ブルゴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Burgos

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

Burgos city view facing south east.jpg
Flag of Castilla y León.svg カスティーリャ・イ・レオン州
Flag Burgos Province.svg ブルゴス県
面積 107.06 km²
標高 856m
人口 175,921 人 (2018年)[1]
人口密度 1,643.2 人/km²
住民呼称 burgalés/-esa
Burgosの位置(スペイン内)
Burgos
Burgos
スペイン内ブルゴスの位置
Burgosの位置(ブルゴス県内)
Burgos
Burgos
ブルゴス県内ブルゴスの位置

北緯42度20分57秒 西経3度41分05秒 / 北緯42.34917度 西経3.68472度 / 42.34917; -3.68472座標: 北緯42度20分57秒 西経3度41分05秒 / 北緯42.34917度 西経3.68472度 / 42.34917; -3.68472
ブルゴス公式サイト

ブルゴススペイン語: Burgos, スペイン語: [ˈbuɾɣos])は、スペインカスティーリャ・イ・レオン州ブルゴス県ムニシピオ(基礎自治体)。ブルゴス県の県都である。2018年の人口は175,921人。スペイン北部における交通の要所であり、幾度も軍事拠点にされた歴史を持つ。

地理[編集]

ブルゴスはアルランソン川沿いの丘陵地帯に位置し、農業・工業ともに盛んである。近隣の大都市としては、約115 km南西にカスティーリャ・イ・レオン州の州都であるバリャドリッド、約100 km北東にバスク州の州都であるビトリア=ガステイスがある。

人口[編集]

ブルゴスの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3]

歴史[編集]

この付近には古代よりケルト人の集落が存在していた。ブルゴスの郊外にはアタプエルカ遺跡があり、人類化石が出土している。その後、9世紀末にアストゥリアス王国によって城塞都市が建設された。標高850メートル程度の丘陵地帯に位置しており、レコンキスタ(キリスト教徒によるイスラム教徒排斥運動)初期における軍事上の根拠地となった。

11世紀以降にはトレドマドリードとともに、ブルゴスもカスティーリャ王国の都となった[4]。スペインの英雄である軍人のエル・シッドは、ブルゴス近郊で生まれてブルゴスで教育を受けたため、街中にはエル・シッドの像が複数箇所に建てられている。例えば、アルランソン川に架けられた橋の近くだけでも、劇場の前の広場、サンタ・マリーア門の一部にエル・シッドの像が存在している。サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の主要なルートはブルゴスを通っている。1221年にはブルゴス大聖堂の建設が着工され、16世紀に完成した。

1572年のブルゴス

1930年代後半のスペイン内戦においては、反政府軍のフランシスコ・フランコ側の拠点となった。1970年にはブルゴスで、テロ組織バスク祖国と自由(ETA)の活動家6人が死刑判決を受けたブルゴス裁判スペイン語版(軍事裁判)が行われた。ブルゴス裁判は国内外に大きな影響を与え、ヨーロッパやラテンアメリカの各国政府が判決に抗議したほか、スペイン全土で大規模な抗議運動が起こり、1979年にはイマノル・ウリベ監督によって映画化までされている。

2008年にはブルゴス空港英語版が旅客便の運航を開始した。2010年7月13日には人類進化博物館英語版が開館した。同年12月31日までに148,045人が入館しており、カスティーリャ・イ・レオン州で最も入館者数の多い博物館となった。2013年には「スペイン美食首都」に選出された。2015年にはユネスコによって「美食都市」に選出され、またユネスコの創造都市ネットワーク(食文化分野)に加盟した。

交通[編集]

ブルゴス空港

歴史的にバスク地方カスティーリャ地方を結ぶ交通の要所であり、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の主要なルートはブルゴスを通っている。ブルゴスとスペインの首都マドリードは高速道路N-1号線でも結ばれている。

鉄道駅としてはブルゴス・ローサ・デ・リマ駅スペイン語版が設置されている。アランダ・デ・ドゥエロを経由してスペインの首都マドリード方面の南へ向かう鉄道路線、北東約80 kmに位置するミランダ・デ・エブロへ向かう鉄道路線、南西のベンタ・デ・バニョスへ向かう鉄道路線が敷設されている。将来的には高速鉄道AVEでマドリードと結ばれる予定である。

ブルゴス市街地の4km東にはブルゴス空港英語版がある。1927年7月19日に設立され、長らく軍用空港だったが、2008年7月3日に初めて商業飛行が行われた。バルセロナ=エル・プラット空港に向かう定期便が運航されている。

大聖堂[編集]

ブルゴス大聖堂

ブルゴス大聖堂(サンタ・マリーア大聖堂)は、13世紀に着工し、16世紀に竣工した。この大聖堂はユネスコの世界遺産に登録されており、中世の民族的英雄エル・シッドとその妻などが埋葬されている。大聖堂の前には、サンタ・マリーア広場(Plaza de Santa María)がある。また、近くにはサンタ・マリーア門(Arco de Santa María)があり、この門にもエル・シッドの像が存在する。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Población, superficie y densidad por municipios” (スペイン語). INE(スペイン国立統計局). 2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月2日閲覧。
  2. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  3. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  4. ^ カスティーリャ王国は明確な首都を持たなかった。

外部リンク[編集]