ジョヴァンニ・ジュスティニアーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョヴァンニ・ジュスティニアーニ・ロンゴ (ギリシア語: Ιωάννης Λόγγος Ιουστινιάνης, Iōánnēs Lóngos Ioustiniánēs; ラテン語: Ioannes Iustinianus Longus; 1418年1453年6月1日) は、ジェノヴァ共和国の海軍軍人[1]ビザンツ帝国プロトストラトル[2]1453年のコンスタンティノープル包囲戦において、ジェノヴァ人とジェノヴァ領キオスのギリシア人からなる700人の部隊を率いて防衛軍に参加した。

コンスタンティノープル包囲戦[編集]

ジュスティニアーニは、全く個人的に資金を用意し、傭兵部隊を組織してビザンツ帝国に入り、ビザンツ皇帝コンスタンティノス11世から陸上の防衛を任された。彼は防衛軍をまとめ、ギリシア人とジェノヴァ人とヴェネツィア人の反目を押さえ、オスマン軍の砲撃を受けた城壁の修復にあたらせるために、防衛側にとってなくてはならない存在になった。この最後の包囲戦においてもコンスタンティノープルが2か月にわたり持ちこたえたのは、彼の力によるところが大きかった。

1453年5月29日、オスマン軍の最後の総攻撃が始まった時、城壁の上で戦っていたジュスティニアーニは砲撃もしくはクロスボウによって負傷させられた。その負傷場所についても、文献によって腕や脚、腰など諸説あるが、ともかく彼は持ち場を離れざるを得なくなった。彼が鍵のかかった城門を開けて市内へ退却したため、恐怖にかられた守備兵の一部がこの門から脱出しようと試み、防衛軍に動揺が起きた。

ジュスティニアーニが負傷し守備兵の士気が下がったのを見て取ったスルターンメフメト2世は再度攻勢をかけるよう命じ、ついにコンスタンティノープルは陥落した。ジュスティニアーニの臣下たちは、主人をつれて何とか街を脱出したが、ジュスティニアーニは傷がもとで6月1日に死去した。

遺体はキオス島に運ばれ、サン=ドメニコ教会に葬られた。墓はおそらく1881年の地震で失われてしまったが、いくつかの碑文が現存している[3]

脚注[編集]

  1. ^ Runciman, Steven. The fall of Constantinople, 1453
  2. ^ David Nicolle, John Haldon. The fall of Constantinople: the Ottoman conquest of Byzantium.
  3. ^ M. Philippides, W. K. Hanak, The Siege and the Fall of Constantinople in 1453, p. 543-545.

参考文献[編集]

  • Murr Nehme, Lina (2003). 1453: The Fall of Constantinople. Aleph Et Taw. ISBN 2-86839-816-2.