ドミンゴ・バニェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Decisiones de Iure & Iustitia, 1595 (Milano, Fondazione Mansutti).

ドミンゴ・バニェスDomingo Bañez, 1528年2月29日 - 1604年10月22日)は、スペインドミニコ会神学者バリャドリードに生まれ、サラマンカ大学哲学を学んだ後、1546年にドミニコ会に入会。1561年からアビラのドミニカ大学教授、1567年からアルカラ大学教授、バリャドリッドのサン・グレゴリオ学院教授などを経て、1577年からサラマンカ大学教授を歴任した。

いわゆるサラマンカ学派(ドミニコ会学派)に属し、イエズス会士ルイス・デ・モリナと非妥協的な「恩寵論争」(恩恵論争)を展開したことで知られる。