農人橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 近畿地方 > 大阪府 > 大阪市 > 中央区 > 農人橋
農人橋
農人橋(上流側)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 大阪市中央区(濃人橋-久太郎町)
交差物件 東横堀川
路線名 中央大通
建設 1969年
構造諸元
形式 桁橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

農人橋(のうにんばし)は、大阪府大阪市中央区にある東横堀川に架かる。または、同橋東詰の町名

本項目では、中央大通松屋町筋の交点である農人橋交差点についても述べる。

橋梁[編集]

中央大通の高架道路および阪神高速13号東大阪線を挟んで二つの橋が架かっている。下流側(南側)の橋がもとからあった農人橋にあたる。橋の真上には阪神高速1号環状線が交差する東船場JCTがある。

1600年慶長5年)の記録に久太郎町橋と記されている橋が最初の農人橋といわれている。江戸時代後期に刊行された『摂津名所図会』に「いにしへ川西船場に田圃多くして、上町より農民かよひて耕作をなす」と記載され、豊臣期に市街化していた上町側(東側)から市街化する以前の船場側(西側)の農地へ渡るために架橋された。

江戸時代には谷町筋以東に大坂城代下屋敷・京橋口定番与力屋敷・大坂町奉行御金蔵などが立地し、公儀橋の一つだったが、日常の維持管理は橋周辺の町々に課せられ、東は谷町筋から西は御堂筋あたりの橋筋が橋掛かり町の範囲だった。

明治時代の半ばに鉄柱木橋に架け替えられ、大阪市第1次都市計画事業により1926年大正15年)に鉄筋コンクリートのアーチ橋に架け換えられた。現在の橋は1969年昭和44年)に中央大通の敷設に伴い架け換えられたもので、このとき初めて上流側(北側)の橋が架橋された。

橋の概要[編集]

  • 形式:桁橋
  • 橋長:上流側 33.14m、下流側 32.00m
  • 幅員:上流側 18.35m、下流側 18.35m
  • 完成:1969年

町名[編集]

農人橋
大和リース(ピップビル)
大和リース(ピップビル)
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 大阪府
市町村 大阪市
中央区
人口
2015年(平成27年)10月1日現在)
 • 合計 2,087人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
540-0011

地理[編集]

現行行政地名は農人橋一丁目から三丁目まで。2015年10月1日現在の人口は2,087人、世帯数は1,151世帯[1]郵便番号は〒540-0011。

歴史[編集]

もとは農人橋詰町・両替町1~2丁目・農人橋1~2丁目・南農人町1~2丁目という町名だったが、1989年(平成元年)に農人橋1~3丁目に改編された。なお、現在の農人橋3丁目の南隣に位置する材木町は1872年明治5年)まで農人橋材木町という町名だった。

慶長年間に安国寺恵瓊の屋敷があったことから、下流側(南側)の元来の農人橋通の上町台地を登る坂道は安国寺坂、または、恵瓊坂と呼ばれる。

施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

高速道路
主要地方道

農人橋交差点[編集]

中央大通と松屋町筋の交点が農人橋交差点である。歩道橋が設置されている。中央大通を渡る部分については、横断歩道・自転車横断帯が設置されていない。

農人橋交差点(歩道橋から)
農人橋交差点(北側から)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中央区 人口

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度40分54.4秒 東経135度30分38.4秒