ミキス・テオドラキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミキス・テオドラキス
Μίκης Θεοδωράκης
Mikis2004.jpg
基本情報
生誕 (1925-07-29) 1925年7月29日
ギリシャの旗 ギリシャ共和国ヒオス島
死没 (2021-09-02) 2021年9月2日(96歳没)
ギリシャの旗 ギリシャアテネ

ミキス・テオドラキス (ギリシア語: Μίκης Θεοδωράκης, Mikis Theodorakis、 1925年7月29日 - 2021年9月2日)は、ギリシャ音楽家作曲家)。ギリシャにおける20世紀最大の音楽家[1]と言われ、ギリシャ芸術・文化、政治に多大な影響を与えた。

来歴・人物[編集]

クラシック、オペラ、バレエからギリシャでのポピュラー音楽、映画音楽と幅広い分野で作曲活動を行い、代表作としてカンタータではマリア・ファラントゥーリのために書かれた大作「大いなる歌 (Canto General)」(1980年)、バルセロナ五輪のために書いた「Canto Olympico1992年)」、映画音楽では「その男ゾルバ(Zorba the Greek、1964年)」、「Z(1969年)」「セルピコ1973年)」などがある。

当初より左派政治家としても活動し、第二次世界大戦時にはレジスタンスとして逮捕された。戦後の内戦時も左派として活動し、その後パリに逃れ、音楽を勉強する。国外に逃れた際もオペラを作曲するなどの活躍を見せる。

1967年には軍事クーデターに反抗して逮捕された。釈放後、軍事政権崩壊までパリで過ごした[2]1981年からのべ10年国会議員、大臣も経験した。

獄中での著作『抵抗の日記』(河出書房新社刊)がある。

2007年3月26日レジオンドヌール勲章を受章し、アテネのフランス大使館にて授与式が行われた[3]

2021年9月2日、死去[2]。96歳没。

作品[編集]

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番(1953)
  • 交響曲第2番「大地の歌」(1981)
  • 交響曲第3番(1981)
  • 交響曲第4番「合唱」(1987)
  • 交響曲第7番「春の交響曲」(1983)

映画音楽[編集]

  • 将軍月光に消ゆ』 I'll Met by Moonlight (1956)
  • 『ハネムーン』 Luna de miel (1960)
  • エレクトラ』 Elektra (1961)
  • 真夜中へ五哩』 Le Couteau dans la plaie (1962)
  • 死んでもいい』 Phaedra (1962)
  • その男ゾルバ』 Alexis Zorbas (1964)
  • 魚が出てきた日』 The Day the Fish Came Out  (1967)
  • Z』 Z (1969)
  • 『トロイアの女』 The Trojan Women (1971)
  • 『風雪の太陽』 Sutjeska (1973)
  • セルピコ』 Serpico (1973)
  • 戒厳令』 État de siège (1973)
  • 『ヘルリバー』<日本未公開> Partizani (1974)
  • 『イフゲニア』 Iphigenia (1978)
  • 『霧』 Le Brouillard (1989)

著書[編集]

  • 『抵抗の日記』(西村徹、杉村昌昭訳/河出書房新社/1975)

映画賞[編集]

英国アカデミー賞 作曲賞

  • 1969年 作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞)受賞 Z
  • 1973年 作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞)ノミネート 戒厳令
  • 1974年 作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞)ノミネート セルピコ

関連文献[編集]

  • Jean Boivin, Messiaen's Teaching at the Paris Conservatoire: A Humanist Legacy, in Siglind Bruhn, Messiaen's Language of Mystical Love (New York, Garland, 1998), 5-31: 10
  • George Giannaris: Mikis Theodorakis. Music and Social Change, Foreword by Mikis Theodorakis. G. Allen, London, 1972
  • Gail Holst: Myth & Politics in Modern Greek Music, Adolf M. Hakkert, Amsterdam, 1980
  • Mikis Theodorakis: Journals of Resistance. Translated from the French by Graham Webb, Hart-Davis MacGibbon, London, 1973
  • Mikis Theodorakis: Music and Theater, Translated by George Giannaris, Athens, 1983
  • Asteris Koutoulas: O Mousikos Theodorakis / Theodorakis the Musician (in Greek). "Nea Synora - A. A. Livami, 1998. ISBN 978-960-236-916-6
  • Guy Wagner: Mikis Theodorakis. Mia Zoi yia tin Ellada. Typothito - Giorgos Dardanos, 2002. ISBN 960-402-008-0 (The biography exists also in French: Mikis Theodorakis. Une Vie pour la Grèce. Editions Phi, Luxembourg, 2000; and in German: Mikis Theodorakis. Ein Leben für Griechenland. Editions Phi, Luxembourg, 1995)
  • George Logothetis: Mikis Theodorakis: the Greek soul, translated from the Greek by Phillipos Chatzopoulos, Agyra editions 2004, ISBN 960-422-095-0. The Chinese version has been published by Shanghai Baijia Publishing House in 2008, ISBN 978-7-80703-861-0.
  • Asteris Kutulas: Mikis Theodorakis. A Life in pictures (in German), Coffee-table book with 1 DVD & 2 CDs. Schott Music, Mainz 2010, ISBN 978-3-7957-0713-2
  • Arja Saijonmaa: En ung naken kvinna : mötet med Mikis (A young naked woman - the meeting with Mikis), ISBN 978-91-642-0345-8 (bound) Stockholm : Piratförlaget, 2011 Swedish 443 pages, [16] picture pages + 1 CD with four songs by Mikis Theodorakis.

脚注[編集]

  1. ^ Maura Ellyn; Maura McGinnis (1 August 2004). Greece: A Primary Source Cultural Guide. The Rosen Publishing Group. p. 86. ISBN 978-0-8239-3999-2. Retrieved 1 November 2012. Considered Greece's greatest living composer, Theodorakis has written many scores.
  2. ^ a b “ミキス・テオドラキス氏死去 映画「その男ゾルバ」のギリシャ作曲家”. 時事通信社. (2021年9月2日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021090200881 2021年9月3日閲覧。 
  3. ^ “ミキス・テオドラキス レジオン・ドヌール勲章を受章 - ギリシャ”. AFPBB NEWS. (2007年3月27日). https://www.afpbb.com/articles/-/2202689 2021年9月3日閲覧。 

外部リンク[編集]