船場 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

船場(せんば)は、大阪府大阪市中央区の地域名。大阪市の中心業務地区にあたる。大坂の町人文化の中心となったところで、船場言葉は江戸時代から戦前期にかけて規範的・標準的な大阪弁とみなされていた。

概要(範囲)[編集]

船場は河川と人工の堀川に囲まれた(囲まれていた)四角形の地域であり、範囲は

東端 - 東横堀川阪神高速1号環状線南行き)
西端 - 西横堀川 (阪神高速1号環状線北行き。1962年埋立)
南端 - 長堀川長堀通。1964年埋立)
北端 - 土佐堀川

の東西1km、南北2km。江戸時代の町組の名残で、本町通の北を北船場(きたせんば)、本町通の南を南船場(みなみせんば)と呼び分けることもある。東は上町、南は島之内、西は下船場、北は中之島に接する。現在ではまれであるが、上町を東船場、下船場を西船場とみなして、船場を中船場と称することもある。

語源については、牧村史陽編 『大阪ことば事典』 講談社、1979年、385-386頁に以下の説が挙げられている。

  • しばしば戦争があった場所で、「戦場」と呼ばれた。
  • 大坂城の馬を洗った場所で、「洗馬」と呼ばれた。
  • 砂浜であったため「砂場(さば)」と呼ばれ、これが転訛して「センバ」となった。
  • 古代は船着き場であって、着船場の「着」の字を省いて「船場」となった[1]

船場の街並み[編集]

街区は基本的に40四方の正方形で、街路は碁盤目状に直交している。大坂城の西に位置することから東西方向が竪(たて)となり、東西方向の街路を通(とおり)と称する。計23本。当初の幅員は4.3間に設定されていた。一方、南北方向は横(よこ)となり、南北方向の街路を筋(すじ)と称する。計13本。当初は補助的な街路とされたために幅員は3.3間と通に対して狭く設定されていた。

町割りは基本的に東西方向の竪町割りで、東から丁目数にして5程度の町が多かった。ただし、西横堀筋は全て南北方向の横町割りで、渡辺筋・佐野屋橋筋・御堂筋の各一部にも横町割りが見られた。明治以降に通と筋の主従関係が逆転したが、東西方向の竪町割りは依然健在で、平成以降は竪町割りに統一されている。なお、現在の町名では「町」は全て「まち」と読む。

北船場の通り[編集]

北から順に通りの名称を挙げる。

南船場の町通り[編集]

北から順に通りの名称を挙げる。

  • 本町通 - 御堂筋に面して東側にセントレジスホテル大阪がある。
  • 鰻小路(うなぎしょうじ) - 東横堀筋 - 八百屋町筋間にのみ敷かれた小路。
  • 南本町通 - 古くは米屋町通と呼ばれた。御堂筋に面してヨドコウ本社がある。
  • 中央大通 - 船場の区間は1970年に完成。唐物町(からものまち)通と北久太郎町(きたきゅうたろうまち)通の2本の通りとその間の街区が道路用地に充てられている。唐物町通が東行き、北久太郎町通が西行きの平面道路に拡幅され、平面道路の間に繊維問屋が集まる船場センタービルが建ち、その上を高架道路と阪神高速13号東大阪線が走っている。地下には地下鉄中央線が走る。町名は1970年より船場センタービルが船場中央となり、1989年より唐物町残余が南本町に編入、北久太郎町残余が南久太郎町と統合されて久太郎町となった。中央区役所がある。
  • 久太郎町通 - 中央大通の整備までは南久太郎町通と呼ばれた。御堂筋に面して大阪センタービル(伊藤忠商事旧本社・阪神高速道路本社など)、南御堂として知られる真宗大谷派 難波別院がある。
  • 北久宝寺町(きたきゅうほうじまち)通
  • 南久宝寺町通 - 南久宝寺町問屋街として知られる。
  • 博労町(ばくろうまち)通 - 御堂筋に面して西側に難波神社がある。
  • 順慶町(じゅんけいまち)通 - 現在の町名は南船場。三休橋筋との交差付近は宝石貴金属卸が集まる宝飾問屋街となっている。
  • 安堂寺橋(あんどうじばし)通 - 現在の町名は南船場。
  • 塩町(しおまち)通 - 現在の町名は南船場。
  • 長堀通 - 1964年、長堀川が埋め立てられるまでは末吉橋(すえよしばし)通と呼ばれた。現在の町名は南船場。

船場の筋[編集]

京都洛中のように多くの町名・町筋が伝統的に継承されず、また京都市神戸市とは異なり大阪市は大通り以外の町筋、通りの表記をしていないため、これらの名称は現在ではそれほど認知されていない。ただし、堺筋、および三休橋(さんきゅうばし)筋、丼池(どぶいけ)筋、心斎橋筋、御堂筋は今でも広く知られている。なお電柱にはこれらの名称が今でも表記されているのが見受けられる。

東から順に筋の名称を挙げる。

  • 東横堀筋 - 東横堀川沿い。
  • 箒屋町(ほうきやまち)筋 - 「本町の曲り」で東へ追加される筋へ東横堀筋が移るため、同所以南で箒屋町筋と名称を変える。
  • 板屋橋(いたやばし)筋 - 壱丁目(いっちょうめ)筋とも呼ばれる。
  • 八百屋町(やおやまち)筋
  • 堺筋 - 御堂筋の拡幅までは大阪を代表する通りであった。今なお、御堂筋に次いで重要な通り。
  • 難波橋(なにわばし)筋 - 藤中橋(ふじなかばし)筋とも呼ぶ。かつては大川難波橋が架橋され、中国街道に接続する往来の多い道路で、隣の堺筋と繁栄を二分していた。しかし、1911年の市電敷設計画に反対したことが明暗を分け、1915年にはシンボルだった難波橋が堺筋に架け替えられた。その7年前の1908年に長堀川に藤中橋が架橋され、難波橋を失った難波橋筋は藤中橋筋とも呼ばれるようになった。
  • 中橋(なかばし)筋
  • 三休橋筋 - 栴檀木橋(せんだんのきばし)筋とも呼ぶ。大阪市の道路整備計画により歩道幅が確保され、大阪ガスなどから寄贈されたガス灯が並び、風情のある景観となっている。
  • 丼池(どぶいけ)筋 - 繊維問屋街。大阪で最初にアーケードが出来たのが丼池筋である。1993年老朽化により大阪最古のアーケードは撤廃された。現在は丼池ストリートとも呼ばれている。
  • 心斎橋筋 - 南船場側は心斎橋筋北商店街として賑わう。
  • 御堂筋 - 1937年の拡幅までは淡路町通との交点で屈折していたため、同所以南の北御堂・南御堂のある区間を御堂筋、以北を淀屋橋筋と称した。大阪の象徴ともいえる目抜き通り。
  • 御霊(ごりょう)筋 - もともと北御堂・南御堂で分断されるため、御霊神社の沿道となる北御堂以北が御霊筋と呼ばれ、北御堂 - 南御堂間は狐小路(きつねしょうじ)、南御堂以南は佐野屋橋(さのやばし)筋とも呼ばれる。狐小路は1969年の大阪御堂筋ビルおよび1970年の船場センタービル(10号館)の建設により北御堂 - 中央大通間に縮小された。
  • 渡辺(わたなべ)筋 - 淡路町通との交点で屈折しているため、同所以北は魚ノ棚(うおのたな)筋とも呼ばれる。
  • 西横堀筋 - 西横堀川沿い。かつて「横堀」という町名だったことから単に横堀筋とも呼ばれる。

歴史[編集]

かつて難波津、住吉津、渡辺津など港湾都市、国内流通の中心であった大坂の上町台地付近に1583年豊臣秀吉によって大坂城の築城および大坂城下の開発が開始された。当初は旧石山寺内渡辺津玉造といった上町が大坂城下の中心で、また、大川を挟んで上町の北に位置する中島寺内の開発も1585年から開始された。上町の西に位置する船場の開発はこの時期はまだ萌芽的なものであったが、1598年から始まった大坂城三の丸の造営により、城内となった渡辺・玉造の地に居た町人の移転先として船場の開発が本格化する。大坂の陣後、松平忠明による復興の際に島之内と下船場の開発が本格化し、さらに渡辺・玉造の地へ再度町人地が置かれることとなった。また、淀屋常安による中之島の開発も始まり、幕府直轄地となる頃には、それまで大坂とは別の町とみなされていた旧中島寺内を天満として取り込み、以降の大坂城下は船場を中心に展開されるようになった。

町名の変遷[編集]

明治以前[編集]

明治初頭には136町(うち東西方向の町:125町、南北方向の町:11町)あった。

東西方向の町 (北から南の順)

  • 大川町・過書町(かしょまち)・北浜2丁目・北浜1丁目
  • 梶木町
  • 尼崎町2丁目・尼崎町1丁目・今橋2丁目・今橋1丁目
  • 大豆葉町(まめのはちょう)・四軒町(しけんちょう)・上人町(しょうにんまち)・高麗橋3丁目・高麗橋2丁目・高麗橋1丁目
  • 呉服町・伏見町・本天満町(もとてんまちょう)・本靱町(もとうつぼちょう)
  • 古手町(ふるてまち)・道修町5丁目・道修町4丁目・道修町3丁目・道修町2丁目・道修町1丁目
  • 亀井町・善左衛門町・平野町3丁目・平野町2丁目・平野町1丁目
  • 津村北之町・淡路町切町(あわじまちきれちょう)・中船場町・北鍋屋町・淡路町2丁目・淡路町1丁目
  • 津村西之町・津村中之町・津村東之町・三郎右衛門町・南鍋屋町・百貫町(ひゃっかんちょう)・瓦町2丁目・瓦町1丁目
  • 津村南之町・御堂前町・升屋町(ますやちょう)・備後町5丁目・備後町4丁目・備後町3丁目・備後町2丁目・備後町1丁目
  • 浄覚寺町・安土町3丁目・安土町2丁目・上魚屋町・安土町1丁目
  • 本町5丁目・本町4丁目・本町3丁目・本町2丁目・本町1丁目
  • 南本町5丁目・南本町4丁目・南本町3丁目・南本町2丁目・南本町1丁目下半・南本町1丁目上半
  • 唐物町4丁目・唐物町3丁目下半・唐物町3丁目上半・唐物町2丁目下半・唐物町2丁目上半・唐物町1丁目
  • 北久太郎町5丁目・北久太郎町4丁目・北久太郎町3丁目・北久太郎町2丁目・北久太郎町1丁目
  • 南久太郎町6丁目・南久太郎町5丁目・南久太郎町4丁目・南久太郎町3丁目・南久太郎町2丁目・南久太郎町1丁目
  • 源左衛門町・伝馬町・北久宝寺町4丁目・北久宝寺町3丁目・北久宝寺町2丁目・北久宝寺町1丁目
  • 南久宝寺町5丁目・南久宝寺町4丁目・南久宝寺町3丁目・南久宝寺町2丁目・南久宝寺町1丁目
  • 博労町・茨木町・金田町・金沢町
  • 初瀬町(はつせちょう)・浄国寺町・順慶町5丁目・順慶町4丁目・順慶町3丁目・順慶町2丁目・順慶町1丁目
  • 北勘四郎町・安堂寺町5丁目・安堂寺町4丁目・安堂寺町3丁目・安堂寺町2丁目下半・安堂寺町2丁目上半・安堂寺町1丁目
  • 南勘四郎町・車町(くるままち)・塩町4丁目・塩町3丁目・塩町2丁目・塩町1丁目
  • 長堀平右衛門町(西横堀川以東・長堀川以北)・長堀10丁目(長堀川以北)・長堀心斎町(同左)・長堀次郎兵衛町(同左)・長堀橋本町

南北方向の町 (東から西の順)

  • 雛屋町
  • 上難波町
  • 北渡辺町・南渡辺町
  • 七郎右衛門町1丁目・七郎右衛門町2丁目・浜町・長浜町・椹木町(さわらぎちょう)・西笹町・五幸町(ごこうまち)

明治[編集]

1872年(明治5年)の町名改編で109町(うち東西方向の町:98町、南北方向の町:11町)となった。

  • 大川町
  • 北浜(5~1丁目)
  • 今橋(5~1丁目)
  • 高麗橋(5~1丁目)
  • 伏見町(5~1丁目)
  • 道修町(5~1丁目)
  • 平野町(5~1丁目)
  • 淡路町(5~1丁目)
  • 瓦町(5~1丁目)
  • 備後町(5~1丁目)
  • 安土町(4~1丁目)
  • 本町(4~1丁目)
  • 南本町(4~1丁目)
  • 唐物町(4~1丁目)
  • 北久太郎町(4~1丁目)
  • 南久太郎町(4~1丁目)
  • 北久宝寺町(4~1丁目)
  • 南久宝寺町(4~1丁目)
  • 博労町(4~1丁目)
  • 順慶町通(4~1丁目)
  • 安堂寺橋通(4~1丁目)
  • 塩町通(4~1丁目)
  • 末吉橋通(4~1丁目)

南北方向の町 (東から西の順)

  • 上難波北之町・上難波南之町
  • 北渡辺町・南渡辺町
  • 横堀(1~7丁目)

大正[編集]

1914年大正3年)の町名改編で上難波北之町・上難波南之町が北久宝寺町5丁目・南久宝寺町5丁目・博労町5丁目となり、全110町(うち東西方向の町:101町、南北方向の町:9町)となった。

昭和[編集]

1930年昭和5年)の町名改編で北渡辺町・南渡辺町が本町5丁目・南本町5丁目・唐物町5丁目・北久太郎町5丁目・渡辺町となり、全113町(うち東西方向の町:105町、南北方向の町:8町)となった。

1970年(昭和45年)の町名改編で唐物町(5~1丁目)・北久太郎町(5~1丁目)の各一部が船場中央(5~1丁目)となり、全123町(うち東西方向の町:115町、南北方向の町:8町)となった。

1982年(昭和57年)の町名改編で順慶町通(4~1丁目)・安堂寺橋通(4~1丁目)・塩町通(4~1丁目)・末吉橋通(4~1丁目)・横堀7丁目が南船場(4~1丁目)となり、全111町(うち東西方向の町:103町、南北方向の町:7町)となった。

平成[編集]

1989年平成元年)の町名改編で大川町を北浜に編入、唐物町を南本町に編入、北久太郎町・南久太郎町を久太郎町に統合、南北方向の横堀(1~6丁目)・渡辺町を東西方向の各町に編入の上、全ての町を4~1丁目に再編し、全68町(うち東西方向の町:68町、南北方向の町:なし)となった。

現代の船場[編集]

繊維問屋や商社、証券会社、銀行の集中により、過密が問題となり、問屋街の郊外移転などが行われていた(例えば繊維問屋街の一部が箕面市大阪船場繊維卸商団地、愛称「COM ART HILL」へ)。

現在、いまだに過密であることに変わりはないが、かつての活気が船場からは失われつつある。一方、地元も様々な運動を開始し、他の地域との協力・交流もはじめている。例えば、2005年3月26日には綿業会館(国の重要文化財、中央区備後町2-5-8)で、四団体共同で船場フォーラムが行われた。四団体とは、銀座まちづくり会議(東京)、横濱まちづくり倶楽部(横浜)、都心界隈まちづくりネット(京都)、せんばGENKIの会(大阪)である。

交通[編集]

鉄道
淀屋橋駅 北浜駅 Keihan railway logo.svg京阪本線
本町駅 堺筋本町駅 ■中央線
心斎橋駅 長堀橋駅 ■長堀鶴見緑地線
■御堂筋線 ■堺筋線  

このうち、堺筋本町駅には2011年9月30日に「船場東」、本町駅(下船場に位置する四つ橋線ホームを除く)には2011年10月1日に「船場西」の副名称がそれぞれ、駅名標に追記された[2]

バス

船場地域を運行するバス路線として、大阪市営バス8号系統がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

引用・参考文献[編集]

  1. ^ 牧村史陽は船着き場だったことに由来するとの説を妥当としている
  2. ^ 「船場」ブランド復活へ 地下鉄・本町駅などの副名称に[リンク切れ] - MSN産経ニュース