長崎のマグダレナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長崎のマグダレナ(ながさきのマグダレナ、1610年 - 1634年10月15日)は、江戸時代初期のキリシタンドミニコ会第三会の修道女であり、1987年に「聖トマス西と15殉教者」の一人して、日本人女性として初めてカトリック教会聖人に列せられた。

生涯[編集]

1610年(慶長15年)、マグダレナは長崎近郊の村にて誕生。両親は敬虔なキリシタン(カトリック信者)であり、後に殉教したといわれる。知られているのは生年、生誕地、洗礼名の指導を受けたが、後にドミニコ会の司祭ジョルダーノ・アンサローネの指導を受けるようになる。彼女はその身を神にささげる決心をして第三会に入り、1632年寛永9年)ごろ誓願を果たしたが、修練が終わらないうちに、アンサローネ神父は逮捕された。1634年(寛永11年)9月、自らも奉行に出頭しキリシタンの修道女であることを告白した。容姿が美しかったため、役人は棄教すればよい結婚ができると薦めたが彼女はそれを拒み、拷問にかけられても信仰を捨てなかった。それに業を煮やした役人は同年10月、西坂でマグダレナを女性として初めて穴吊の刑に処した。逆さに吊るされたため、目や口、鼻や耳からも出血していたが、13日以上もこの苦しみに耐え、吊るされたまま生存した。刑吏らは、マグダレナを吊るしたまま穴の底に何度も落とし、頭を打ち付けて半殺しにした。するとその夜雨が降り、水が穴に満ちたためマグダレナは溺死し、10月15日の朝、殉教者の列に加えられた。信者に聖遺物が残らないよう、遺体は焼いて灰にされ、分散された。

1981年昭和56年)、マグダレナは殉教と英雄的聖徳を称えられ、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世によって、アンサローネ神父らとともにマニラ列福され、1987年(昭和62年)にローマで列聖された。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]