仁徳天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
仁徳天皇
「東錦昼夜競 仁徳天皇」(部分)
楊洲周延画 明治19年(1886年

在位期間
仁徳天皇元年1月3日 - 同87年1月16日
時代 古墳時代
先代 応神天皇
次代 履中天皇

陵所 百舌鳥耳原中陵
漢風諡号 仁徳天皇
和風諡号 大鷦鷯天皇
大鷦鷯
別称 難波天皇
聖帝
父親 応神天皇
母親 仲姫命
皇后 葛城磐之媛
子女 履中天皇
住吉仲皇子
反正天皇
允恭天皇
大草香皇子
草香幡梭姫皇女
皇居 難波高津宮
テンプレートを表示

仁徳天皇(にんとくてんのう、神功皇后摂政57年 - 仁徳天皇87年1月16日)は、日本の第16代天皇(在位:仁徳天皇元年1月3日 - 同87年1月16日)。

略歴[編集]

応神天皇の第4皇子。母は五百城入彦皇子の孫・仲姫命(なかつひめのみこと)。4世紀末から5世紀前半に実在したと見られる。応神天皇崩御の後、最も有力と目されていた皇太子の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)と互いに皇位を譲り合ったが、太子の薨去により即位したという。『日本書紀』では皇位を譲るための自殺と伝えられる。この間の3年は空位である。

即位元年、難波高津宮に都を移す。即位2年、武内宿禰の孫娘の葛城磐之媛を皇后とした。即位4年、人家の(かまど)から炊煙が立ち上っていないことに気づいて3年間租税を免除した[1]。その間は倹約のために宮殿屋根さえ葺き替えなかったという記紀の逸話(民のかまど)に見られるように仁徳天皇の治世は仁政として知られる。「仁徳」の漢風諡号もこれに由来する。租税再開後は大規模な灌漑工事を実施し、広大な田地を得た。これらの業績から仁徳天皇は聖帝(ひじりのみかど)と称され、その治世は聖の世と称えられている。

一方で、記紀には好色な天皇として皇后の嫉妬に苛まれる人間臭い一面も描かれている。即位30年には異母妹の八田皇女までも妃にしようとしたことから、激怒した皇后はついに山背の筒城岡に別居するに至った。『日本書紀』では怒りを解かないまま皇后は即位35年に崩御、即位38年に天皇は八田皇女を皇后とした。一方で『古事記』では天皇が八田皇女を諦めたような描写がある。皇后との間には去来穂別尊(履中天皇)、 住吉仲皇子、瑞歯別尊(反正天皇)、雄朝津間稚子宿禰尊(允恭天皇)らを得た。また日向髪長媛との間に大草香皇子草香幡梭姫皇女雄略天皇皇后)を得た。即位67年に百舌鳥耳原を陵墓地と定め、即位87年に110歳で崩御。『古事記』に83歳。

[編集]

漢風諡号である「仁徳天皇」は、代々の天皇と同様、奈良時代に淡海三船によって撰進された。

事績[編集]

即位[編集]

応神天皇40年1月8日、兄の大山守命と大鷦鷯尊は父の天皇に「年長の子と年少の子はどちらがより愛おしいか?」と尋ねられた。大山守命が年長だと答えたが、大鷦鷯尊は末弟の菟道稚郎子に跡を継がせたいという父の気持ちを見抜いていたので「年少は未だ未熟であり大変心配で愛おしいものです」と答えた。1月24日、菟道稚郎子は皇太子に、大鷦鷯尊は太子の補佐役となり、大山守命は山川林野を任せられた。

翌年の応神天皇41年2月に父帝が崩御すると大山守命は菟道稚郎子から皇位を奪おうと軍勢を整えた。大鷦鷯尊が菟道稚郎子にこれを知らせると、菟道稚郎子は大山守命を罠に嵌めて川に落として溺死させた。しかし即位が決定したはずの菟道稚郎子は大鷦鷯尊に皇位を譲ろうとした。大鷦鷯尊はあくまで菟道稚郎子を即位させるつもりだったので三年も続く皇位の譲り合いが始まってしまった。貢物の届け先を巡って海人が右往左往する逸話が残っている。事態を重く見た菟道稚郎子は自ら死を選び(『古事記』では病死)、大鷦鷯尊が即位することとなった。

聖帝の治世[編集]

即位元年1月3日、難波の高津宮に遷した。大和国以外では初めての都となる。即位4年、天皇が高い山から国を見渡すと、どの家にも煙が昇っていなかった。これにより民衆が炊事もできないほど貧しいことを知った。そこで今後三年間、課税を労役を全てとりやめることにした。そして自らは、宮の屋根が壊れ雨漏りしても直すこともしなかった。三年が経過した即位7年、再び山の上から国を眺めると、どの家からも煙が立ち上っていた。諸国は課税再開を要請したが、結局即位10年まで課税停止は延長された。

その後は河内平野一帯で大規模な治水工事を行った。日本書紀には、次の事績が記されている。

  1. 河内平野における水害を防ぎ、また開発を行うため、難波の堀江の開削と茨田堤(大阪府寝屋川市付近)の築造を行った。
  2. 山背の栗隈県(くるくまのあがた、京都府城陽市西北~久世郡久御山町)に灌漑用水を引かせた。
  3. 茨田屯倉(まむたのみやけ)を設立した。
  4. 和珥池(わにのいけ、奈良市?)、横野堤(よこののつつみ、大阪市生野区)を築造した。
  5. 灌漑用水として感玖大溝(こむくのおおみぞ、大阪府南河内郡河南町辺り)を掘削し、広大な田地を開拓した。
  6. 紀角宿禰百済へ遣わし、初めて国郡の境を分け、郷土の産物を記録した。
  7. 紀角宿禰に無礼を働いたとして百済から日本に送られた酒君鷹狩を始めさせた。
  8. 朝貢を拒否した新羅に上毛野竹葉瀬田道の兄弟を派遣して討伐した
  9. 呉()と高麗(高句麗)が朝貢してきた。

また、古事記には、次のとおり記されている。

この天皇の御世に、大后おほきさき石之日売命の御名代みなしろとして、葛城部を定め、また太子ひつぎのみこ伊邪本和氣命の御名代として、壬生部を定め、また水歯別命の御名代として、蝮部たぢひべを定め、また大日下王の御名代として、大日下部を定め、若日下部の御名代として、若日下部を定めたまひき。

また、秦人をえだちて茨田堤また茨田三宅を作り、また丸邇池わこのいけ依網よさみ池を作り、また難波の堀江を掘りて海に通はし、また小椅江をばしのえを掘り、また墨江(すみのえ)の津を定めたまひき。

皇后の嫉妬[編集]

即位2年3月、葛城襲津彦の娘で武内宿禰の孫にあたる葛城磐之媛を皇后とした。難波を拠点とする天皇にとって、大和を押さえる葛城氏は重要な同盟者だった。磐之媛は去来穂別尊、瑞歯別尊、雄朝津間稚子宿禰尊を生み、それぞれが履中天皇反正天皇允恭天皇となった。以降、葛城氏は皇室の外戚として政権内で強大な権力を握った。

仁徳天皇は他にも多くの妃を持っていた。なおかつ皇后の磐之媛命は嫉妬深い人物だったため、女性関係に悩むことになった。『古事記』によると黒日売という美人が妃として宮中に召されたが、皇后の嫉妬を受け実家の吉備に逃げ帰ったという。『日本書紀』によると即位16年、女官の桑田玖賀媛(くわたのくがひめ)を気に入ったが皇后の嫉妬が強くて召し上げられず嘆いた。即位22年、今度は異母妹の八田皇女を妃にしようとしたが、またしても皇后の反対でかなわなかった。そして即位30年9月、皇后が宴のための御綱柏を取りに木国へ出かけた隙をついて天皇は八田皇女とまぐわってしまった。帰路、このことを伝え聞いた皇后は捕った葉を全て捨てた。そうとは知らない天皇は皇后を迎えに港まで行って歌を詠んだ。

  • 難波人 鈴船取らせ 腰なづみ 其の船取らせ 大御船取れ

しかし皇后の船は港を素通りした。皇后はそのまま川を遡り山背を通って実家の葛城に帰ってしまった。そこで天皇は家臣に歌を託して皇后の機嫌を取ろうとした

  • 山背に いしけ鳥山 いしけいしけ 我が思う妻に いしき会はむかも

皇后の心は変わらず、ついには山背の筒城岡に宮を築いて引きこもってしまった。天皇は口持臣(的臣の祖)を遣わしたが皇后は無視した。11月、ついに天皇は山背に行幸。道中で川の水に流れる桑の枝を見て、歌を詠んだ。

  • つのさはふ 磐之媛が おほろかに 聞さぬ 末桑の木 寄るましじき 川の隈々 寄よろほひ行くかも 末桑の木

そして筒城宮の前につくと皇后に向かって歌を詠んだ

  • つぎねふ 山背女の 木鍬持ち 打ちし大根 さわさわに 汝が言へせこそ 打ち渡す やが栄えなす 来入り参来れ
  • つぎねふ 山背女の 木鍬持ち 打ちし大根 根白の白腕 枕かずけばこそ 知らずとも言はめ

それでも皇后の怒りは解けず別居状態が続いた。即位31年1月、皇后との間に生まれた長男の去来穗皇子を太子とした。即位35年、皇后が5年間の別居の末に筒城宮で崩御。即位37年、乃羅山に葬られた。そして即位38年に八田皇女が皇后になった。このようなこともあり、即位40年に妃として望まれた雌鳥皇女は天皇を拒絶し、使者として遣わされた隼別皇子と結婚してしまった。私事を国事に及ぼさぬよう一度は黙認した天皇だったが、増長した二人は反逆を企てるにまで至っため激怒して誅殺した。その後は外交に注力しつつ即位87年に崩御。

「八十七年の春正月の戊子のついたち癸卯に、天皇、かむあがりましぬ」(『日本書紀』)。

「この天皇の御年、八十三歳やそじまりみとせ。分注-丁卯の年の八月十五日にかむあがりましき」(『古事記』)。

系譜[編集]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
豊城入彦命
 
毛野氏族]
 
 
 
 
 
10 崇神天皇
 
 
11 垂仁天皇
 
12 景行天皇
 
日本武尊
 
14 仲哀天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
倭姫命
 
 
13 成務天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 彦坐王
 
丹波道主命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 山代之大
筒木真若王
 
迦邇米雷王
 
 息長宿禰王
 
神功皇后
(仲哀皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15 応神天皇
 
16 仁徳天皇
 
17 履中天皇
 
市辺押磐皇子
 
飯豊青皇女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18 反正天皇
 
 
 
 
 
 
24 仁賢天皇
 
手白香皇女
(継体皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菟道稚郎子皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23 顕宗天皇
 
 
25 武烈天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19 允恭天皇
 
木梨軽皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20 安康天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21 雄略天皇
 
22 清寧天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春日大娘皇女
(仁賢皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
稚野毛
二派皇子
 
 意富富杼王
 
 乎非王
 
彦主人王
 
26 継体天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忍坂大中姫
(允恭皇后)
 
 


后妃・皇子女[編集]

  • 皇后(前):葛城磐之媛(いわのひめのみこと、石之日売命。葛城襲津彦の女)
  • 皇后(後):八田皇女(やたのひめみこ、矢田皇女。応神天皇の皇女)
  • 日向髪長媛(ひむかのかみながひめ。諸県君牛諸井の女)
  • 妃:宇遅之若郎女(うじのわきいらつめ、菟道稚郎姫皇女。応神天皇の皇女)
  • 妃:黒日売(くろひめ。吉備海部直の女)

年譜[編集]

『日本書紀』の伝えるところによれば、以下のとおりである[2]。『日本書紀』に記述される在位を機械的に西暦に置き換えた年代については「上古天皇の在位年と西暦対照表の一覧」を参照。

  • 神功皇后摂政57年?
    • 誕生
  • 応神天皇13年
    • 3月、父の応神天皇が呼び寄せた日向の髪長媛と出会う
    • 9月、髪長媛を譲られる
  • 応神天皇40年
  • 応神天皇41年
    • 2月、応神天皇崩御
    • 大山守皇子の反乱
    • 菟道稚郎子と皇位の譲り合い
  • 応神天皇43年(空位三年目)
    • 菟道稚郎子が薨去。菟道の山の上の陵に葬る
  • 仁徳天皇元年
  • 仁徳天皇2年
  • 仁徳天皇4年
    • 3月、人家の煙が無いことに気づき、三年間の課税停止を宣言
  • 仁徳天皇7年
    • 8月、壬生部と葛城部を定める(皇子と皇后の名代)
    • 9月、課税停止を続行
  • 仁徳天皇10年
    • 10月、課役再開、宮殿再建
  • 仁徳天皇11年
  • 仁徳天皇12年
    • 7月、高麗の朝貢
    • 10月、山背の栗隈県に堀を作る。
  • 仁徳天皇13年
    • 9月、茨田屯倉を作り春米部を定める。
    • 10月、和珥池・横野堤を作る
  • 仁徳天皇14年
    • 11月、猪甘津に橋を渡す。都に大道を作る。感玖に堀を作る
  • 仁徳天皇16年
    • 7月、桑田玖賀媛の悲恋
  • 仁徳天皇30年
    • 9月、異母妹の八田皇女を妃にしたため、皇后が山背の筒城岡に別居
  • 仁徳天皇31年
  • 仁徳天皇35年
    • 6月、皇后崩御
  • 仁徳天皇38年
  • 仁徳天皇40年
    • 2月、雌鳥皇女と隼別皇子の反乱
  • 仁徳天皇43年
  • 仁徳天皇53年
    • 5月、上毛野竹葉瀬と田道の兄弟に新羅征伐を命じる
  • 仁徳天皇55年
    • 上毛野田道に蝦夷征伐を命じる
  • 仁徳天皇58年
  • 仁徳天皇67年
    • 10月、陵墓地を定め百舌鳥耳原と名付ける
  • 仁徳天皇87年
    • 1月16日、崩御。110歳(『日本書紀』)。83歳(『古事記』)

皇居[編集]

高津宮址碑
大阪府大阪市

即位後は、都をそれまでの大倭、または大隅宮から大伴氏などが本拠地を置いていた難波に遷都し、宮居を難波高津宮(なにわのたかつのみや)とした。

宮址については、江戸時代の頃より諸説ある。現在の高津宮址の碑は、明治33年(1899年)に難波神社高津神社において執り行われた仁徳天皇千五百年大祭を祝して設置され、その後に移設されたものである。

陵・霊廟[編集]

仁徳天皇 百舌鳥耳原中陵
(大阪府堺市

(みささぎ)の名は百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)。宮内庁により大阪府堺市堺区大仙町にある遺跡名「大仙陵古墳(大山古墳)」に治定されている(位置)。宮内庁上の形式は前方後円。墳丘長525メートル、後円部286,33メートル、前方部幅347メートルもあるという調査結果が2018年4月12日に発表された。墳丘長、体積共に日本一の前方後円墳であり、世界的に見ても最大級の墳墓である。

『古事記』には「御陵は毛受(もず)の耳原にあり」、『日本書紀』には寿陵であったと記され、「(八十七年)冬十月の癸未の朔己丑に、百舌鳥野稜(もずののみささぎ)に葬(はぶ)りまつる」とある。『延喜式』諸陵寮には「百舌鳥耳原中陵。在和泉国大鳥郡。兆域東西八町。南北八町。陵戸五烟。」と記されている。陵名の由来は、陵墓造営中に野から鹿が走り込んできて絶命。その鹿の耳の中からモズが現れたことから地名を「百舌鳥耳原」と名づけられる(なお、モズは大阪府の鳥である)。また、この古墳の北と南にも大古墳があり(北陵は反正天皇陵、南陵は履中天皇陵)、「中陵」と名づけられている。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

伝承[編集]

日向髪長媛[編集]

応神天皇11年、誉田天皇(応神天皇)は日向国の髪長媛という麗しい娘の噂を聞き、二年後に都へ召し上げた。諸県君牛諸井(もろがたのきみ うしもろい)という豪族の娘である。その髪長媛が難波津に到着し、桑津邑に留まっていた際、即位前の大鷦鷯尊(仁徳天皇)は一目見るなり惚れこんでしまった。そこで大臣の武内宿禰を通じて髪長媛を譲ってもらえないか頼み込んだ。そこで誉田天皇は初めて髪長媛を召した宴席に大鷦鷯尊を加わらせた。そして髪長媛を差して歌を詠んだ。

  • いざ吾君 野に蒜摘みに 蒜摘みに 我が行く道に 香細し 花橘 下枝らは 人皆取り 上つ枝は 鳥居枯らし 三栗の 中つ枝の 含隱り 赤れる孃子 いざさかば 良な

この歌は天皇が髪長媛を諦めることを意味していた。喜んだ大鷦鷯尊は返歌をした。

  • 水渟る 依網の池に ぬな繰り 延へけく知らに 堰杙著く 川俣江の 菱殻の 刺しけく知らに 吾が心し いや愚にして

大鷦鷯尊と髪長媛はすぐに懇ろとなり、二人きりで歌を詠みあった

  • 道の後 こはだおとめを 神の如 聞えしかど 相枕まく
  • 道の後 こはだおとめを 争はず 寝しくをしぞ 愛しみ思ふ

奇譚[編集]

日本書紀』の即位60年以降には、いくつかの奇譚が記されている

  • 即位60年、白鳥陵日本武尊陵)の陵守の雑役免除を解こうとしたところ、陵守たちは白鹿になって逃げてしまった。
  • 即位62年、遠江国司から大井川に大木が流れてきたとの報告があった。倭直吾子籠を派遣して船とし、難波の都まで送った。
  • 即位62年、額田大中彦皇子が闘鶏(都祁村)に狩猟に出かけた折、闘鶏大山主が用いる氷室を発見した。以来、氷の貯蔵は毎年の宮中行事となった。
  • 即位65年、飛騨国両面宿儺という怪物がいた。一つの胴体に二つの顔があり、四つの手で二張りの弓矢を用いた。皇命に従わないため和珥臣の祖、難波根子武振熊が誅した。

考証[編集]

日本書紀』応神紀における吉備行幸や枯野船の逸話が『古事記』では仁徳記にある。このように事績の一部が父の応神天皇と重複・類似することから、元来は1人の天皇の事績を2人に分けたという説がある。また逆に、『播磨国風土記』においては、大雀天皇と難波高津宮天皇として書き分けられており、二人の天皇の事跡を一人に合成したとする見方もある。

なお『宋書』倭国伝に記される「倭の五王」中の讃(さん)または珍(ちん)、あるいは武(ぶ)の祖とされるに比定する説があるが、確定していない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松原聡 『日本の経済(図解雑学シリーズ)』 ナツメ社、2000年、228頁。
  2. ^ 『日本書紀(二)』岩波書店 ISBN 9784003000427

関連項目[編集]

外部リンク[編集]