ヴェルチェッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴェルチェッリ
Vercelli
ヴェルチェッリの風景
カヴール広場 (Piazza Cavour)
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Piedmont.svg ピエモンテ
Blank.png ヴェルチェッリ
CAP(郵便番号) 13100
市外局番 0161
ISTATコード 002158
識別コード L750
分離集落
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 46,834 [1](2015-01-01)
人口密度 586.5 人/km2
文化
住民の呼称 vercellesi
守護聖人 聖エウゼービオ (Sant'Eusebio)
祝祭日 8月1日
地理
座標 北緯45度19分0秒 東経8度25分0秒 / 北緯45.31667度 東経8.41667度 / 45.31667; 8.41667座標: 北緯45度19分0秒 東経8度25分0秒 / 北緯45.31667度 東経8.41667度 / 45.31667; 8.41667
標高 130 (116 - 147) [2] m
面積 79.85 [3] km2
ヴェルチェッリの位置(イタリア内)
ヴェルチェッリ
ヴェルチェッリの位置
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

ヴェルチェッリイタリア語: Vercelli ( 聞く))は、イタリア共和国ピエモンテ州にある都市であり、その周辺地域を含む人口約4万7000人の基礎自治体コムーネ)。ヴェルチェッリ県県都である。

トリノミラノの中間、ポー平原セージア川河畔に位置する都市である。

名称[編集]

イタリア語以外の言語では以下の名称を持つ。

地理[編集]

ヴェルチェッリ県概略図

位置・広がり[編集]

ヴェルチェッリ県南東部に位置するコムーネで、ノヴァーラから南西へ21km、ビエッラから南東へ39km、アレッサンドリアから北北西へ48km、ミラノから西南西へ62km、州都トリノから東北東へ64kmの距離にある[4]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

ドゥオーモ 
サンタンドレア修道院 
Piazza pajetta 
雪のカヴール広場 
夕暮れ 

歴史[編集]

ヴェルチェッリは北イタリアでも最も古い都市の一つであり、紀元前600年ごろまで遡ると考えられる。ラテン語でウェルケラエ (Vercellae) あるいは Vercelum と記されたこの都市は、リグリア人 (Liguresの一部族であった Libici あるいは Lebecili と呼ばれる人々の首都であった。ローマのもとで、この都市は重要なムニキピウムとなった。この都市の付近では紀元前101年ウェルケラエの戦いが行われ、ガイウス・マリウス率いるローマ軍がキンブリ族テウトネス族を打ち破った。

その500年後、マギステル・ミリトゥムスティリコは、ゴート族をこの地で全滅させた。ヒエロニムスの時代には、この都市の半ばは廃墟と化していた(olim potens, nunc raro habitatore semiruta (1, 3.1))。ランゴバルド族が侵入すると、この地はイヴレーア侯国の属地となった。885年からは神聖ローマ帝国の聖界諸侯たる司教領となった。

1120年、ヴェルチェッリは独立したコムーネ(都市国家)となった。ヴェルチェッリは第1次および第2次のロンバルディア同盟に参加した。その法令は、中世の共和国の中で最も興味深いものの一つとされる。1228年には、パドヴァにあったウニヴェルシタス(教師と学生の集団。のちのパドヴァ大学)がヴェルチェッリに移転して来た。ウニヴェルシタスはヴェルチェッリに1372年まで所在したが、特に目だった隆盛は示していない。ただし、その後も法科大学のみが維持された。

1307年には、異端とされたドルチーノ派英語版の指導者フラ・ドルチーノ英語版が、当地で火あぶりの刑に処せられた。

13世紀には、都市をさまざまな問題が襲い、ミラノのデッラ・トッレ家英語版(1263年)、モンフェッラート侯国(1277年)、ヴィスコンティ家のマッテオ1世 (Matteo I Visconti(1290年–1299年)が当地を支配した。その後、1301年から1334年まで、ギベリンのティッツォーニ家 (Tizzoni) とゲルフのアヴォガドリ家 (Avogadri) が都市の主導権を争った。ゲルフはたびたび追放され、1328年にはモンフェッラート侯国がヴェルチェッリを手に入れた。1334年には、自ら進んでミラノのヴィスコンティ家の庇護下に入った。1373年には、司教ジョバンニ・フィエスキ (Giovanni Fieschi) はヴィスコンティ家を追放したが、マッテオ・ヴィスコンティは都市を再征服した。ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ英語版の兄弟争いによって利益を得た傭兵隊長のファチーノ・カーネ (Facino Caneは、1402年にヴェルチェッリを支配下に収めたが、1404年にモンフェッラート侯テオドーロ2世 (Theodore II, Marquess of Montferratによって追放された。1427年、ヴェルチェッリはモンフェッラート侯からサヴォイア公国に譲渡された。

ヴェルチェッリは、1499年と1553年にフランスによって、1616年と1678年にスペインによって占領された。 1704年、フランス軍は要塞を破壊することに失敗し、ヴェルチェッリは長い包囲戦に耐えた。以後のヴェルチェッリは、サヴォイア家(1720年以後はサルデーニャ王国)と運命をともにしている。1821年には、憲法制定を求める蜂起が発生した。

社会[編集]

教育[編集]

姉妹都市[編集]

人物[編集]

著名な出身者[編集]

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]