港大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
港大橋
港大橋
港大橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 大阪市
交差物件 大阪港
用途 道路橋
路線名 阪神高速4号湾岸線
阪神高速5号湾岸線
阪神高速16号大阪港線
管理者 阪神高速道路
着工 1970年
開通 1974年7月15日
座標 北緯34度38分44.879秒 東経135度26分19.279秒 / 北緯34.64579972度 東経135.43868861度 / 34.64579972; 135.43868861座標: 北緯34度38分44.879秒 東経135度26分19.279秒 / 北緯34.64579972度 東経135.43868861度 / 34.64579972; 135.43868861
構造諸元
形式 3径間ゲルバートラス橋
材料
全長 980 m
桁下高 51 m
最大支間長 510 m
地図
港大橋の位置(大阪市内)
港大橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
阪神高速4号標識
阪神高速5号標識
阪神高速16号標識

港大橋(みなとおおはし)は、大阪府大阪市港区海岸通3丁目と住之江区南港東9丁目を結ぶ全長980mのトラス橋である。トラス橋としての中央径間510mは日本最長で、世界第3位の長さである。

概要[編集]

1974年より阪神高速道路として供用されている[1]。上下2層のダブルデッキになっており、上層が4号湾岸線および16号大阪港線、下層が5号湾岸線となっている。港区側の第1突堤前交差点付近から七条通に沿って伸び、住之江区側の南港東7北交差点付近に至る。

橋梁自体は大阪港築港南港咲洲)を最短で結ぶものであるが、最寄り出入口の天保山 - 南港北間では約2.5kmとなるため、大阪港咲洲トンネル(約2.2km)と大差はない。

かつて港大橋を経由する大阪市営バスの路線(以前の44号系統及び支線17号系統)が設定されていた。

構造[編集]

橋脚

世界最大級の3径間ゲルバートラス橋(橋長980 m、 側径間235 m+中央径間510 m+側径間235 m)であり、前述の通り、上下2層のダブルデッキになっている。橋梁は赤色に塗装されている。

橋下を大型コンテナ船(4万トン級)が航行できるよう、海面から桁下まで50 m以上確保されている。支点上の主構高は68.5 mである。

建設にあたり、FEM解析を行ったり、強風による影響を確認するため模型による風洞実験が行われた。鋼材は全体で約35,000トン使用されたが、上部工断面をコンパクト化するため約5,000トンの超高張力鋼が採用された。当時の最新の技術が駆使されたことにより、1974(昭和49)年度の土木学会田中賞(作品部門)を受賞している。

耐震設計[編集]

港大橋の耐震設計は修正震度法が採用されており、長期間使用されることを考慮した経済的な設計となっていた。「道路橋示方書 V 耐震設計編」が出版される1980年(昭和55年)以前のものであり、想定された地震動の最大加速度は250 Galだった。

1995年平成7年)の兵庫県南部地震による影響で港大橋も耐震連結装置などに損傷が発生した。そのため、上町断層を震源とした地震を想定したレベル2相当の地震動を考慮して再解析を行った結果、トラス構造部材の多くが降伏または座屈する可能性があることが判った。そのため、耐震補強工事が行われた。設計にあたり、従来の耐震補強設計とは異なり、免震制振技術を採り入れ、トラスの断面力低減・降伏部材数減少を目的とした考えとした。なお、コストについては従来の耐震補強設計とした場合の約2/3で済んだとされている。この耐震補強工事により、2007(平成19)度に二度目の土木学会田中賞(作品部門)を受賞している。

港大橋周辺の様子

外部リンク[編集]