熊津

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

熊津(ゆうしん・웅진・ウンジン)は、古代朝鮮の百済の古都であり、万葉仮名では久麻那利くまなりこむなり)、百済語では固麻那羅コマナル고마나루)と表記・呼称される。熊川(錦江)のほとりの都市であり、現在の忠清南道公州市にあたる。

475年高句麗長寿王が百済の国都・漢城(現在のソウル特別市)を陥落させ、百済の蓋鹵王を処刑すると、南方に逃れていた(あるいは新羅に救援を求めに行っていた)文周王が即位し、首都を熊津に移した。後に聖王538年に、さらに南方の泗沘(現在の忠清南道扶余郡)へ遷都するまでの63年間、百済の首都であった。新羅の統一の後、熊川州→熊州という名称を経て、高麗時代に公州に改称された。詳細は「公州市#歴史」を参照。現在も公州市には熊津洞という地名が残る。

百済の熊津への遷都の記事は以下の史料で確認できる。

  • 三国史記』百済本紀・文周王即位年(475年)10月条。
  • 三国遺事』王暦・文周王条には、「移都熊川」とある。
  • 日本書紀雄略天皇21年(477年)春3月条に「天皇聞。百済為高麗所破、以久麻那利賜汶洲王、救興其国」とある。

関連項目[編集]