 - 1967年(昭和42年)
  • 東京の鳩/あんずっこ - 1967年(昭和42年)
  • 浜木綿の花咲けば - 1967年(昭和42年)
  • わがこころ/あばれ凧 - 1967年(昭和42年)
  • 鳴門海峡/大阿蘇慕情 - 1970年(昭和45年)
  • さけ・うた・おんな/涙そこどけ演歌が通る - 1971年(昭和46年)
  • ありがとう思い出/白い貝がら - 1971年(昭和46年)
  • 古都の雨/雪国に雪の降る頃 - 1972年(昭和47年)
  • 新府城/武田二十四将 - 1972年(昭和47年)
  • 美智也都々逸 - 1972年(昭和47年)
  • ちょっとお話ししませんか/なにがあったんだい - 1972年(昭和47年)
  • サイパン小唄/急行をすてて各駅にのりかえると - 1973年(昭和48年)
  • 悲しみ河岸/恋放浪(歌謡生活20周年記念)- 1973年(昭和48年)
  • 京都が泣いている/恋みれん - 1974年(昭和49年)
  • いいもんだな故郷は - 1974年(昭和49年)
  • 郷愁/鵜の浜小唄 - 1975年(昭和50年)
  • 城下町の女 - 1976年(昭和51年)
  • 風の街/北緯45度の町 - 1977年(昭和52年)
  • 瞼の中に故里が/花恋し人恋し親恋し - 1978年(昭和53年)
  • さすらい船/ど根性船唄 - 1978年(昭和53年)
  • 激れ!ミッチー - 1979年(昭和54年)
  • 影/もがり笛の子守唄 - 1980年(昭和55年)
  • 父子星/哀唱琴の湖 - 1980年(昭和55年)
  • 津軽涙唄/北の別れ唄 - 1982年(昭和57年)
  • いいじゃありませんか/みんな達者でね - 1982年(昭和57年)
  • 越後絶唱/冬の花火(歌謡生活30周年記念)- 1982年(昭和57年)
  • 流しギターの独り言/霧笛 - 1983年(昭和58年)
  • 十六夜だより/匠(歌謡生活30周年記念)- 1983年(昭和58年)
  • 秋風川中島 - 1984年(昭和59年)
  • I'm A 北海道 Man - 1984年(昭和59年)荒木とよひさかまやつひろし
    • 没後、サッポロ生ビール「北海道」のCMに使用され話題を集める。後にとみたいちろうが「お~い北海道 I'm A 北海道 Man」として1990年にカヴァー。
  • 筑波しぐれ/涙はおあずけ~こぶしの花の咲く頃を~ - 1985年(昭和60年)
  • あゝ高杉晋作/名将伊達政宗 - 1986年(昭和61年)
  • 千曲川旅情 - 1986年(昭和61年)
  • 望郷江差/冬峠(歌謡生活35周年記念)- 1988年(昭和63年)
  • 忠節白虎隊 - 1988年(昭和63年)
  • ゴエモン音頭/ゴエモン町を行く - 1991年(平成3年)コナミ矩形波倶楽部、コナミ矩形波倶楽部
  • 雪小僧/紅の櫛 - 1991年(平成3年)
  • 幻灯の町/潮路(歌手生活50周年記念・ラストシングル)- 1993年(平成5年)

以下の2曲は、三人の会の作品。

  • 哀愁
  • 男のふるさと 

ミリオンセラー30曲一覧[編集]

歌謡曲:18曲[編集]

  • 1位「古城」300万枚
  • 2位「リンゴ村から」「星屑の町」270万枚
  • 4位「哀愁列車」250万枚
  • 5位「夕焼けとんび」「達者でナ」220万枚
  • 7位「おんな船頭唄」「母恋吹雪」200万枚
  • 9位「あの娘が泣いてる波止場」180万枚
  • 10位「お花ちゃん」「一本刀土俵入り」「赤い夕陽の故郷」「武田節」「石狩川悲歌」150万枚
  • 15位「男涙の子守唄」120万枚
  • 16位「あゝ新撰組」「おさげと花と地蔵さんと」110万枚
  • 18位「おさらば東京」100万枚

民謡:12曲[編集]

  • 1位「相馬盆唄」「炭鉱節」280万枚
  • 3位「花笠音頭」270万枚
  • 4位「黒田節」「北海盆唄」260万枚
  • 6位「ソーラン節」「斉太郎節」「佐渡おけさ」250万枚
  • 9位「津軽じょんから節」180万枚
  • 10位「木曽節」「江差追分」170万枚
  • 12位「相川音頭」130万枚

ミリオンセラーに続く上位ヒットソング[編集]

  • 1位「ギター鴎」
  • 2位「岩手の和尚さん」
  • 3位「ご機嫌さんよ達者かね」
  • 4位「俺ら炭鉱夫」
  • 5位「リンゴ花咲く故郷へ」
  • 6位「センチメンタル・トーキョー」
  • 7位「新撰組の唄」
  • 8位「玄海船乗り」
  • 9位「江差恋しや」
  • 10位「東京の鳩」
  • 11位「みれん峠」
  • 12位「島の船唄」
  • 13位「君は海鳥渡り鳥」
  • 14位「東京見物」
  • 15位「泪と侍」
  • 16位「かすりの女と背広の男」
  • 17位「北海の終列車」
  • 18位「堀のある町」
  • 19位「酒の苦さよ~新相馬節~」
  • 20位「船頭追分」
  • 21位「縁があったらまた逢おう」
  • 22位「夢で逢えるさ」
  • 23位「東京が泣いている」
  • 24位「いいもんだな故郷は」
  • 25位「御存知赤城山」
  • 26位「手まり数え唄」
  • 27位「木曽恋がらす」
  • 28位「草笛の丘」
  • 29位「笛吹峠」
  • 30位「鳴門海峡」
  • 31位「京都が泣いている」
  • 32位「越後絶唱」
  • 33位「さすらい船」
  • 34位「父子星」

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 商品の名前の由来について-激めん”. 東洋水産. 2009年4月4日閲覧。
  2. ^ 長田暁二『歌謡曲おもしろこぼれ話』社会思想社、2002年、75頁。ISBN 4390116495