ヒオス島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒオス島
Χίος
地理
GR Chios.PNG
座標 北緯38度25分 東経26度00分 / 北緯38.417度 東経26.000度 / 38.417; 26.000
面積 842.5 km2
行政
ギリシャの旗 ギリシャ
地方 北エーゲ
ヒオス県
中心地 ヒオス
統計
人口 51,936人 (2001現在)
人口密度 62 /km2

ヒオス島ギリシア語: Χίος / Khíos)は、エーゲ海東部に位置するギリシャ領の島。中心都市はヒオスキオス島とも表記される[1]トルコ語ではサクズ島Sakız Adası)と呼ばれる。

古くより交易の島として栄えた。11世紀に建設されたネア・モニ修道院は、他の2つの修道院とともにユネスコ世界遺産に登録されている。

地理[編集]

ヒオス島の衛星写真

エーゲ海の東部に位置する。幅約7kmのヒオス海峡 (Chios Straitトルコ領(アナトリア半島)と向かい合う。

南北の長さは約50km、東西の幅は最も広い地点で約29km。面積は842km2で、ギリシャでは5番目に大きな島である。

行政区画[編集]

ヒオス
Χίος
所在地
ヒオスの位置(ギリシャ内)
ヒオス
ヒオス
座標 北緯38度25分 東経26度0分 / 北緯38.417度 東経26.000度 / 38.417; 26.000座標: 北緯38度25分 東経26度0分 / 北緯38.417度 東経26.000度 / 38.417; 26.000
行政
国: ギリシャの旗 ギリシャ
地方: 北エーゲ
: ヒオス県
ディモス: ヒオス
人口統計 (2001年)
ディモス
 - 人口: 51,936 人
 - 面積: 842.5 km2
 - 人口密度: 62 人/km2
その他
標準時: EET/EEST (UTC+2/3)

自治体(ディモス)[編集]

ヒオス市Δήμος Χίου)は、北エーゲ地方ヒオス県に属する基礎自治体ディモス)である。ヒオス島全体をその市域とする。

現在のヒオス市は、カリクラティス改革(2011年1月施行)にともない、旧ヒオス市をはじめとするヒオス島の自治体が合併して発足した。旧自治体は、新自治体を構成する行政区(ディモティキ・エノティタ)となっている。

下表の番号は、下に掲げた「旧自治体」地図の番号に相当する。下表の「旧自治体名」欄は、無印がディモス(市)、※印がキノティタ(村)の名を示す。

旧自治体 綴り 政庁所在地 面積 km2 人口
1 ヒオス Χίος ヒオス 22.8 23,779
2 アイオス・ミナス英語版 Άγιος Μηνάς ティミアナ  (el 13.0 2,686
3 アマニ英語版 Αμανή ヴォリソス  (el 158.4 2,668
4 イオニア英語版 Ιωνία カリマシア  (el 48.3 4,650
5 カンポホラ英語版 Καμπόχωρα ハルキオ 50.6 3,154
6 カルダミラ英語版 Καρδάμυλα カルダミラ 182.5 2,920
7 マスティホホリア英語版 Μαστιχοχώρια ピルギ  (el 211.7 4,744
9 オミルポリ英語版 Ομηρούπολη ヴロンタドス  (el 155.0 7,335


著名な出身者・居住者[編集]

(「著名な出身者・居住者」の節はen:Chios (16:44, 6 July 2019UTC)を抄訳)

古代[編集]

ホメロス(紀元前8世紀)、詩人トゥキディデスの『戦史』の3.104.5節には、ホメロスが自身の出身地を述べた言葉として、「岩がちなヒオス島出身の盲目の老人」というセリフが出てくる。

エノピデス(Oenopides、紀元前490年頃 – 紀元前420年頃)、数学者、幾何学者。

ヒオスのヒポクラテス(Hippocrates of Chios、紀元前470年頃 – 紀元前410年頃)、著名な数学者、幾何学者、天文学者。

ヒオスのテオポンプス(Theopompus of Chios、紀元前378年 – 紀元前320年頃)、修辞歴史学者。

ヒオスのエラシストラトス(Erasistratus of Chios、紀元前304年–紀元前250年)、解剖学のパイオニア的存在、王室付き医師、古代アレキサンドリアの医学学校の創立者。静脈動脈神経のシステムにより体組織間がつながっていることを発見。

ヒオスのアリスト(Aristo of Chios、紀元前260年頃生まれ)、禁欲派の哲学者

クラウディア・メトロドーラ(Claudia Metrodora、活動年:54年頃–68年頃)、公共慈善活動家。

中世[編集]

聖マルケラ(Saint Markella、14世紀)、ギリシャ正教会の殉教者、聖人。

レオ・カロテトス(Leo Kalothetos、1315年–1363年)、ビザンツ帝国の地方知事。

ヒオスのレオナルド(Leonard of Chios)、ギリシャ・ドミニコ修道会の学者。

ジョヴァンニ・ジュスティニアーニ(Giovanni Giustiniani、1418年-1453年)、コンスタンティノープル陥落時の戦闘で戦死し、ヒオス島に埋葬。

ヒオスのマトローナ(Matrona of Chios、15世紀生まれ-1455年以前没)、ギリシャ正教会の聖人。

アンドレア・ビアンコ(Andrea Bianco、15世紀)、ジェノヴァ出身でヒオス島で暮らした地図製作者。

クリストファー・コロンブス(Christopher Columbus)、1982年、ルート・G・ドゥルラハー・ヴォルパー(Ruth G Durlacher-Wolper)の著書(『クリストフォロス・コロンブスの人物像を明かす新理論:ギリシャ・ヒオス島出身のビザンツ王子』"A new theory clarifying the identity of Christophoros Columbus: A Byzantine prince from Chios, Greece")で、コロンブスがヒオス島生まれとの仮説が出された。コロンブス自身はジェノヴァ共和国出身としていたが、当時のジェノヴァ共和国はヒオス島も領有していた。コロンブスのジェノヴァでの友人にはヒオス島出身者が多く、その著作でもヒオス島に言及し、ギリシャ語で記したメモ帳も残っている。「コロンブス」はヒオス島ではよく見られる姓である。ギリシャ語の綴りにはKouloumbis(Couloumbis、クルンビス)もある。

ヴィンチェンツォ・ジュスティニアーニ(Vincenzo Giustiniani)、イタリアの銀行家

フランシスコ・アルボ(Francisco Albo、16世紀)、世界初の世界周航を達成したマゼランの艦隊に参加した航海士。

レオ・アラティウス もしくは レオーネ・アラッチ(Leo Allatius or Leone Allacci, 1586年頃–1669年)、ギリシャ正教会の学者、神学

近現代[編集]

スキリツェス家(Scylitzes family), ルーツはビザンツ帝国時代。

マヴロコルダトス家(Mavrocordatos family)、オスマン帝国ファナリオティス階級に属していたギリシャ系の家系で、ルーツはヒオス島。

アタナシオス・パリオス(Athanasios Parios,1722–1813), ギリシャの聖職者神学者、哲学者、教育家、賛美歌収集家。

コリントのマカリウス(Macarius of Corinth, 1731–1805), コリント府主教、神秘主義作家、神学作家。

ヒオスのニケフォロス(Nikephoros of Chios, ca1750–1821), ネア・モニ(Nea Moni)修道院長, 神学作家ギリシャ正教会聖人

アレクサンドロス・コントスタヴロス(Alexandros Kontostavlos, 1789–1865), 政治家

アンヴロシオス・スカラマガス(Amvrosios Skaramagas, 1790–1864), 商人。

アレクサンドロス・ゲオルギオス・パスパティス(Alexandros Georgios Paspatis, 1814–1891), 言語学者、歴史学者、医師ロマ語研究者、ロマ文化研究者。

ジョージ・コルヴォコレッセス(George Colvocoresses, 1816–1872), 軍人、将校。

ムスタファ・カズナダル(Mustapha Khaznadar, 1817–1878), チュニス地方長官管轄区(Beylik of Tunis)首相。

ミチェル・エマニュエル・ロドカナチ(Michel Emmanuel Rodocanachi, 1821–1901), ロンドン貿易業者、銀行家

アンドレアス・シングロス(Andreas Syngros, 1830), 銀行家。ヒオス島出身。

コンスタンティノープル総主教コンスタンティノス5世(Patriarch Constantine V of Constantinople, 1833–?)

ラリー兄弟(Ralli Brothers, 18–19世紀), 19世紀の貿易会社の創業者。

イブラヒム・エドヘム・パシャ(Ibrahim Edhem Pasha, 1819–1893), オスマン帝国首相。

ナムク・ケマル(Namık Kemal, 1840–1888), 近代トルコ文学の代表的人物・確立者、ヒオス島に亡命、ヒオス島副長官(1886-1888)

オスマン・ハムディ・ベイ(Osman Hamdi Bey, 1842–1910), オスマン帝国の画家考古学者。

ジョージ・I・ゾロタス(George I. Zolotas, 1845–1906), ヒオス島史の研究者、ヒオスの高校の校長、5巻から成るヒオス島の歴史書(ギリシャ語)を残す。

ヨアンニス・プシハリス(Ioannis Psycharis, 1854–1929), 文献学者、ヒオス島出身。

コンスタンティノス・アマントス(Konstantinos Amantos, 1874–1960), ビザンツ学者、アテネ大学教授、アテネ・アカデミー会員。

スティリアノス・ミリアディス(Stylianos Miliadis), 画家。

コスティア・ヴラストス(Kostia Vlastos, 1883–1967), 銀行家、旧ヴラストス家出身。

ジョン・D・チャンドリス(John D. Chandris, 1890–1942), ギリシャの船主。

スタヴロス・リヴァノス(Stavros Livanos, 1891–1963), 海運業の重鎮。

フィリップ・パンデリ・アルゲンティ(Philip Pandely Argenti, 1891–1974), ヒオス島の古い貴族家系の出身、ヒオス島史の最大の歴史家、10以上のヒオス島の歴史書を残す。

ヨアンニス・デスポトプーロス(Ioannis Despotopoulos, 1903–1992), 建築家

コスタス・ペリコス(Kostas Perrikos, 1905–1943), ギリシャのレジスタンス運動家、レジスタンス組織PEANのリーダー。

ヤンニス・カラス(Yiannis Carras), 船主。

コスタス・M・レモス(Costas M. Lemos, 1910–1995), ギリシャの船主。

アダマンティオス・レモス(Adamantios Lemos, 1916–2006), 俳優。

アンソニー・J・アンゲリクーシス(Anthony J. Angelicoussis, 1918–1989), ギリシャの船主。

アンドレアス・パパンドレウ(Andreas Papandreou, 1919–1996), 政治家、ギリシャ首相。

アンソニー・J・チャンドリス(Anthony J. Chandris, 1924–1984), ギリシャの船主。

ミキス・テオドラキス(Mikis Theodorakis, 1925-), 作曲家。ヒオス島生まれ。

ヤニ・フリストゥ(Jani Christou, 1926–1970), 作曲家。

ジョージ・P・リヴァノス(George P. Livanos, 1926–1997), ギリシャの船主。

ペトロス・モリヴィアティス(Petros Molyviatis), 政治家。

スタマティオス・クリミギス(Stamatios Krimigis, 1938-), NASA宇宙科学者。

タキス・フォトプーロス(Takis Fotopoulos, 1940-), 政治評論家、ライター。

アダマンティオス・ヴァシラキス(Adamantios Vassilakis, 1942-), 外交官

ディミトリス・ヴァロス(Dimitris Varos, 1949-), 作家、詩人ジャーナリスト

テオドロス・ヴェニアミス(Theodoros Veniamis, 1950-), 船主。

ディモス・アヴデリオディス(Dimos Avdeliodis, 1952-), 作家、映画監督、劇場支配人。

マーク・パリオス(Mark Palios, 1952-), プロサッカー選手。ギリシャ系(ヒオス島にルーツ)。英国フットボールアソシエーション(FA)幹部(chief executive)。

マシュー・ミロンズ(Matthew Mirones, 1956-), ニューヨークの政治家。

ニコス・パテラス(Nikos Pateras, 1963-), 船主。

アンゲリキ・フラングー(Angeliki Frangou, 1965), 船主。

ジョン・シタラス(John Sitaras, 1972-), フィットネス経営者・主催者。

脚注[編集]

  1. ^ 亀長洋子『イタリアの中世都市』山川出版社、2011年、49頁。ISBN 978-4-634-34944-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]