玉出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

玉出(たまで)は、大阪府大阪市西成区の地名である。

概要[編集]

西成区の南部に位置している。町名では玉出西・玉出中・玉出東に分かれている。

地域の西側は津守(西成区)、北側は岸里(西成区)、東側~南東は北畠帝塚山阿倍野区住吉区)、南側は粉浜住之江区・住吉区)となっている。

地域を縦断するように国道26号が南北に走っている。また地域の南端には南港通が走り、国道26号と南港通との交点に玉出交差点がある。地域の西端には阪神高速15号堺線が走り、玉出出入口が設置されている。また東側では紀州街道が通る。

鉄道の便としては、南海本線が地域の東寄りを南北に縦断している。地域内には岸里玉出駅が設置され、玉出地区への最寄りの出口は南海本線ホームの南端に設置された「玉出口」となる。岸里玉出駅には南海高野線のホームもあるが、高野線のホームはかつて隣駅の「岸ノ里駅」だったという歴史的経緯から、高野線への乗降には南海本線ホームを縦断して岸里口(旧岸ノ里駅跡付近に設けられた出口)へ回った上に高野線の連絡通路へと長い距離を歩く必要がある。

地域の東を、阪堺電気軌道阪堺線が南北に縦断している。阪堺線は紀州街道上の併用軌道を通り、地域内には東玉出停留場塚西停留場の2駅が設置されている。また国道26号の地下には大阪市高速電気軌道四つ橋線が通り、玉出駅が設置されている。同駅の施設の大半は西成区側にあるが、駅の正式な所在地は住之江区粉浜西一丁目となっている。

歴史[編集]

玉出の地名は西成郡勝間(こつま)村のうち生根神社周辺の名だった。13世紀に住吉から移住した勝間大連(こつまおおむらじ)によって、この地が開発されたと伝えられる。

地名の由来についてははっきりとわかっていないが、一説には海幸山幸の神話に登場する潮満珠を埋めた「玉出島」に由来するとされる。玉出島は住吉大社の北門付近の古称でもあり、住吉大社北側に生根神社が鎮座するが、玉出の生根神社は住吉の生根神社を勧請したものである。

南北朝時代には武器工場があったと言われている。戦国時代には環濠を巡らせ、浄土真宗の光福寺・誓源寺・善照寺・長源寺は玉出四ヶ寺と称された。玉出の環濠集落は生根神社を囲むような形で、十三間堀川(埋立。現在の阪神高速15号堺線)に面して形成され、現在玉出と呼ばれる地域の中心部をカバーする形になっていた。環濠は昭和初期まで残存していた。なお、勝間村の新家として紀州街道沿いに集落が形成され、その集落は16世紀末には天下茶屋として分立した。

江戸時代には畑場8ヶ村とよばれる大坂市街への蔬菜供給農村のひとつとなった。現在ではなにわの伝統野菜「勝間南瓜」(こつまなんきん)の産地として知られているが、当時は木綿が有名で、勝間木綿の相場が大坂の木綿相場を左右すると言われるほどだった。

明治期に入り、町村制は西成郡勝間村で単独施行した。1907年に玉出駅(現在の岸里玉出駅)が開業すると人口は急増して宅地化が進み、1915年11月1日町制を施行して西成郡玉出町となった。

1925年の大阪市第二次市域拡張の際に新設の西成区へ編入された。大阪市編入直後は旧玉出町全域が西成区玉出町となったものの、2年後の1927年に町名の設定・細分化が実施された。現在の玉出地域にあたる付近は、玉出新町通・玉出本通・姫松通・辰巳通といった町名となった。

1973年に現在の住所表示となった。その際に西成区粉浜東之町・粉浜西之町の一部も含め、玉出東・玉出中・玉出西の町名へと整理した。

年表[編集]

主要施設[編集]

関連項目[編集]