シエーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シエーナ
Siena
シエーナの風景
シエーナの旗 シエーナの紋章
紋章
行政
イタリアの旗 イタリア
トスカーナ州の旗 トスカーナ
県/大都市 Blank.png シエーナ
CAP(郵便番号) 53100, 53010
市外局番 0577
ISTATコード 052032
識別コード I726
分離集落 Costalpino, Isola d'Arbia, Taverne d'Arbia, San Miniato, Vignano, Ruffolo
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 53,772 [1](2017-01-01)
人口密度 453 人/km2
文化
住民の呼称 senesi
守護聖人 Sant'Ansano
祝祭日 12月1日
地理
座標 北緯43度20分0秒 東経11度20分0秒 / 北緯43.33333度 東経11.33333度 / 43.33333; 11.33333座標: 北緯43度20分0秒 東経11度20分0秒 / 北緯43.33333度 東経11.33333度 / 43.33333; 11.33333
標高 322 (166 - 414) [2] m
面積 118.71 [3] km2
シエーナの位置(イタリア内)
シエーナ
シエーナの位置
シエーナ県におけるコムーネの領域
シエーナ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

シエーナイタリア語: Siena ( 音声ファイル))は、イタリア共和国トスカーナ州中部にある都市であり、その周辺地域を含む人口約5万3000人の基礎自治体コムーネ)。シエーナ県の県都である。カナ転記としては「スィエーナ」が現地音に近い。「シエナ」とも表記される。

中世には金融業で栄えた有力都市国家であり、13世紀から14世紀にかけて最盛期を迎えた。トスカーナ地方の覇権をフィレンツェと競い、またその経済力を背景として、ルネサンス期には芸術の中心地のひとつであった。中世の姿をとどめる旧市街は「シエーナ歴史地区」として世界遺産に登録されている。

名称[編集]

Siena[ˈsjɛna] あるいは [ˈsjena] と発音される[4]。子音とアクセントの関係から、カナ転記としては「スィエーナ[5][6]が現地音に近い。

日本語文献では「シエーナ[6]のほか、「シエナ[7][8][9][10][11]とも記される。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

トスカーナ州の南東部にあたるシエーナ県の西北部に位置する。州都フィレンツェからは南へ約50km、首都ローマからは北西へ約185km、リヴォルノからは南南東へ約87km、ペルージャからは西北へ約89kmの距離にある。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

歴史[編集]

シエーナ共和国庁舎、鐘楼は1344年完成

古代から中世へ[編集]

この地方の丘陵上の都市と同様、エトルリア人の居住地に都市の起源があるとされるが、シエーナの古代の姿は明らかではない。ローマ時代には主要な街道からも外れており、キリスト教が伝わったのも4世紀であった。シエーナが重要な都市として姿を現し、歴史の上に明確な位置を占めるようになるのは、中世以降となる。

6世紀半ば、ランゴバルド人は北イタリアに侵入し、ランゴバルド王国を建国した。アウレリア街道カッシア街道といったローマ時代の幹線道路は東ローマ帝国側の勢力下にあったため、ランゴバルド人たちは北方とローマを結ぶ安全な交易路としてシエーナを経由する道をとった。またローマへ往来する巡礼者たちが恒常的にいたことで、シエーナには安定した収入がもたらされ、シエーナは交易の拠点として繁栄を見せるようになった。774年、シエーナの貴族はカール大帝に降伏し、フランク王国の領域に入った。

シエーナ共和国[編集]

共和国の勃興[編集]

1115年、北イタリアの大領主であったトスカーナ女伯マティルデ・ディ・カノッサが後継者なく没すると、その領域は細分化されて自治的な勢力が勃興し、都市国家群が生まれることになる。金融の一大センターとなり、また羊毛取引の重要な担い手として成長したシエーナでは、市民による自治組織(コムーネ)が勢力を伸ばした。1167年、シエーナのコムーネは、司教による統治からの独立を宣言した。1179年には都市の憲章が制定されている。

カンポ広場は、13世紀初頭までには都市の世俗生活の中心として重要な役割を担うようになった。市場やスポーツ行事(サッカーの原型とされるカルチョ・フィオレンティノなど)の場として利用され、また新しい街路はカンポ広場を中心に作られた。1194年、カンポ広場に面した現在の市庁舎のある場所で、土壌浸食を防ぐための壁が建設されており、このことは広場が重要な役割を持つこととなったしるしと言えるだろう。

1240年にはシエーナ大学が設立された。シエーナ大学は法学と医学で知られた。

シエーナとフィレンツェ[編集]

市庁舎壁画、アンブロージョ・ロレンツェッティ『善政の効果』

シエーナ共和国は、内部に貴族と市民の間の対立を抱えながら、外に最大のライバルであるフィレンツェとの抗争を繰り広げた。教皇派と皇帝派の抗争では、フィレンツェが教皇派(ゲルフ)であったのに対抗し、シエーナは主に皇帝派(ギベリン)の立場に立っていた。1260年のモンタペルティの戦い英語版で、シエーナはフィレンツェに大勝を収めるも、1269年にはコッレ・ヴァル・デルサの戦い (Battle of Colle Val d'Elsaで大敗を喫している。この敗戦を契機にシエーナでは皇帝派の政府が倒れ、フィレンツェとの関係が改善された。

13世紀後半から14世紀半ばにかけて、ゴシック期からルネサンス期への移り変わる時代に、シエーナは最盛期を迎えている。ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャはシエーナを拠点に活躍し、シエナ派の祖とされる。アンブロージョ・ロレンツェッティはシエーナのプブリコ宮殿(市庁舎)の壁画(フレスコ画)として、「善政の効果」などを描いた。

14世紀後半から滅亡まで[編集]

1348年、黒死病の流行によりシエーナは打撃を受けている。14世紀後半以降には貴族と市民との内部抗争が激化し、政変が繰り返された。

1458年には、シエーナ出身のピウス2世が教皇に選出されている。1472年には、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行(通称モンテパスキ銀行)が創業している。現在営業している銀行では世界最古の歴史を持ち[12]、現在もシエーナに本店がある。

1487年、貴族党派のパンドルフォ・ペトルッチ (Pandolfo Petrucciが政権を掌握した。ペトルッチは1512年に没するまでシエーナをよく治め、芸術と科学を保護し、チェーザレ・ボルジアから都市を防衛した。しかしパンドルフォの死後、ペトルッチ家の内紛などにより政情は安定せず、皇帝カール5世はスペイン軍団にシエーナを占領させた。1552年、フランスと手を結んだシエーナ共和国はスペイン兵を追放したが、カール5世は傭兵隊長ジャン・ジャコモ・メディチ (Gian Giacomo Mediciを派遣してシエーナの攻略に当たらせた。1555年4月17日、シエーナはスペインに降伏し、シエーナ共和国は終焉を迎える。1559年のカトー・カンブレジ条約で、スペインはシエーナをフィレンツェ公国(のちにトスカーナ大公国)に割譲した。以後、20世紀のイタリア統一まで、シエーナはトスカーナ大公国領となる。

人口[編集]

人口推移[編集]

政治[編集]

2011年5月16日に行われた市長選挙では、元レーシングドライバーで実業家のアレッサンドロ・ナンニーニが出馬して注目を集めた。この選挙では中道左派のフランコ・チェックッツィ (it:Franco Ceccuzziが当選している。

文化・観光・施設[編集]

旧市街[編集]

シエーナの旧市街は1995年に「シエーナ歴史地区」としてユネスコの世界遺産文化遺産)に登録されている。

市街は、カンポ広場を中心に、via di citta'、banchi di sopra、banchi di sottoの3つの通りが丘の尾根を放射状に外に向かって伸びており、これらが街の基本的な骨格となっている。

市街は17のコントラーダ(contrade)とよばれる地区に分けられている。年に2回、カンポ広場で行われるパーリオ (Palio) と呼ばれる裸馬のレースは、コントラーダ対抗の形で行われる(シエーナのパーリオ参照)。

教育[編集]

スポーツ[編集]

サッカー[編集]

プロサッカークラブであるSSローブル・シエーナが本拠を置く。ホームスタジアムはスタディオ・アルテミオ・フランキ。2017-18シーズンはセリエC(3部リーグ)に属している。

自転車ロードレース[編集]

2007年よりセミクラシックレース「ストラーデ・ビアンケ」が開催されている。ガイオーレ・イン・キアンティサン・ジミニャーノ等を起点とし、190~200キロメートル程度の行程を経て最後に都市内の激坂をクリア、カンポ広場へとゴールする。

姉妹都市[編集]

人物[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

  • シェンナ - 当地で産出する黄褐色の顔料で、その名はシエーナの地名に由来する。
  • シエナ派 - ルネサンス期、シエーナを中心に活動した画家群。

脚注[編集]

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2012 by sex and marital status” (英語). 2013年4月13日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Siena (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2012年8月21日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Siena (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2012年8月21日閲覧。
  4. ^ DiPI Online - Dizionario di Pronuncia Italiana”. 2018年6月7日閲覧。
  5. ^ 松浦弘明『快速マスター イタリア語』(語研、2013年)、p.6
  6. ^ a b -『イタリア学会誌』執筆規定-投稿者各位-各論文の統一性を図るために”. イタリア学会. p. 10. 2017年4月4日閲覧。。「シエナ」表記には「実際の音に対応できない」と批判的であり、「スィエーナ」を近似値としているが、これが煩瑣として「シエーナ」表記されることについては許容している。
  7. ^ google map”. 2013年4月13日閲覧。
  8. ^ 『現代地図帳 2006-2007』二宮書店、2006年、60頁。
  9. ^ 『なるほど知図帳 世界 2013』昭文社、2013年、57頁。
  10. ^ シエナ”. 世界大百科事典 第2版. コトバンク. 2013年4月13日閲覧。
  11. ^ シエナ”. デジタル大辞泉. コトバンク. 2013年4月13日閲覧。
  12. ^ Monte dei Paschi di Siena Bank | About us | History

外部リンク[編集]