堺県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

堺県(さかいけん)は、1868年慶応4年)に和泉国および河内国の一部の旧幕府領旗本領を管轄するために明治政府によって設置された。当初の管轄地域は主に現在の大阪府南西部(和泉国)だが、のちに大阪府東部(河内国)、さらに奈良県全域(大和国)が編入された。

概要[編集]

江戸時代には天領で、大坂町奉行が管轄した堺の町地と旗本領であったその周辺は、江戸幕府の崩壊後に徳川氏から朝廷に接収されていたが、1868年(慶応4年)に入ると堺事件の発生などもあり、新しい行政組織の設立が急がれることとなった。そこで同年6月22日に設置されたのが堺県である(一説には当初は「境県」が正式名称だったとも言われている)。

初代知事は官選で小河一敏であった。上からの「仁政」すなわち民に情け深い政治をすべきだとの強い儒教思想の持ち主で、独自の県治方針を抱いていた。大雨で氾濫する大和川の治水工事を、官費では間に合わないので、自分や幹部の年俸を拠出して積極的に進めた。また、県札を発行して経済流通の活性化を図ったり、全国の小学校開設に先立って郷学校を再興し、県学として近代教育のスタートを切るなど、中央の統制を越えて積極的な地方行政を押し進めようとした。このため明治政府と対立し、明治3年10月に早々と免官になってしまう。

第2代の税所篤県令の時代にも、県師範学校・医学校・病院・女紅場(女学校)・堺版教科書の発行など教育行政や、堺灯台の建造など港湾改修、紡績所・レンガ工場の建設、堺博覧会など商工業振興のほか、浜寺公園大浜公園の開設など、先進的に県政が進んだ。

1881年(明治14年)に第2次府県統合に伴い大阪府へ合併され廃止された。これは、廃藩置県後の県の整理の一環とも見られるが、全国的に見ればその作業は完了しており、逆に大きすぎる県の分割の方に問題が移りつつあった中での合併であった(現実に堺県の合併以後、北海道の再編と第二次世界大戦後のアメリカ軍軍政施行によって一時廃止された沖縄県以外に都道府県が廃止された例はない)。そのため、府域が極めて狭い上、銀目廃止令による両替商の相次ぐ倒産や大名貸の不良債権化による経済の地盤沈下に直面していた大阪府を、「府」にふさわしい規模にするために行われたと考えられている。

その後、やはり府域が広大すぎることが問題視され、1887年(明治20年)11月4日には、かつて堺県の一部となっていた奈良県が再度分離されることになる。

沿革[編集]

管轄地域[編集]

第1次府県統合以前[編集]

河内県、狭山藩から編入された地域は、それぞれの項目を参照。なお相給が存在するため、村数の合計は一致しない。

第1次府県統合以降[編集]

  • 河内国一円
  • 和泉国一円

歴代知事[編集]

  • 1868年(慶応4年)6月22日 - 1870年(明治3年)8月19日 : 知事・小河一敏(前大阪府判事、元藩士
  • 1870年(明治3年)8月19日 - 1871年(明治4年)11月22日 : 知事・税所篤(前兵庫県権知事、元鹿児島藩士)
  • 1871年(明治4年)11月22日 - 1881年(明治14年)2月7日 : 県令・税所篤(前堺県知事)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

先代:
京都代官大坂町奉行
河内国和泉国内の
幕府領および旗本領の一部)
河内県
狭山藩
丹南県伯太県岸和田県吉見県
行政区の変遷
1868年 - 1881年
(一時奈良県高野山領を編入)
次代:
大阪府