大阪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大坂から転送)
移動先: 案内検索

大阪(おおさか、: Ōsaka[1][2][3])は、日本近畿地方関西地方)の地名である。西日本最大の都市である大阪市(狭義の大阪)と、大阪市を府庁所在地とする大阪府を指す地域名称であり、広い意味では大阪市を中心とする京阪神畿内、大阪都市圏、関西圏)を漠然と総称することにも使われる。関西の経済文化の中心地で、古くは大坂と表記し、古都副都としての歴史を持つ。

地名の由来と変遷[編集]

大坂」という地名は、元は大和川淀川(現在の大川)に間に南北に横たわる上町台地の北端辺りを指し、古くは摂津国東成郡に属した。

この漢字の地名に関する最古の記録は、1496年浄土真宗中興の祖である蓮如によって書かれた御文の中に見られる「摂州東成郡生玉乃庄内大坂」との記載である。もともと、蓮如が大坂と呼んだ一帯は、古くは浪速(難波・浪花・浪華)などが地域の名称として用いられていたが、蓮如が現在の大阪城域に大坂御坊(いわゆる石山本願寺)を建立し、その勢力を周辺に伸ばすに及んで、大坂という呼称が定着した。

その語源は、大きな坂があったために大坂という字が当てられたという説があるが、蓮如以前の大坂は「オホサカ」ではなく「ヲサカ」と発音されており、諸資料にも「小坂(おさか)」と表記された例が見られる(日本書紀には烏瑳箇とある[4])。このためにこの説は信憑性に乏しい。

蓮如以後、大坂は「おおざか」と読んだとされる。江戸時代、商人の伝兵衛が海難事故でロシア帝国に漂流したとき、ロシア人には「ウザカ」と聞こえたと伝わっている。従来「おさか」と読んでいたのを大阪駅の駅員が「おーさか」と延ばして言うようになったことから、「おおさか」と呼ぶのが広まったという説もある[要出典]

漢字の表記は当初「大坂」が一般的であったが、大坂の「坂」の字を分解すると「土に反る」と読めてしまい縁起が悪い[要出典]ということから、江戸時代のころから「大阪」とも書くようになり、明治時代には大阪の字が定着する。一説に「坂」から「阪」への変更は、明治新政府が「坂」が「士が反する」、すなわち武士が叛く(士族の反乱)と読めることから「坂」の字を嫌った[要出典]ともいわれる。

ただし、「大阪府庁所用の官印に、大阪府印、大坂府印の両様あるを以て見れば、坂阪二字の變更は偶然に起こりしにて、必ずしも深き理由ありしにあらざるべし。」[5]と、昭和2年再版発行「大阪市史 巻1」は語る。

歴史[編集]

現在の大阪市の基である大坂の町は、飛鳥時代難波長柄豊埼宮(なにわのながらのとよさきのみや)や、住吉津(すみのえのつ)難波津(なにわのつ、なにわづ)を起源に持つ港湾都市であった。江戸時代には現在の大阪市中央部を広く町域とする大都市であり、日本経済の中心だった。

「大坂」地名発生以前の大坂[編集]

のちの「大坂」が位置する上町台地は、古代には「難波潟」と呼ばれる葦原の広がる湿地に突き出した半島状の陸地で、浪速(なみはや、なにわ)、難波(なにわ)浪花(なにわ)、浪華(なにわ)などと書き表されてきた。

この地には、上代には大和朝廷遣隋使遣唐使などの使節を送り出したり返答使の迎接を行った住吉津や難波津が置かれ、運河難波の堀江が築かれた。また仁徳天皇の時代には難波高津宮、孝徳天皇の時代には難波長柄豊崎宮聖武天皇の時代には難波京(難波宮)が営まれ、都あるいは副都として機能した。律令制のもとでは都に置かれた京職に準じる特別の官署・摂津職によって管理された。

上代から奈良時代にかけて難波の地がこのように重要視されたのは、大阪湾が西日本の交通の要である瀬戸内海の東端に位置している上、当時飛鳥古京・藤原京・平城京などから最も近い港湾であることによる。住吉津を管理する住吉大社は大和朝廷直属の社として別格であった。

難波津は土砂の堆積により外港としての機能が衰え、奈良時代末には神崎川河口の河尻泊(現在の兵庫県尼崎市)などに繁栄を一時譲る。しかし平安時代に淀川水系を利用して営まれた平安京が恒久的な都となったことから、、源氏渡辺氏によって難波津から渡辺津と名前を変え、瀬戸内海から淀川を通じて京都に通じる内港な水運の要衝として栄えたほか、北から淀川を渡り南の四天王寺住吉大社、さらには熊野へと続く陸上交通熊野街道の起点な要衝としても栄えた。

近世の大坂[編集]

大坂城(2014年11月)

15世紀に大坂の地名を持って呼ばれるようになった上町台地の先端部には、古代から生國魂神社が鎮座していたが、1496年蓮如が隣接して建立した浄土真宗の石山道場に、1532年証如山科本願寺から移り、石山本願寺となったことから寺内町として発展した。

織田信長と本願寺の間に戦われた石山合戦1580年顕如が退去した後の1583年には、石山本願寺の跡地に豊臣秀吉大坂城を築き、城下に配下の大名の屋敷やなどの周辺の町々の町人を集めて、上町台地から大阪平野に広がる大坂の町を築いて政治経済の中心都市とした。このため、安土桃山時代のうちの豊臣政権期を指して「大坂時代」と呼ぶ人もいる。なお、大坂築城の際に生國魂神社は現在地に移転させられている。

豊臣氏が滅んだ大坂夏の陣で大坂は一時的に荒廃したが、味方となる大名が西国には乏しいことから江戸幕府は大坂を直轄地(天領)とし、西国に睨みを利かせる要として大坂城を再建する一方、海路に難所が多く海運に不向きな江戸よりも、古より恵まれた海運の要衝の地として治めるべく河川の改修や堀の開削を行い、諸藩も蔵屋敷を置いた。蔵屋敷へは水路で年貢米が運ばれたため八百八橋と言われるほど橋と水路の多い町となった。こうして水の都として復興した大坂は日本全国の物流が集中する経済・商業の中心地となり、「天下の台所」と呼ばれて繁栄した。こうした経済的な発展に伴って「元禄文化」が大坂を中心に花開いた。また、堂島の米市場では世界で最初の先物取引が行われた。

近世大坂の町は江戸幕府の派遣した大坂町奉行支配のもとに北組・南組・天満組の三組に分かれ、総称して大坂三郷と呼ばれた。北組・南組は現在の中央区本町通を境に分かれ、天満組は北区大阪天満宮を中心とする一帯である。なお、天満は元和年間頃まで大坂とは別の町とみなされていた。大阪の旧市街地は沽券地として、江戸幕府から町人間で譲渡が許されていた。

近世に現在の大阪市中心部はその姿を整えた。現在も続く近世以来の大阪の町は、上町天満堂島中之島船場島之内堀江下船場などが知られている。

大坂から大阪へ[編集]

江戸時代中期には「大坂」と「大阪」が併用され、明治維新後の1868年、新政府はもとの大坂三郷に大阪府を置いた。元来の「大坂」に代わって「大阪」が正式な表記となったのは、このころである。「」は「坂」の異体字のなかでも古字とされる字であり、阜部(読み:ぶぶ、意味:こざとへん)は小高い土山丘陵を意味する。

明治維新と相前後して、大久保利通により、首都を京都から程近い大阪に移転する遷都案が出されていたこともあったが、これは東京への首府機能の移転となったため、幻に終わった。

明治維新の直後は廃藩置県によるいわゆる「大名貸」の貸し倒れや地租改正による金納化(結果的には農民による米の自由売買につながった)によって、大阪経済は大きな打撃を受けたが、経済産業の近代化とともに次第に西日本経済の中心地としての地位を確立していくことになる。

1869年には北・南・天満の三郷から東・南・西・北の4大組に再編され、1875年大区小区制が施行されると、順に第1~4大区となり、1879年郡区町村編制法が施行されると、再び西の4区となった。1889年には市制施行により大阪府管内の大阪市となる(市制特例参照)。大阪市はその後周辺の町村を合併して、1925年にはほぼ現在の領域に広がった。さらに府は周辺の県を統合した後、1887年奈良県を分離して現在の大阪府の領域となった。この結果、元来は都市名であった大阪の地名は現在のように広域を指すようになる。なお、第二次世界大戦終了後の1950年代中頃にも周辺の町村を合併し、また後年に湾岸部の埋立などが行われたため、現在の大阪市の領域はさらに広がったが、それ以後大きな市域拡大は行われず、政令指定都市の中でも予算規模等上位にありながらも非常に面積の小さい市となっている。

前述のように、大阪に首都を置くことは幻に終わったが、それから約60年後の1923年に発生した関東大震災によって関東地方近郊居住していた被災者の一部が、関東地方を離れて日本国内の各地方に移住したが、その多くは近畿地方、特に大阪市域およびそれに隣接する大阪府下各都市へと移住したことにより、急速に人口が増加したことと、1925年に実施した前述の周辺町村の合併により、首府の東京府東京市(現・東京都区部)を人口で追い抜き、日本最大の人口を有する都市となった。また、世界でも6番目の人口数を誇る主要都市となり、ここに大大阪時代が到来した。しかし1932年に東京府東京市が周辺町村の合併によって市域拡大によって、人口で再び大阪市を追い抜いたため[6]、大大阪時代はわずか7年で終焉した。

大阪の文化[編集]

大阪は長らく日本の文化の中心地であった京都に近く、また西日本最大の都市として発展したため、独自の文化を築いてきた。以下の食文化や芸能文化がよく知られるほか、大阪弁浪花言葉)は東京方言京言葉などとともに日本で最も知られた方言の一つである。

食文化[編集]

全国からあらゆる食材が集まる「天下の台所」であり、瀬戸内の海産物や大阪近郊の野菜にも恵まれ、日本料理の基礎となった食文化が栄え、「大阪の食い倒れ」(大阪人は破産しそうなほど飲食に贅沢をするという意味であるが、大阪人は食べ物自慢にうるさい、大阪には食べ切れないほど美味いものが沢山ある、といった意味でも使われる)という諺まで生まれた。しゃぶしゃぶ懐石料理うどんすき大阪寿司割烹などの本格的な日本料理の発祥地としてや、たこ焼きお好み焼き串カツイカ焼きといった、“粉もん”を中心とした庶民の味まで、さまざまな料理が楽しめる。現在大阪では廃れた最古級の発祥地として蕎麦があり、これは関東では「砂場」の蕎麦屋の名門屋号として知られている。

昔からの土産物としては岩おこし昆布があり、現在は廃れたもののきゅうり大根などの伝統野菜(なにわ野菜)が見直されたり、和泉でしかできない水茄子や和泉の玉葱水菜など野菜の特産もある。特にネギは九条ネギ等の日本の青ネギの原種であり最古(奈良時代には既にあった記録が残る)の品種である難波(なんば)ネギの一大生産地として戦前まで栄え、難波(なんば)=ネギと代名詞ともなりこれは鴨南蛮の語源となったともされている。南河内では明治の頃より山梨に次ぐ古くから葡萄の栽培が盛んであり、現在でもその出荷量は全国上位に入る品種もある。近年では、葡萄の中でも日本古来6品種の一つで約400年前より大阪に伝わる「紫」葡萄が、特産の葡萄として復活させるべく栽培と普及が進められている。

昔から“大阪の味”として親しまれてきたものとしては、フグきつねうどんまむしなどがある。特にフグは全国消費量の約6割が大阪での消費であり、代表的な料理法としてはてっちりてっさが挙げられる。

過去には主に商人の食卓で、「半助」(蒲焼にした後のウナギの頭部)を使った炊き合わせや「船場汁」(サバなどの魚の骨でだしをとった吸い物)など、節約料理も数多く見られた。

鶴橋などのコリア・タウンがあることから焼肉の店も多く、日本でホルモン焼きが広まった最初の都市である。またインスタントラーメン日清食品)や酢昆布など、意外な大阪発祥の料理・食品も多い。

芸能[編集]

人形浄瑠璃発祥地であり本場。大坂相撲上方歌舞伎も盛んであった。このほかにも庶民の娯楽として、米沢彦八らが起源とされる上方落語漫才吉本新喜劇松竹新喜劇などのお笑い文化が栄えている。大阪は商業の町としての性格上、お互いに角の立たない円滑で穏和なコミュニケーション術が発達した。こうしたことが大阪でお笑い文化が花開く素地となったのではないかとされる。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Encyclopædia Britannica Online, Encyclopædia Britannica, (2009), http://www.britannica.com/EBchecked/topic/433718/Osaka 
  2. ^ Encyclopædia Britannica Online, Encyclopædia Britannica, (2009), http://www.britannica.com/EBchecked/topic/433716/Osaka 
  3. ^ Encarta, マイクロソフト, (2009), http://encarta.msn.com/encyclopedia_761578052/%C5%8Csaka.html 
  4. ^ 浅井建爾 『日本の地名がわかる事典』 日本実業出版、1998年、ISBN 4-534-02808-3
  5. ^ 大阪市史 大阪市役所編纂発行 大正二年十二月二十日発行の再版昭和二年三月二十日発行 巻第一 2ページ。
  6. ^ 大阪市も同日周辺町村の合併を実施したため、市域は拡大し人口も増加したが、東京市では関東大震災からの復興が進み、人口が急速に回復傾向にあったことや、東京市は隣接している周辺82町村の編入を一挙に実施したため、人口の増加数では東京市の方が圧倒的に多かった

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]