古都

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

古都(こと)とは、ある国における古くからの、または昔にがおかれていた場所のことである。

上記の意味が転じて、現在では歴史的建造物などが残されている場所を古都として概念的に呼称している場合も多い。(慶州市西安ナポリヴェネツィアなど)、多くは観光地となっている。

日本での法律による古都の定義[編集]

日本の法律において「古都」は定義されていない。しかし、「古都保存法(古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法)」という政令では、京都市奈良市鎌倉市天理市橿原市桜井市斑鳩町明日香村逗子市及び大津市が施行の対象と定められている。これは住環境保全運動が制定の契機となった法律で、施行の対象を通念としての「古都」に限定するものではない。

古都と称されている都市の例[編集]

ヨーロッパ[編集]

ドイツ[編集]

他、各領邦国家の宮城所在地

フランス[編集]

スペイン[編集]

イタリア[編集]

ポーランド[編集]

ハンガリー[編集]

モンテネグロ[編集]

ルーマニア[編集]

ブルガリア[編集]

マケドニア共和国[編集]

トルコ[編集]

ウクライナ[編集]

ロシア[編集]

プロイセン[編集]

北欧[編集]

アジア[編集]

台湾[編集]

中華人民共和国[編集]

など

日本[編集]

朝鮮[編集]

ベトナム[編集]

インド[編集]

スリランカ[編集]

グルジア[編集]

北アメリカ[編集]

アメリカ合衆国[編集]

関連項目[編集]