東天満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 近畿地方 > 大阪府 > 大阪市 > 北区 > 東天満
東天満
ECC本社
ECC本社
東天満の位置(大阪市内)
東天満
東天満
東天満の位置
東天満の位置(大阪府内)
東天満
東天満
東天満の位置
北緯34度41分50.13秒 東経135度30分58.57秒 / 北緯34.6972583度 東経135.5162694度 / 34.6972583; 135.5162694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
北区
町名制定 1978年昭和53年)
面積
 • 合計 0.11272968km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
 • 合計 2,267人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
530-0044[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ

東天満(ひがしてんま)は、大阪府大阪市北区町名。現行行政地名は東天満一丁目及び東天満二丁目。

地理[編集]

大阪市北区の東部に位置。東は天満橋1丁目・天満1丁目、南は天満2丁目から4丁目、西は天神橋2丁目から3丁目、北は紅梅町松ケ枝町に接する。中央を横断する国道1号曽根崎通)の南が1丁目、北が2丁目となる。

歴史[編集]

江戸時代以来の天満の北東部にあたり、江戸時代の唐崎町・板橋町・岩井町・典薬町・高島町・壺屋町・河内町・農人町・椋橋町・大工町などにあたる。ほぼ中央に真宗大谷派天満別院があり、かつてはその北隣に尾張藩蔵屋敷が置かれていた。

1872年明治5年)に、金屋町2丁目・信保町2丁目・岩井町2丁目・壺屋町2丁目・河内町2丁目・此花町2丁目・大工町に改編され、1978年昭和53年)に現在の町名に改編された。

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
東天満一丁目 854世帯 1,086人
東天満二丁目 632世帯 1,181人
1,486世帯 2,267人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 641人 [5]
2000年(平成12年) 597人 [6]
2005年(平成17年) 910人 [7]
2010年(平成22年) 1,325人 [8]
2015年(平成27年) 1,813人 [9]

世帯数の変遷[編集]

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 298世帯 [5]
2000年(平成12年) 335世帯 [6]
2005年(平成17年) 476世帯 [7]
2010年(平成22年) 814世帯 [8]
2015年(平成27年) 1,180世帯 [9]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]。北区内の全ての市立中学校と、大阪市内の小中一貫校が対象で学校選択が可能(抽選を実施)。

丁目 小学校 中学校
東天満一丁目 全域 大阪市立堀川小学校 大阪市立北稜中学校
東天満二丁目 全域

施設[編集]

1988年7月まで、讀賣テレビ放送の初代社屋が東天満に所在していた。

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

国道
主要地方道

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪府大阪市北区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 東天満の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ 北区内の通学区域一覧”. 大阪市 (2018年12月6日). 2019年10月4日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  11. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 27 大阪府』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1983年10月(日本語)。ISBN 4-04-001270-4

外部リンク[編集]