マルティン・デ・ポレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖マルティン・デ・ポレス
San Martin de Porres huaycan.jpg
修道者・献身者
生誕 1579年
Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン帝国 ペルー副王領 リマ
死没 1639年11月5日
列聖日 1962年5月5日
列聖決定者 ヨハネス23世
記念日 11月3日
テンプレートを表示

マルティン・デ・ポレス1579年-1639年11月5日)はペルーカトリック教会ドミニコ会修道者聖人。記念日は11月3日。

生涯[編集]

ポレスはスペイン貴族を父とアフリカ系女性・アナ・ベラスケスを母に持つ非嫡子としてペルー副王領リマで生まれ、父親に認知されることがなかった。後に認知され妹が生まれるも父親は彼を含む家族を残してリマを去った。

マルティン一家は貧困にあえいでたがマルティンが12歳の頃、母親のすすめで理髪師(当時、理髪師は医療に携わっていた)に弟子入りし外科の助手に当たった[1]

ポレスは修道者を志望するが当時、混血児に対する差別が強く司祭になることができなかった。15歳になってドミニコ会第三会員として入会、玄関番兼掃除係を担当、貧しい人々に献身した[1]

やがてポレスの献身が認められ、正式に助修士として誓願を果たした。ポレスは病人の世話をして修道生活を送り、1639年11月5日、帰天(死去)。

1962年5月5日ローマ教皇ヨハネス23世によって列聖された[2]

関連項目[編集]


出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 聖人カレンダー 11月3日 聖マルチノ・デ・ポレス修道者”. 2019年8月23日閲覧。
  2. ^ 11月3日 聖マルティン・デ・ポレス修道者 祝日 (PDF)”. 聖ドミニコ宣教修道女会. 2019年8月23日閲覧。