電撃わいどウルトラ放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
電撃わいどウルトラ放送局
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1977年4月 - 1982年3月
放送時間 参照
放送局 ラジオ関東→RFラジオ日本
パーソナリティ 参照
テンプレートを表示

電撃わいどウルトラ放送局(でんげき - ほうそうきょく)は、ラジオ関東(現:アール・エフ・ラジオ日本)の平日の夜の時間帯で放送されていたラジオ番組

1977年4月から1982年3月まで放送。10組前後のレギュラーパーソナリティが起用されていたが、そのパーソナリティたちはいつ、誰が登場するか当日になるまでわからない、というのがこの番組の売り、特徴でもあった[1]。その顔ぶれもアーティストミュージシャンから演歌歌手女優に至るまで幅広いもので、ビッグネームも多く名を連ねていた。この他にも多くのゲストパーソナリティが存在する。このスタイルは後に同じRFラジオ日本のこの時間帯で放送されていた『TOKYOパニックごっくんNITE』『ど〜んとラジオ!!ぼくらの元気は夢現代∞』に継承されている。

この番組終了後は、RFラジオ日本の平日夜からは1時間以上のワイド番組が再び無くなり、その復活は1983年4月からの『サウンドプロセッサー』まで待つことになる。

放送時間[編集]

  • 1977年4月 - 同年9月 月曜日 - 金曜日 22:00 - 23:50
  • 1977年10月 - 1980年9月 月曜日 - 金曜日 22:00 - 24:00
  • 1980年10月 - 1981年3月 月曜日 - 金曜日 21:30 - 23:55
  • 1981年4月 - 1982年3月 月曜日 - 金曜日 21:30 - 23:45

レギュラーパーソナリティ[編集]

(出典:[1]

1977年4月 - 1978年3月[編集]

1978年4月 - 1979年3月[編集]

1979年4月 - 1980年3月[編集]

1980年4月 - 1981年3月[編集]

1981年4月 - 1982年3月[編集]

タイムテーブル[編集]

1977年当時[2]
  • 22:05 - 京浜急行ミュージックトレイン
  • 22:20 - タウン・タウン情報
  • 22:30 - ともだちと友達の詩
  • 22:40 - オリジナル・ワールド
  • 22:50 - 青春・旅・そして音楽
  • 23:00 - スタジオ・JACK
  • 23:20 - ローリング20
  • 23:30 - Love Love Live
  • 23:40 - マットランダム
1981年当時[3]
  • 21:30 - オープニング、ニュース
  • 21:35 - ウルトラ・ポップス
  • 21:50 - 売れてる曲・売りたい曲
  • 22:00 - 私も英語が話せなかった
  • 22:05 - 京浜急行ミュージックトレイン
  • 22:20 - タウン・タウン情報
  • 22:30 - ともだちと友達の詩
  • 22:40 - コンサートガイド
  • 22:50 - DJ登場
  • 23:00 - テクヨコ11
  • 23:25 - 天気予報

その他主なコーナー[編集]

(出典:[2][3]

  • 電撃訪問 (応募の中から選ばれたリスナーの家にパーソナリティが出向き、そこから生放送をするという企画。)
  • 電撃カセット
  • ポップスデイト ―テレフォンアタック―
  • キミとボクのキャンパスライフ
  • パーソナリティ・オン・タイム ―テレフォンアタック―
  • ホット・ライン
  • 映画見物
  • 自由の広場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1988年8月号『ラジパラレトロ写真館・第7回「ラジオ日本がラジオ関東だったころ」の巻』
  2. ^ a b 季刊ランラジオ(自由国民社)1977年春号 36ページより。
  3. ^ a b ランラジオ 全国タイムテーブル(自由国民社)1981年 No.4「ラジオ関東タイムテーブル」より。