大阪市立大学医学部附属病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 大阪市立大学医学部附属病院
大阪市立大学医学部.jpg
情報
英語名称 Osaka City University Hospital
前身 大阪市立市民病院
大阪市立医学専門学校附属病院
大阪市立医科大学附属病院
許可病床数

980床
一般病床:942床


精神病床:38床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 公立大学法人大阪
管理者 平田 一人(病院長)
開設年月日 1925年10月
所在地
545-8586
大阪府大阪市阿倍野区旭町1丁目5番7号
位置 北緯34度38分47.88秒 東経135度30分31.76秒 / 北緯34.6466333度 東経135.5088222度 / 34.6466333; 135.5088222 (大阪市立大学医学部附属病院)座標: 北緯34度38分47.88秒 東経135度30分31.76秒 / 北緯34.6466333度 東経135.5088222度 / 34.6466333; 135.5088222 (大阪市立大学医学部附属病院)
二次医療圏 大阪市(南部)
PJ 医療機関
テンプレートを表示
岸本吉右衛門

大阪市立大学医学部附属病院(おおさかしりつだいがくいがくぶふぞくびょういん)は、大阪市阿倍野区にある大阪市立大学医学部附属の大学病院大阪市立大学阿倍野キャンパス位置する。通称は「市大病院」(しだいびょういん・いちだいびょういん)。特定機能病院

沿革[編集]

篤志家・岸本吉右衛門の寄付と市費で阿倍野区旭町1丁目61番地に設立された市立市民病院が始まり。

  • 1925年(大正14年)10月:市立市民病院が設立。後に市立南市民病院と改称。
  • 1944年(昭和19年) 4月:大阪市立医学専門学校が設立され、同附属病院となる。
  • 1948年(昭和23年) 4月:大阪市立医科大学が設立され、同附属病院となる。
  • 1955年(昭和30年) 4月:大阪市立大学医学部附属病院となる。
  • 1993年(平成 5年) 5月:新病院竣工。

診療科[編集]

  • 総合診療センター
  • 循環器内科
  • 呼吸器内科
  • 膠原病内科
  • 生活習慣病・糖尿病センター
  • 腎臓内科
  • 内分泌・骨・リウマチ内科
  • 消化器内科
  • 肝胆膵内科
  • 小児科・新生児科
  • 神経精神科
  • 皮膚科
  • 放射線科
  • 放射線治療科
  • 核医学科
  • 消化器外科
  • 乳腺・内分泌外科
  • 肝胆膵外科
  • 心臓血管外科
  • 呼吸器外科
  • 小児外科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • 泌尿器科
  • 女性診療科(産科・生殖内分泌・骨盤底医学)
  • 女性診療科(婦人科腫瘍)
  • 眼科
  • 耳鼻いんこう科
  • 麻酔科・ペインクリニック科
  • 形成外科
  • 血液内科・造血細胞移植科
  • 老年内科
  • 神経内科
  • 歯科・口腔外科

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]