中公クラシックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中公クラシックスは、中央公論新社読売新聞グループ)が刊行している新書版レーベル。
2001年4月に創刊。約18年を経た2019年秋時点で約180冊を刊行(別冊を除く)。

1966年から1982年にかけ刊行した『世界の名著』、『日本の名著』の改訂新版を軸に「名著」シリーズ以外で日本人の著作書目は、人文・社会科学系は宮崎市定竹山道雄林達夫梅棹忠夫高坂正堯永井陽之助等、文学者では折口信夫会津八一谷崎潤一郎坂口安吾等、中央公論社と関わりが深かった著者たちの代表作を多数刊行している。

当初は毎月1・2冊刊だったが、近年は数ヶ月に1冊である。中公文庫への移行再刊もある。
別冊は、テーマ別解説集「中公クラシックス・コメンタリィ」(「聖典」、「諸子百家~」、「鎌倉仏教~」、「ルネサンス」の全4巻)、ガイドブック「古典の扉」(全2巻)である。

外部リンク[編集]