ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ
Tiepolo, Giovanni Battista - Fresken Treppenhaus des Würzburger Residenzschlosses, Szenen zur Apotheose des Fürstbischofs, Detail Giovanni Battista Tiepolo - 1750-1753.jpg
生誕 Giambattista Tiepolo
(1696-03-05) 1696年3月5日
ヴェネツィア
死没 (1770-03-27) 1770年3月27日(74歳没)
マドリード

ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロGiovanni Battista Tiepolo, 1696年3月5日 - 1770年3月27日)は、バロック最後期のイタリア画家。本名はジャンバッティスタ・ティエポロ(Giambattista Tiepolo)。彼は18世紀のイタリアを代表する偉大な画家であり、ヴェネツィア共和国の美術絵画の伝統を締めくくる最後の巨匠である。

生涯[編集]

1696年3月5日、ヴェネツィアに生まれる。6人兄弟の末っ子で、父親は船乗りであった。徒弟時代は歴史画の大家の一人であるグレゴリオ・ラッザリーニ英語版に師事するが[1]セバスティアーノ・リッチ英語版ジョヴァンニ・バッティスタ・ピアッツェッタの影響を強く受けた。1719年にフランチェスコ・グアルディ英語版の姉妹と結婚している。1770年3月27日、マドリードで死去。バロック的な躍動感とロロコ的な優美な装飾性を兼ね備えていた画風は、生前はヨーロッパ全土で名声の極みを迎えたが、没後、台頭してきた新古典主義は甘美な装飾性を否定するものであったため、彼の評価も急速に下降した。

作風[編集]

ティエポロは稀代のフレスコ画の名手であり、瑞々しく壮麗な作風は底抜けに明るくきらびやかである。宮殿や貴族の館を彩る天井画は下方から見上げる仰視法を取り入れ、イリュージョンの効果を完璧なものとしている。初期の作品は同時代の画家であるフェデリコ・ベンコヴィク英語版やピアツェッタと同様テネブリスムの影響が見られるが、ヴェネツィア派ティントレットヴェロネーゼを受け継ぐ画風を見せ、それを躍動的に展開した[1]

親族[編集]

彼の息子ジョヴァンニ・ドメニコ・ティエポロ英語版ロレンツォ・バルディッセーラ・ティエポロ英語版も画家である。

代表作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 三菱一号館美術館、読売新聞社 『プラド美術館展』 読売新聞東京本社、2015年NCID 22780474 

外部リンク[編集]