メルチョル・カノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メルチョル・カノ
Parecer del M. fr. Melchor Cano dado al Señor Emperador Carlos V (1555).[1]

メルチョル・カノ(Melchor Cano、1509年1月6日? - 1560年9月30日)は、ルネサンス期スペイン神学者哲学者

ドミニコ会士16世紀サラマンカ学派におけるビトリアの後継者として知られる。

略歴[編集]

タランコンに生まれる。サラマンカ大学で勉学中の1523年ドミニコ会に入会し、フランシスコ・デ・ビトリアのもとで学んだ。その後バリャドリッドのドミニコ会学院で哲学神学を教えた。1542年にはアルカラ大学の神学教授(1546年まで)になり、1546年ビトリアが死去すると、サラマンカ大学で師が担当していた神学講座を引き継いだ。1550年にはインディアス先住民インディオ)問題に関してラス・カサスセプルベダが争った「バリャドリッド論争」に審議会委員として参加、ラス・カサスを支持した。翌1551年から1552年まで、スペイン国王(カルロス1世)でもあった皇帝カール5世の要請により、皇帝任命の神学顧問としてトリエント公会議に参加した。1554年にはバリャドリッドのドミニコ会学院の院長に就任し、ここで国王フェリペ2世の政策を支持し教皇パウルス4世と対立したため、教皇庁の顰蹙を買い、また設立されたばかりのイエズス会を非難した。これらのことがあってカノは1557年以来再度管区長に選出されたにもかかわらず、パウルス4世の承認を得ることができず、ピウス4世によって1560年ようやく承認を受けたが、同年のうちにトレドで死去した。

業績[編集]

R・アグリコラ人文主義弁証法に影響を受け、主著『神学的証泉』で神学の方法論を確立した。著名な弟子として同じサラマンカ学派のドミンゴ・バニェスがいる。

著作[編集]

Opera, 1746
  • 『神学的証泉』(De Locis Theologicis) 1563年

参考文献[編集]

事典項目
単行書・論文

脚注[編集]