アズサ・ストリート・リバイバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アズサ・ストリート・リバイバル(Azusa Street Revival)は、1906年にアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスアズサ通りで起こった聖霊運動のリバイバルである。ペンテコステ運動の発祥になった。

カンザス州のトピーカにあるベテル聖書学校で行われた、1900年末から新年に開催された祈祷会で、使徒時代の現実をもとめて祈った。すると指導者のチャールズ・パーハムとほとんどの生徒が聖霊のバプテスマを経験し、異言を語った。

この出来事は、「ザ・トーピカ・キャピタル」紙や、カンザスシティセントルイスの新聞で取り扱われた。その結果多くの訪問客がベテル神学校を尋ねた。

1901年にパーハムは学生と共に巡回伝道を行った。1905年にパーハムはテキサス州ヒューストンに聖書学校を移した。その時の神学生にウィリアム・シーモアがいた。シーモアは異言聖霊による火のバプテスマであるというパーハムの訓練を受けて、1906年4月に伝道者としてロサンゼルスに赴任してきた。

聖霊のバプテスマの体験を語ると教会での奉仕を拒否されたが、信徒宅で集会を継続した。信徒がエクスタシーに陥り、異言を語った。そこで、アズサ通りにあった活動していないメソジスト教会で1909年まで3年間集会を継続した。

この出来事がロサンゼルスの新聞に掲載され、全米に広がり一大センセーションを巻き起こした。これがペンテコステ運動の始まりになった。

このペンテコステ運動は、ノルウェーメソジスト派の牧師T・B・バレットによって、スウェーデンノルウェーデンマークドイツフランスイギリスへと広まった。

参考文献[編集]

  • 佐布正義「ペンテコステ」『新キリスト教辞典』いのちのことば社、1991年
  • 矢島徹郎、共立基督教研究所編「ペンテコステ派」『宣教ハンドブックQ&A130』(共立モノグラフNo.4)いのちのことば社、1991年