花紀京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
花紀 京
本名 石田 京三[1]
ニックネーム 京ボン[2]、京やん
生年月日 (1937-01-02) 1937年1月2日[1]
没年月日 (2015-08-05) 2015年8月5日(満78歳没)[1]
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市天王寺区
身長 166cm
方言 大阪弁
最終学歴 関西大学
師匠 花登筺
芸風 漫才漫談
事務所 吉本興業
活動時期 1958年 - 2003年(活動休止)
他の活動 俳優
配偶者  既婚
親族 横山エンタツ(実父)
弟子 レツゴーじゅん
チャーリー浜
間寛平
受賞歴
1973年:上方お笑い大賞金賞[3][2]

花紀 京(はなき きょう、1937年1月2日 - 2015年8月5日[1])は、日本俳優お笑い芸人。生前はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属した。本名、石田 京三(いしだ きょうぞう)[1]

来歴[ソースを編集]

大阪府大阪市天王寺区出身。父は漫才師の横山エンタツ[1]。エンタツの次男[2]であるが、少年時代は笑芸に興味がなく、中学時代まで、父親が喜劇人エンタツであることを知らなかったらしい。また、父子は一度も共演していない[3]

大阪府立阿倍野高等学校を経て関西大学入学後の1958年、麻雀仲間だった花登筺に弟子入りし、内海重典大村準一らの指導を受け[3]OSミュージックホールにおける寸劇[3]でデビューする[2]1959年には芦屋雁之助[3]とともに劇団・笑いの王国の旗揚げに参加[1]。同劇団解散後、1962年に吉本興業入り。師匠・花登の「花」と自身の本名「京三」にちなみ、「ききょうの花」をひっくり返した「花紀 京」の芸名を名乗る[2]

1963年[1]には早くも吉本新喜劇の座長に抜擢され、岡八郎原哲男桑原和男らとの独特のボケ・ツッコミをくりひろげるコンビ芸で活躍する。同時に『てなもんや三度笠』などのテレビ番組にも出演する[1]。岡とはのちに、漫才ブームの時期にテレビ番組でコンビを組んで漫才をしたこともあった。

1989年[1]、「新喜劇やめよっカナ!?キャンペーン」を開始した吉本新喜劇を退団。その後は多数の映画テレビドラマに出演し、新境地を開拓した。2001年ダウンタウン東野幸治ココリコロンドンブーツ1号2号山田花子藤井隆間寛平と期間限定ユニット「Re:Japan」を結成し、第52回NHK紅白歌合戦に出場した[1]

2002年8月に脳腫瘍の摘出手術[1]を受け、療養中だった2003年5月に自宅で入浴中、低酸素脳症を発症して、事実上の活動休止状態となった。2015年8月5日午後7時半すぎ、肺炎により入院先の大阪市内の病院で死去。満78歳没(享年79)[1]。戒名は花幔京璨居士(はなまんきょうさんこじ)。

弟子[ソースを編集]

直弟子

など。内場勝則も新喜劇に入団後は花紀京に付いていた時期があり、師匠と弟子の関係に近い存在である。

孫弟子

いずれも間寛平の弟子。

など

芸風[ソースを編集]

父の相方であった花菱アチャコを尊敬し、芸論について「何も知りまへん。アチャコ先生を真似ただけです」と語っている[3]

新喜劇ではニット帽[4]にシャツ、腹巻、ニッカーボッカーを着用し、目の下に隈を描き、鼻を赤く縫ったスタイルがトレードマークとなった。泥棒役や土木作業員役が主な役どころ。多くは、本名の「京三」を役名として使っていた。

ギャグ[ソースを編集]

檀上茂によれば[5]、花紀は突飛な身振りや珍語・奇声に頼るギャグを自分ですることを嫌い、やりとりで笑わせることを好んだ。下記は文章にすると伝わりにくいが、間の取り方が絶妙であった。

  • 「ええか、そこだけは絶対に開けたら(見たら)あかんぞ」
悪人に取られては困るものの隠し場所を、当の悪人に向かってこう言って教えてしまう。見つかったあと「あれ、何でわかったん?」。
  • 「ほな、百万円」
ちょっとしたもの(飲食物など)の代金を聞かれて、ごく普通の顔で答える。相手はずっこける。
  • 食事したすぐあとで「あー腹へったァ」
  • 工事現場などで働かず遊んでばかりいて「さア寝よか」「飯にしようか」
  • やくざといざこざになったときに京三が「店の中じゃみんなに迷惑かかる、表で勝負しようかい」。京三をたよりに仲間(岡八朗ら)がやくざと表に出た瞬間、京三は店から出ずに戸を閉めてかぎをかける。
  • 岡のギャグに対して、満面の笑みを浮かべたり、「これは新しいギャグやから知らんやろう」と言うなど、笑いを倍増させる。
  • 隣り合った男女に対して、耳を触ったり、ブラジャーを外そうとする。両者は恋人がやったのだと思っているが、京三の顔を見て驚く。

人物[ソースを編集]

  • 1963年からしばらく、松竹新喜劇曾我廼家五郎八の娘で女優の西岡慶子と婚姻状態にあったが、のちに離婚[2]
  • 花紀京は弟子に対しては厳しく、間寛平が入門当時馴れ馴れしい話し方をした時に激怒した。その寛平は内弟子時代に「師匠」の漢字と言葉を知らなかった。そのため花紀を「兄さん」呼ばわりした寛平を強く叱責したというエピソードがある。

出演作品[ソースを編集]

テレビ[ソースを編集]

ABC
毎日放送
関西テレビ
読売テレビ
NHK(いずれも大阪放送局制作)
在京キー局
  • 暴れん坊将軍IIテレビ朝日東映京都
    • 第130話 「弁天様の甘い誘惑!」(1985年) - 弁六 役
  • はぐれ刑事純情派(テレビ朝日・東映東京
    • 第2シリーズ・第19話「レイプを告発した女!」(1989年) - 医師 役
    • 第3シリーズ・第4話「密室で撲殺された美女」(1990年) - 藤瀬泰明 役
    • 第4シリーズ・第19話「能登、疑惑の指紋・女で二度しくじった男」(1991年) - 吉沢栄二 役
    • 第5シリーズ・第11話「殺意の女子社員寮・セクハラで辞めた男」(1992年) - 東海林誠一 役
    • 第6シリーズ・第20話「安浦刑事が仲人!掏摸からすった男」(1993年) - 伊藤 役
    • 第9シリーズ・第6話「安浦刑事が文学入門!? 作家の犯罪」(1996年) - 塚本 役
    • 第13シリーズ・第5話「8年間騙された妻!? 秘密のラストダンス」(2000年) ‐ 松田 役
  • ナニワ金融道4(フジテレビ
  • 美味しんぼ5(フジテレビ)
  • 明日があるさ日本テレビ
  • 夫婦漫才(2001年、BS-i。ナレーションのみ)

ラジオドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

  • 続番頭はんと丁稚どん
  • 続々番頭はんと丁稚どん
  • 続々々番頭はんと丁稚どん・チャンポン旅行
  • 一心太助・江戸っ子祭り - 東映、1967年4月
  • (喜)あゝ独身(チョンガー)
  • 喜劇・それが男の生きる道
  • その後の仁義なき戦い
  • ドッジGO!GO!

CM[ソースを編集]

花紀京を演じた俳優[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]

  • 吉本興業編 『吉本新喜劇名場面集 1959-1989』 データハウス、1989年  - 編集長は竹中功。編集は堰守、仲谷暢之、竹本浩三

関連項目[ソースを編集]

二日酔い状態で肉うどんからうどん抜きでと注文し、肉吸を考案したといわれる。 肉吸の項を参照。

外部リンク[ソースを編集]