飯塚一郎 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯塚 一郎(いいづか いちろう、1923年(大正12年) - 1986年(昭和61年))は、日本経済学者(専攻は経済史経済思想史経済学史)。経済学博士[1]

略歴[編集]

静岡県静岡市生まれ。1946年同志社大学経済学部卒。山梨大学教授を務めた。1971年、「貨幣学説前史の研究」で関西学院大学経済学博士の学位を取得。

業績[編集]

もともとイギリス重商主義についての研究を進めていたが、その後、これに先行するスペイン植民地政策や経済思想にも関心を拡げていくことになった[2]。特に伊藤不二男と並んで、日本におけるサラマンカ学派研究に先鞭をつけたことで知られる[3]

著作[編集]

単著
  • 『貨幣学説前史の研究』 未来社1969年
  • 『外国為替 - 国際通貨の経済史 -』 中公新書1972年
  • 『大航海時代へのイベリア:スペイン植民地主義の形成』 中公新書、1981年
共著
第1部第1章「スペインの初期経済学」を執筆。
翻訳
ラスキン「この最後の者にも」、モリス「ユートピアだより」(五島との共訳)を担当。
「ジョン・ラスキン」「ウィリアム・モリス」を担当。

[編集]

  1. ^ 以下、経歴は『大航海時代へのイベリア』の記載の著者略歴、および『モリス ユートピアだより』(中公クラシックス2004年)記載の訳者略歴による。
  2. ^ 『大航海時代へのイベリア』「あとがき」。
  3. ^ 松森奈津子『野蛮から秩序へ:インディアス問題とサラマンカ学派』 名古屋大学出版会2009年、序章。