ドミニコ会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドミニコ会紋章

ドミニコ会(ドミニコかい)は、1206年聖ドミニコ(ドミニクス・デ・グスマン)により立てられ1216年ローマ教皇ホノリウス3世によって認可されたカトリック修道会。正式名称は「説教者修道会」(Ordo fratrum Praedicatorum)で、略号は「OP」である。

ドミニコ会の誕生と発展[編集]

ドミニコ会は同時期に成立したフランシスコ会同様、清貧を特に重んじたためあわせて「托鉢修道会」と呼ばれることがある。また神学の研究に励み、学者を多く輩出したドミニコ会は異端審問の審問官に任命されることが多かったため、「ドミニコ会士(Dominicanis)」をもじって「主の犬(Domini canis)」とも呼ばれた。この呼び名は反対者にとっては畏怖と揶揄であり、ドミニコ会員たちにとっては誇りであった。

ドミニコ会における神学研究の伝統はアルベルトゥス・マグヌスとその弟子トマス・アクィナスを生み出すことで頂点に達した。他にもマイスター・エックハルトシエナのカタリナ(女子信徒会)、バルトロメ・デ・ラス・カサスなど多くの有名会員を輩出している。

19世紀の後半には反教会的な風潮に押されてドミニコ会は著しく衰退していたが、フランスから刷新運動が起こり、ヨーロッパカナダへ波及した。またスペイン植民地だったフィリピン中世以来ドミニコ会の重要な活動拠点となっており、現在にいたっている。

日本での活動[編集]

初めて日本を訪れたドミニコ会士は1592年にフィリピンから到来したフアン・コボ(Juan Cobo)であった。彼はフィリピン総督の使節として来日し、豊臣秀吉に謁見した。フィリピン総督の書状を渡したコボは秀吉からの書簡を受け取って帰路についたが、台湾沖で遭難した。

1600年教皇クレメンス8世はそれまでイエズス会のみに認可されていた日本での宣教活動を正式にすべての修道会に認めた。これを受けたマニラのドミニコ会員五名(フランシスコ・デ・モラレス(Francisco de Morales)、トマス・エルナンデス(Tomnas Hernandez)、アロンソ・デ・メナ(Alomso de Mena)、トマス・デ・ズマラガ(Thomas de Zumarraga)、ユアン・デ・ラ・アバディア(Juan de la Abadia)修道士)がスペイン船に乗って日本へ渡り、1602年薩摩甑島で最初の宣教活動を行った。彼らは薩摩本国へも渡り、甑島と川内の京泊で宣教した。1606年には京泊に「ロザリオの聖母聖堂」を建立したが、1609年にはいると迫害が起こり、宣教師は薩摩から追放された。

1612年江戸幕府によってキリスト教禁制が公布されると、宣教師の活動は困難になったが、捕縛の危険を顧みずに各地で潜伏しながら信徒たちの世話を続けた。ドミニコ会員たちも各地で活動したが、捕縛され、殉教するものが相次いだ。キリシタン時代に最後に日本に到来したドミニコ会員は1636年に来日したミゲル・デ・アオザラザ(Miguel de Aozaraza)ら三名であったが、彼らは翌年殉教している。ドミニコ会最初の邦人司祭1619年にマニラで叙階されたヴィセンテ塩塚(1637年に殉教)であった。こうしてドミニコ会員たちは日本から姿を消したが、彼らが日本で組織したロザリオの信心会(組)の信仰は隠れキリシタンの間に受け継がれることになる。

明治以降、ドミニコ会員は再び来日することになる。現在は(日本管区というものはなく)東日本を担当するカナダ管区と西日本を受け持つロザリオ管区で地域を分担して司牧している。

著名なドミニコ会士[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]