京橋 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京橋(左)と京橋駅(右上)の位置関係。

京橋(きょうばし)は、大阪府大阪市にある橋、旧町名、地域名。

概要[編集]

東京都中央区京橋とは違って、尻下がりのアクセントで「きょうばし」と発音される[1]

具体的には以下のものを指す。

京橋(橋梁)[編集]

京橋
京橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 大阪市都島区 - 中央区
交差物件 寝屋川
建設 ? - 1924年
座標 北緯34度41分26.8秒
東経135度31分20.8秒
構造諸元
形式 単純プレートガーダー構造桁橋
材料 コンクリート
全長 55.1m
9m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

京橋(橋梁)は京街道の起点(のち高麗橋に変更)、また東海道五十七次の終点(江戸日本橋から137里4町1間)であり、大坂では数少ない公儀橋であった。江戸時代擬宝珠には「元和九年造立」(1623年)の銘があった。

北詰には京街道沿いに相生西町・相生東町・野田町といった町並が形成され、川魚市場もあり、大坂の玄関口のひとつとして賑わった。南詰は大坂城虎口のひとつである京橋口となる。

1924年大正13年)に現在の鋼橋が架橋され、1981年昭和56年)には拡幅工事が施された。

京橋(旧町名)[編集]

もとは、京橋南詰 - 天満橋南詰 - 天神橋南詰 - 今橋東詰にかけて京橋1 - 6丁目という町名であった。1724年享保9年)の大火後、京橋1丁目(現在の上町筋以東)が火除地となったため、京橋2 - 6丁目となり、町名の由来である京橋(橋梁)を含まない町域となった。

明治に入り、京橋1 - 3丁目に再編され、区政施行後は東区の町名として存在した。また、火除地となっていた箇所は京橋前之町という町名となった。平成に入り、京橋1 - 3丁目は中央区大手前1丁目、天満橋京町、北浜東の各一部となり、京橋という町名は姿を消した。同時に京橋前之町も大手前1丁目の一部となり姿を消した。

京橋(地域)[編集]

京橋駅はJR西日本大阪環状線片町線(学研都市線)・JR東西線京阪本線大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線が乗り入れる大坂屈指のターミナル駅となっており、現在、京橋といった場合は当駅周辺を指すことが多い。

京橋駅は京橋(橋梁)から約1.2km東へ離れている。片町線の廃止区間にあった片町駅(代替駅は大阪城北詰駅)の方が京橋(橋梁)に近いということになるが、これは、1895年(明治28年)8月に片町駅が開業、同年10月に現在の大阪環状線京橋駅が開業、1913年(大正2年)に片町線京橋駅が開業という経緯による。なお、現在は天満橋駅が京橋(橋梁)の最寄駅である。

京阪京橋駅は1910年(明治43年)に蒲生駅として開業し、1949年(昭和24年)に京橋駅に改称された。なお、京阪は京橋(橋梁)の近くに初代京橋駅を設置していたが、わずか8ヶ月で廃止されている。また、片町線と同様に、京阪にも京橋駅より京橋(橋梁)に近い片町駅があったが、1969年(昭和44年)に京橋駅に統合されるかたちで廃止された。

京橋駅周辺が繁華街として発展するに伴い、「京橋」は京橋駅周辺の地域名となり、都島区東野田町・片町、城東区新喜多1丁目・蒲生1丁目・野江1丁目などを指すようになった。広義では寝屋川の南側にある中央区城見、城東区鴫野西1丁目も含まれる。

JRと京阪および地下鉄を含め、京橋駅は1日50万人以上の乗降客があり、京阪グループなどが拠点を置いていることから商業施設が集積しており、飲食店街や歓楽街も発展していることから大阪の東の玄関口とも呼ばれ、梅田界隈のキタ難波心斎橋界隈のミナミに対して、時折大阪ビジネスパークを含む同地区界隈をヒガシと呼ぶことがある[2]。ただ、キタやミナミとは違い、ヒガシという呼称は一般にあまり浸透していないのが実状である。

現在の京橋駅界隈の大半は東野田町にあり、この町名は東成郡野田村に由来する。大阪市域にはもうひとつ西成郡野田村(現 福島区野田)があり、1897年(明治30年)に両村は大阪市北区(当時)に編入され東成野田・西成野田となり、1900年(明治33年)に東野田・西野田となった。また、1969年(昭和44年)まで京橋駅北西の東野田町交差点に大阪市電「東野田駅」があった。元来京橋という地名でないことも加え、ヒガシ呼称にはこういった歴史的な理由もある。

周辺情報[編集]


脚注[編集]

  1. ^ なお、長堀鶴見緑地線の列車接近・入線メロディーは「京橋」の発音をメロディー化したものである。
  2. ^ 京橋タウンガイド等より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]