シエナのカタリナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シエナの聖カタリナ
Catherine of Siena.jpg
『シエナの聖カタリナ』
在俗者、教会博士、神秘家
生誕 1347年3月25日
Bandera de Siena.png シエーナ共和国(現・イタリアの旗 イタリアシエナ
死没 1380年4月29日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領 ローマ
崇敬する教派 カトリック教会、ルーテル教会、聖公会
列聖日 1461年
列聖決定者 ピウス2世 (ローマ教皇)
記念日 4月29日
象徴 ユリの花、本、十字架像、心臓、茨の冠、聖痕、指輪、バラの花、骸骨、教会の小模型、教皇庁の紋章を掲げた船の小模型
守護対象 身体に現れる有形の病、火事、火傷、病気、消防士、事務職、イタリアでは、妊婦、看護師、病人
テンプレートを表示

シエナのカタリナまたはシエナのカテリーナイタリア語: Santa Caterina da Siena, 1347年3月25日 - 1380年4月29日)は、ドミニコ会第三会員(en)の在俗修道女(尼僧)。本名はカテリーナ・ベニンカーサ (Caterina Benincasa)といい、裕福な家庭の出身だった。ローマ・カトリック、アメリカ・福音主義ルーテル教会聖公会聖人。祝日は4月29日(かつては4月30日)。その象徴として、ユリの花、本、十字架像、心臓、茨の冠、聖痕、指輪、バラの花、骸骨、教会の小模型、教皇庁の紋章を掲げた船の小模型が用いられる。身体に現れる有形の病、火事に対する守護聖人。イタリアでは、流産、看護師、病人の守護聖人。

ここではイタリア語表記に倣いカテリーナと表記する。

生涯[編集]

カテリーナは、シエナの裕福な染物屋・ベニンカーサ家の23番目の子として生まれた。彼女は正規の教育を受けなかった。7歳の時に彼女はイエス・キリストの夢を見た。キリストから宝石の冠と茨の冠を差し出され、カテリーナはキリストの前にひざまずき、茨の冠を選んだという。それがきっかけで家族が反対するにもかかわらず、自分の純潔をキリストへ捧げることを決めた。カテリーナの両親は、娘に女性として普通の人生と結婚を望んだが、その願いに反し、彼女は十代後半から一生を、祈り瞑想と独りで暮らすことに全て捧げることにした。18歳の時、彼女はドミニコ会の会員となった。会員として、カテリーナは修道院の中で暮らすよりもむしろ隠者として自宅で暮らした。彼女は女子修道院でおそらく許されたことのない禁欲の行を練習した。カテリーナは多くの厳しい自己鍛錬の行を行い、日課として睡眠と食事を削った。カテリーナは非常に食が細いことで知られ、彼女は自分が吐き戻したものも食べていた。 彼女は、聖餐以外の生涯の大部分を断食していたことで特に有名であった。カテリーナがもっと自分で食べようとしているのを知った聖職者たちは、彼女に食べさせようとしたが、失敗に終わった。しきたりとしての断食は中世後半に普通に行われており、カテリーナの断食のやり方はキリスト教の模範と照らし合わせても突出している。

Libro della divina dottrina, c. 1475

カテリーナは病人や貧者を援助することに人生を捧げ、彼らの世話のために病院や自宅へ出向いた。彼女は男女の賛同者を集めて彼らと北イタリアを旅し、布教した。カテリーナは信仰教書の学習にも人生を注いだ。

1366年頃、カテリーナが病気がちになり始めてから、彼女は『キリストとの神秘の結婚』を自身の手紙につづった。キリストは幻視のなかで、カテリーナに彼女にしか見えない輝く指輪を与えた。また、あるときにはカテリーナの心臓とキリストの心臓を取り替える幻視を受けた。更に彼女は聖痕を受けるという恵みも受けた。1370年、彼女は地獄煉獄、そして天国の幻視を受けた。彼女は有力者の男女に宛て手紙を書き始め、特にイタリアの共和主義者と公国君主の間に平和を請い、教皇庁アヴィニョンからローマへ帰るよう求めた。彼女はローマ教皇グレゴリウス11世と長く文通をし、聖職者の改革と教皇領の管理について彼に尋ねた。

1376年6月、カテリーナはフィレンツェ大使としてアヴィニョンへ向かい、教皇領との和平を結ぼうとしたが成功しなかった。彼女は、グレゴリウス11世に、教皇庁を正規の首都ローマに返すよう説こうとしたのだった。彼女はイタリアの平和回復には教皇のローマ帰還が重要であると考えていた。彼女は教皇に大層深い印象を与えたが、教皇庁の有力な幹部は帰還に消極的であった。それでも教皇は自身の施政権を1377年にローマへ戻した。ところが、翌1378年にグレゴリウス11世が亡くなると、その後継者が問題となった。彼女はウルバヌス6世の味方となった。カテリーナはローマへ召喚され、ウルバヌス6世の宮廷に滞在し、貴族と正統な枢機卿たちを説こうとした。だが、新教皇の頑なな姿勢は彼女の仲裁を失敗に終わらせ、枢機卿たちはアヴィニョンに戻って対立教皇を立てた。これが40年にわたる教会大分裂の始まりとなった。彼女は帰天する(亡くなる)1380年までローマで暮らした。教会大分裂の問題は、彼女の生涯が終わるまで彼女を悩ませた。

カテリーナの手紙は、初期トスカーナ文学の傑作の一つとみなされている。300以上の手紙が現存する。教皇に宛てた文中、彼女はしばしば教皇を愛情込めて『パパ』もしくは『バッボ』(Babbo、イタリア語で父親を意味するくだけた言い方)と読んでいた。

カテリーナは1380年春、発作のためにローマで急死した。彼女は、イエス・キリストと同じ33歳で死んだのだった。シエナの人々は、彼女の遺体が戻ることを願った。伝説では、カテリーナの頭がどのようにシエナへ帰ることができたかふれている。シエナの人々は彼女の遺体全てを運んで検問を通過できないことを知り、頭部だけを鞄に詰めて持ち帰ることにした。それでも彼らは警護兵に制止されてしまい、彼らは力添えをカテリーナに祈った。もはや検問を突破できないと悟った彼らは、鞄を開けて中を見せたが、そこにはバラの花びらがたくさん入っていた。シエナへ着いてから鞄を開けると、彼女の頭部はその中にあった。この伝説のために、カテリーナはいつもバラを持った姿で表される。

民話[編集]

スペインには、以下のような民話が伝わっている。

カテリーナは死後天国で主イエスと聖母マリアに可愛がられていた。
ある時母が悪態をつくという罪から地獄へ行かされる事を知ったカテリーナは、主イエスと聖母マリアに母を天国に入れて下さいと頼んだ。聖母マリアに命じられた天使がカテリーナの母親を地獄から天国へ連れて行こうとすると、他の魂がカテリーナの母親にしがみ付き一緒に天国へ行こうとした。その際カテリーナの母親は「天国へ行きたければ私の様に聖女を娘に持て」と他の魂に悪態をついたため、地獄に戻されてしまった。カテリーナは再び同じ頼み事をするが聞き入れられなかったため、自ら天国を離れ母親のいる地獄へ移って行った[1]

死後に発表された承認[編集]

1461年ピウス2世はカテリーナを列聖した。彼女の祝日は、伝統的なローマ・カトリック暦では4月30日であったが、新しいローマ・カトリック暦では4月29日に改められた。この日はルーテル教会派を含む多くのキリスト教徒によって祝日とされている。1970年パウルス6世は、女性として初めてカテリーナと聖テレサ教会博士の称号を贈った。1999年ヨハネ・パウロ2世はカテリーナをヨーロッパの守護聖人の一人とした。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『スペイン民話集』

参考文献[編集]

  • ジェラード・A・ヴァンダーハー「カテリーナ・デ・シェーナ」『世界伝記大事典 世界編』第3巻、ほるぷ出版、1981年
  • 『スペイン民話集』 三原幸久編訳 岩波書店 1989年12月18日 第1刷発行

外部リンク[編集]