バリャドリッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Valladolid

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

Mi ciudad.JPG
Flag of Castilla y León.svg カスティーリャ・イ・レオン州
Bandera de la provincia de Valladolid.svg バリャドリッド県
面積 197.31 km² [1]
標高 698m
人口 299,715 人 (2017年)
人口密度 1,519.01 人/km²
住民呼称 colomí/-mina
守護聖人 San Pedro Regalado、
Virgen de San Lorenzo
Valladolidの位置(スペイン内)
Valladolid
Valladolid
スペイン内バリャドリッドの位置
Valladolidの位置(バリャドリッド県内)
Valladolid
Valladolid
バリャドリッド県内バリャドリッドの位置

北緯41度39分07.13秒 西経4度43分42.82秒 / 北緯41.6519806度 西経4.7285611度 / 41.6519806; -4.7285611座標: 北緯41度39分07.13秒 西経4度43分42.82秒 / 北緯41.6519806度 西経4.7285611度 / 41.6519806; -4.7285611

バリャドリッドスペイン語: Valladolid IPA:[baʎaðoˈlið])は、スペインカスティーリャ・イ・レオン州バリャドリッド県ムニシピオ(基礎自治体)。カスティーリャ・イ・レオン州の州都であり、バリャドリッド県の県都である。かつてカスティーリャ王国スペイン王国の宮廷がおかれた。

バリャドリードバリャドリーバリャドリッバジャドリードバジャドリーバジャドリッなどとも表記される[2]。2017年の人口は299,715人であり、カスティーリャ・イ・レオン州やガリシア州などを含むスペイン北西部では最大の都市である。バリャドリッド都市圏の人口は2013年時点で414,281人であり、スペイン第20位の都市圏である。

地理[編集]

地勢[編集]

市街地を流れるピスエルガ川

ピスエルガ川が本流のドゥエロ川に合流する15km手前、ピスエルガ川の河岸に位置する工業都市である。スペイン中北部における交通の要所であり、農作物の集散地としての役割も果たしている。近隣の大都市としては、約110キロ南西のサラマンカ、120キロ北西のレオン、160キロ南東のマドリードなどが挙げられる。

ドゥエロ川の流域はスペイン有数のワイン生産地であり、バリャドリッド周辺にはリベラ・デル・ドゥエロ (DO)ルエダ (DO)スペイン語版トロ (DO)英語版ティエラ・デ・レオン (DO)英語版シガレス (DO)英語版の5つのデノミナシオン・デ・オリヘン(原産地呼称)がある。

気候[編集]

バリャドリッドは北メセタの中央部にあり、中心部の標高は735メートル、自治体の最低地点は617メートル、最高地点は863メートルである。内陸部にあること、標高が高いことが気候に影響を与えている。ケッペンの気候区分では地中海性気候であるが、降水量が少なく乾燥した気候であるためステップ気候の要素も大きい。夏季は暑いが、冬季は寒くて風が強く、降雪もある。よく霧が発生する。降水は春季と晩秋に多く、夏季は少ない。年間降水量は435mmであり、年間相対湿度は65%である。気温の年較差は大きく、夏季の平均最高気温は摂氏30度となるが、冬季は頻繁に氷点下となり、摂氏マイナス8度まで下がることも珍しくない。1995年7月19日には摂氏40.2度を記録した(最高気温記録)。

バリャドリッド(1981–2010) (極値:1971–2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 17.2
(63)
23.6
(74.5)
25.0
(77)
29.7
(85.5)
34.4
(93.9)
37.6
(99.7)
40.2
(104.4)
39.5
(103.1)
38.2
(100.8)
30.2
(86.4)
23.2
(73.8)
21.4
(70.5)
40.2
(104.4)
平均最高気温 °C (°F) 8.2
(46.8)
11.2
(52.2)
15.2
(59.4)
16.9
(62.4)
21.0
(69.8)
27.0
(80.6)
30.7
(87.3)
30.1
(86.2)
25.6
(78.1)
18.9
(66)
12.4
(54.3)
8.6
(47.5)
18.8
(65.8)
日平均気温 °C (°F) 4.2
(39.6)
5.9
(42.6)
9.0
(48.2)
10.7
(51.3)
14.5
(58.1)
19.3
(66.7)
22.3
(72.1)
22.1
(71.8)
18.5
(65.3)
13.2
(55.8)
7.9
(46.2)
5.0
(41)
12.7
(54.9)
平均最低気温 °C (°F) 0.2
(32.4)
0.7
(33.3)
2.8
(37)
4.6
(40.3)
7.9
(46.2)
11.6
(52.9)
14.0
(57.2)
14.1
(57.4)
11.3
(52.3)
7.6
(45.7)
3.5
(38.3)
1.3
(34.3)
6.6
(43.9)
最低気温記録 °C (°F) −18.8
(−1.8)
−16
(3)
−12.4
(9.7)
−6.5
(20.3)
−5.4
(22.3)
−0.5
(31.1)
2.4
(36.3)
2.4
(36.3)
−0.4
(31.3)
−5.6
(21.9)
−9.2
(15.4)
−12.6
(9.3)
−18.8
(−1.8)
降水量 mm (inch) 40
(1.57)
27
(1.06)
22
(0.87)
46
(1.81)
49
(1.93)
29
(1.14)
13
(0.51)
16
(0.63)
31
(1.22)
55
(2.17)
52
(2.05)
53
(2.09)
433
(17.05)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 6 5 5 8 8 5 2 2 4 8 7 8 68
湿度 83 72 62 62 60 52 45 48 56 70 79 84 64
平均月間日照時間 101 147 215 232 272 322 363 334 254 182 117 89 2,624
出典 1: スペイン気象庁(AEMet)[3]
出典 2: スペイン気象庁(AEMet)[4]

人口[編集]

バリャドリッドの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[5]、1996年 - [6]

歴史[編集]

ケルト人が居住していたが、ローマ帝国に征服され支配下におかれた。その後、西ゴート王国の支配を経て、一時は勢力であるウマイヤ朝の侵入を受けた。その後、キリスト教勢力によるレコンキスタ(再征服運動)が進展する中で、11世紀にレオン王国のもと都市が建設され、キリスト教勢力にとっての根拠地の1つとなった。

イサベルとフェルナンドの婚姻(1469年)

1346年にはバリャドリッド大学も設立され、学芸の振興も図られた。1469年10月19日には、カスティーリャ女王イサベル(後のイサベル1世)とアラゴン国王フェルナンド(後のフェルナンド2世)がバリャドリッドで婚礼を行ってスペイン王国が成立した。1561年までのスペインには明確な首都が存在しなかったが、バリャドリッドやトレドなどに宮廷が置かれた。

1445年から1616年にはサン・パブロ教会英語版が建設された。1550年から翌年にかけて、この地でラス・カサス(『インディアスの破壊に関する簡潔な報告』でアメリカ大陸における現地民迫害を告発したドミニコ会士)は「バリャドリッド論争」を行い、セプルベダと論戦を繰り広げた。

1572年のバリャドリッド

1527年にはスペイン王フェリペ2世がバリャドリッドで生まれている。フェリペ2世は1561年に宮廷をマドリードに移し、以後はマドリードがスペイン王国の事実上の首都となった。フェリペ2世の子であるスペイン王フェリペ3世はマドリード生まれであるが、1601年から6年間のみ宮廷をバリャドリッドに移している。1606年に再びマドリードに宮廷が移ると、バリャドリッドは200年以上にも及ぶ長い衰退期に入った。1688年にはバリャドリッド大聖堂英語版が完成した。

カスティーリャ・イ・レオン州議会

1833年スペイン地方行政区分再編ではスペイン全土に49県が設置され、バリャドリッドはバリャドリッド県の県都となった。なお、バリャドリッド県を含む8県はカスティーリャ・ラ・ビエハ地域に区分されている。1860年にはバリャドリッドに鉄道が到達し、1895年にはバリャドリッドからブルゴス県アランダ・デ・ドゥエロを通ってサラゴサ県アリサ英語版に至るバリャドリッド=アリサ鉄道スペイン語版が開通した。鉄道の敷設を契機として工業化が進展し、人口も激増していった。1936年に勃発したスペイン内戦では、早い段階でフランコ将軍の勢力下におかれた。第二次世界大戦後の1953年にはルノー・バリャドリッド工場が操業を開始するなど、外国資本の流入などもみられている。

1983年3月2日にカスティーリャ・イ・レオン州が設置されると、州政府と州議会が置かれたバリャドリッドはカスティーリャ・イ・レオン州の事実上の州都となった。なお、州高等裁判所はバリャドリッドではなくブルゴス県ブルゴスに置かれている。2007年には高速鉄道AVEマドリード-バリャドリッド高速線が開業し、険しいグアダラマ山脈を隔てた首都マドリードまでの所要時間が約1時間に短縮された。

政治[編集]

スペインのムニシピオ(基礎自治体)は市長と市議会議員が行政をつかさどっている。18歳以上の選挙権所有者による普通選挙で市議会議員が選出され、議会内の投票によって市議会議員の中から市長が選出される。1995年から2015年までは国民党(PP)のフランシスコ・ハビエル・レオン・デ・ラ・リバが市長を務めていたが、2015年にはスペイン社会労働党(PSOE)のオスカル・プエンテ・サンティアゴが市長に就任した。

首長一覧(1979-)
任期 首長名 政党
1979–1983 Tomás Rodríguez Bolaños スペイン社会労働党(PSOE)
1983–1987 Tomás Rodríguez Bolaños スペイン社会労働党(PSOE)
1987–1991 Tomás Rodríguez Bolaños スペイン社会労働党(PSOE)
1991–1995 Tomás Rodríguez Bolaños スペイン社会労働党(PSOE)
1995–1999 Francisco Javier León de la Riva 国民党(PP)
1999–2003 Francisco Javier León de la Riva 国民党(PP)
2003–2007 Francisco Javier León de la Riva 国民党(PP)
2007–2011 Francisco Javier León de la Riva 国民党(PP)
2011–2015 Francisco Javier León de la Riva 国民党(PP)
2015– Óscar Puente Santiago スペイン社会労働党(PSOE)

社会[編集]

教育[編集]

バリャドリッドには公立大学(州立)のバリャドリッド大学と私立大学のミゲル・デ・セルバンテス・ヨーロッパ大学英語版がある。2002年には私立大学のミゲル・デ・セルバンテス・ヨーロッパ大学が開校した。社会学部、法学・経済学部、健康科学・工学部の3学部があり、約1,500人の学生が学んでいる。10周年を迎えた2012年にはキャンパスを拡張して新館を建設した。

バリャドリッド大学は1202年から1208年に開校したパレンシア大学英語版を移転する形で1241年に開校した。ヨーロッパ有数の歴史を持ち、スペインではサラマンカ大学に次ぐ歴史の長さである。バリャドリッド市内にはウエルタ・デル・レイ、セントロ、リオ・エスグエバ、ミゲル・デリベスという4つのキャンパスがあり、またパレンシア県パレンシアソリア県ソリアセゴビア県セゴビアにもキャンパスを構えている。

バリャドリッドの各キャンパスには理学部、経済学・経営学部、商学部、法学部、教育学・社会労働学部、哲学・文学部、看護学部、医学部があり、さらに建築高等工科学校、電気通信技術高等工科学校、コンピュータ工学校、産業工学校がある。パレンシアには労働科学部があり、ソリアには翻訳・通訳学部があり、セゴビアには教育学部、社会学・法学・コミュニケーション科学部がある。2018年時点では約32,000人の学生が学んでいる。

交通[編集]

バリャドリッド空港を発着する軍用機
バリャドリッド周辺の道路網
航空

バリャドリッド市街地の北西11キロメートルには軍民共用のバリャドリッド空港があり、3000メートルの滑走路1本を有している。1910年に市街地近くに建設された空港がルーツであり、1938年に現在地のビリャヌブラ英語版に移転した。1950年代以降にはたびたび拡張され、2000年には新しい旅客ターミナルも完成した。この空港はカスティーリャ・イ・レオン州における中核空港である。バルセロナ=エル・プラット空港セビリア空港には通年で定期便が運航されており、バレアレス諸島カナリア諸島の諸空港などに対しては季節限定で定期便が運航されている。

鉄道

2007年12月22日にはマドリード-バリャドリッド高速線が開業し、バリャドリッドはAVEの高速鉄道網に組み込まれた。マドリードを出た列車はスペイン最長(28キロメートル)のグアダラマトンネル英語版グアダラマ山脈を抜け、セゴビア県の県都セゴビアを経由してバリャドリッドに至っている。マドリード=バリャドリッド間の路線距離は約180キロメートルであり、約2時間30分だった所要時間は1時間以下となった。

バリャドリッドはマドリードからスペイン北部に向かう高速鉄道路線の拠点駅であり、レオン県レオンを通ってアストゥリアス州オビエドヒホンに向かう路線、ブルゴス県ブルゴスを通ってバスク州ビトリア=ガステイスビルバオサン・セバスティアンに向かう路線などが建設中である。

道路

バリャドリッドからは高速道路が放射状に延びている。北西に伸びるN-601号線はレオンへ、北東に伸びるA-62号線(欧州自動車道路E80号線)はパレンシアやブルゴスへ、東へ伸びるA-11号線はアランダ・デ・ドゥエロへ、南東へ伸びるA-601号線はセゴビアへ至る。また、マドリードガリシア州を結ぶ大動脈のA-6号線英語版はバリャドリッド郊外のトルデシリャスを通っている。

文化[編集]

映画祭[編集]

1956年にはバリャドリッド国際映画祭が初開催された。ヨーロッパ有数の歴史を持つ映画祭であるとされる。スペイン黄金世紀演劇の劇作家であるペドロ・カルデロン・デ・ラ・バルカに因むカルデロン劇場英語版を主会場としている。特にインディペンデント映画や作家主義映画に重点を置いているとされる。フランコ体制下(1939年-1975年)における国家的検閲の目をかいくぐって、本来であればスペインでは上映できない作品を多数上映した。1975年の映画祭ではスタンリー・キューブリック監督の『時計じかけのオレンジ』(1971年)をスペインで初めて上映した。

スポーツ[編集]

ポリデポルティーボ・ピスエルガ
フェリペ6世から国王杯を渡されるCRエル・サルバドールの選手
サッカー

バリャドリッドでもっとも大きなサッカークラブはレアル・バリャドリッドであり、レアル・バリャドリッドは「乙女」(Pucela)という愛称を持つ。2018-19シーズンはプリメーラ・ディビシオンに属している。フェルナンド・イエロホセ・ルイス・カミネロルベン・バラハはレアル・バリャドリッドからデビューしてスペイン代表選手となった。エスタディオ・ホセ・ソリージャをホームスタジアムとしており、1982年に竣工したこのスタジアムは同年のスペイン・ワールドカップでも会場の一つとなった[7]

バスケットボール

バリャドリッドを本拠地とするバスケットボールクラブには、1976年に設立されたCBバリャドリッド英語版があった。CBバリャドリッドは39シーズン中35シーズンをリーガACB(1部)に在籍し、リトアニア代表アルヴィーダス・サボニスブラジル代表オスカー・シュミットなどがプレーした。ポリデポルティーボ・ピスエルガ英語版をホームアリーナとしていたが、CBバリャドリッドは財政難により2015年に解散した。同年には後継クラブとしてCBシウダ・デ・バリャドリッド英語版が設立され、2018-19シーズンはLEBオロ(2部)に在籍している。

ハンドボール

バリャドリッドを本拠地とするハンドボールクラブには、1991年に設立されたBMバリャドリッド英語版があった。BMバリャドリッドは1991年から2014年までのすべての期間をリーガASOBAL(1部)に在籍し、国内カップのコパ・デル・レイでは2004-05シーズンと2005–06シーズンの2度優勝し、欧州カップのEHFカップでは1998-99シーズンに準優勝、EHFカップウィナーズカップ英語版では2008-09シーズンに優勝している。ポリデポルティーボ・ウエルタ・デル・レイ英語版をホームアリーナとしていたが、BMバリャドリッドは2014年に解散した。

ラグビーユニオン

スペインではラグビーユニオンはマイナースポーツとされるが、バリャドリッドはスペイン有数の「ラグビーの町」として知られている。ディビシオン・デ・オノール(1部)では、1997-98シーズンから2017-18シーズンまでの21シーズンのうち15シーズンはバリャドリッドに本拠地を置くクラブが優勝している。バリャドリッドRACは2010年代の6回を含む8回の優勝経験があり、CRエル・サルバドール英語版も2000年代の5回を含む8回の優勝経験がある。両クラブともエスタディオ・ペペ・ロホ英語版をホームスタジアムとしている。

建築物[編集]

バリャドリッドの旧市街には多数の歴史的建造物、カトリック教会、宮殿、広場、公園などがある。スペイン国立彫刻博物館英語版パティオ・エレリアーノ・スペイン現代美術館スペイン語版バリャドリッド東洋博物館スペイン語版セルバンテス邸英語版ソリージャ邸スペイン語版などの博物館・美術館がある。

ギャラリー[編集]

出身者[編集]

姉妹都市・友好都市[編集]

姉妹都市
友好都市

脚注[編集]

  1. ^ Población, superficie y densidad por municipios” (スペイン語). INE(スペイン国立統計局). 2012年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月16日閲覧。
  2. ^ スペイン語でllは[ʎ]の音で実現され、この音は「ジ」のように聞こえることが多い。ジェイスモを参照。
  3. ^ Valores climatológicos normales. Valladolid” (Spanish). スペイン気象庁(AEMet). 2014年8月20日閲覧。
  4. ^ Valores extremos. Valladolid Aeropuerto” (Spanish). スペイン気象庁(AEMet). 2012年9月22日閲覧。
  5. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  6. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  7. ^ World Cup 1982 finals”. RSSSF. 2018年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]