法円坂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 近畿地方 > 大阪府 > 大阪市 > 中央区 > 法円坂
法円坂
難波宮跡公園
法円坂の位置(大阪市内)
法円坂
法円坂
法円坂の位置
法円坂の位置(大阪府内)
法円坂
法円坂
法円坂の位置
北緯34度40分47.92秒 東経135度31分20.23秒 / 北緯34.6799778度 東経135.5222861度 / 34.6799778; 135.5222861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
中央区
面積
 • 合計 0.244359567km2
人口
2019年(平成31年)3月31日現在)[2]
 • 合計 1,316人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
540-0006[3]
市外局番 06(大阪MA[4]
ナンバープレート なにわ

法円坂(ほうえんざか)は、大阪府大阪市中央区町名。現行行政地名は法円坂一丁目及び法円坂二丁目。

地理[編集]

大坂城の南側に位置し、一丁目に難波宮跡、二丁目に国立病院機構大阪医療センターなどがある。

上町筋中央大通の交点となる法円坂交差点および阪神高速13号東大阪線法円坂出入口周辺の地域名としても用いられる。

歴史[編集]

近世には大半が大坂城代や京橋口定番与力同心屋敷地となっており、上町筋沿いが上本町1丁目・2丁目(当時)、同2丁目の西側が鈴木町と呼ばれ、鈴木町には大坂代官所が置かれていた。

明治以降は兵部省の所管となり、1879年5月に法円坂町へ改称された。近代には陸軍用地として利用され、歩兵第8連隊ならびに歩兵第37連隊の所在地として知られるようになった。

現行の住居表示が実施される1979年までは本町通以南を町域としており、現在の馬場町大手前4丁目も法円坂町に含まれていた。

地名の由来[編集]

地名の由来には、かつて所在した法案寺生國魂神社神宮寺)の転訛や、浄照坊の開祖である法円がここに邸宅を構えていたなどの諸説がある。

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
法円坂一丁目 637世帯 1,159人
法円坂二丁目 123世帯 157人
760世帯 1,316人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 2,404人 [5]
2000年(平成12年) 1,962人 [6]
2005年(平成17年) 1,378人 [7]
2010年(平成22年) 1,162人 [8]
2015年(平成27年) 1,235人 [9]

世帯数の変遷[編集]

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 1,013世帯 [5]
2000年(平成12年) 906世帯 [6]
2005年(平成17年) 724世帯 [7]
2010年(平成22年) 669世帯 [8]
2015年(平成27年) 697世帯 [9]

施設[編集]

国立病院機構大阪医療センター

かつて存在した施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

高速道路
主要地方道

バス[編集]

大阪シティバス

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪府大阪市中央区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 法円坂の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]