日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団[1]
団体種類 包括宗教法人[1]
所在地 東京都豊島区駒込3-15-20[1]
法人番号 2013305000190
主要人物 寺田文男(理事長)[1]
ウェブサイト http://www.ag-j.org/
テンプレートを表示

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団(にほんアッセンブリーズ・オブ・ゴッドきょうだん)は、寺田文男が代表を務める日本の宗教法人である。[1]

日本のプロテスタントペンテコステ派聖霊派)の団体で日本福音同盟に加盟しているとのこと[要出典]

概要[編集]

日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団正門(2008年4月1日撮影)。左:中央聖書神学校学生寮。右:中央聖書教会。

20世紀初頭のアメリカで起こったアズサ・ストリート・リバイバルに始まる近代ペンテコステ運動を発祥とする。大正初期にペンテコステ信仰に立つ宣教師が複数来日するが、1913年にその一人であるC・F・ジュルゲンセンとその一家が来日する。その後、1914年4月2日にアメリカでアッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団が結成され、ジュルゲンセンも加入する。1921年には、後に教団総理となる弓山喜代馬が宣教活動に加わり、教団の基礎を築く。1941年、日本基督教団の成立に伴い、第10部に所属するが、戦後離脱し、1949年に日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団を結成する。

教団本部の所在地は東京都豊島区駒込。教団立の神学校として中央聖書神学校が教団本部に隣接して設置されている。教団総会における教勢報告(2014年度)では、信徒数12,146名(正会員のみ)、教会・伝道所数合計218を擁する[2]。1988年、日本福音同盟に加入した。

教義とその特色[編集]

基本的真理に関する宣言」(全16項目)を必要最小限の教義[3]として掲げている。以下に項目ごとの主な内容を記す。

  1. 聖書の無誤性(十全逐語霊感説)・生活規範性
  2. 三位一体
  3. イエス・キリストの神性
  4. 人間の全的堕落
  5. キリストは唯一の贖罪主であること、および信仰義認
  6. 洗礼(水のバプテスマ)と聖餐の遵守
  7. 聖霊のバプテスマ新生とは別個の経験であり、すべての信者に受ける資格がある
  8. 聖霊のバプテスマを受けたことは異言によって証明される
  9. 聖化は日々の信仰生活の過程の中で実現する
  10. 教会の使命遂行に寄与する聖霊のバプテスマの強調
  11. 教会の使命とは世界宣教、神への礼拝、教会育成である
  12. 神癒は福音の不可欠要素である
  13. キリストの再臨および信者の復活携挙
  14. キリストの地上再臨後の千年期統治(前千年王国説)
  15. 最後の審判
  16. 新天新地

特に上記項目の7、8の印としての異言を伴う聖霊のバプテスマに関する教義にこの教団ないし古典的ペンテコステ運動の神学的特色を見ることができる。

沿革[編集]

  • 1901年 米国カンザス州トピカにおいて聖書勉強会が開かれた時に聖霊のバプテスマを受けた人々によってグループが作られた。
  • 1913年 C・F・ジュルゲンセン宣教師一家がアメリカから来日する。アメリカ団体は組織されておらず、支援体制なしで宣教を開始した。
  • 1914年 アメリカでアッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団が設立される。
  • 1921年 弓山喜代馬は東京の上富士前で伝道していた。J・ジュルゲンセン(C・F・ジュルゲンセンの息子、ジュルゲンセン夫妻は帰国中だった。)と出会ったと聖書を学び合った。弓山は異言のしるしを伴う聖霊体験をした。これ以降、ペンテコステ派の宣教師たちと一緒に伝道をする。
  • 1923年 関東大震災が起きて、教会が大きな被害を受ける。
  • 1927年 帰国したJ・ジュルゲンセンと共に、滝野川に神召教会会堂を建設した。
  • 1930年 弓山は韓国に暫く行っていた。帰国後、神召教会の牧師として迎えられた。 
  • 1941年 日本基督教団の成立に伴い、第10部に所属する。
  • 1949年 滝野川の神召教会で創立総会を開き、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団を結成した (初代理事長は弓山喜代馬)。全国に伝道を展開し、教会形成を進めた。
  • 1950年 中央聖書神学校が設立され、教職養成がなされている。
  • 1988年 日本福音同盟に加入した。

組織[編集]

教団の運営計画は教団総会によって決定される。運営計画の執行は理事会が担当する。理事会の配下組織として委員会が置かれている。

全国の教会は11の教区(北海道教区、東北教区、関東北東教区、関東南西教区、東海教区、北陸教区、関西教区、中国教区、四国教区、九州教区、沖縄教区)に区分されている。

教団の教師養成機関として中央聖書神学校が置かれている。神学校の運営は学校理事会が責任を持つ。教師は正教師補教師からなり、それぞれ個別の検定試験に合格し、理事長の認証を得ることが求められる。教会を担当する正教師は牧師、補教師は伝道師と呼ばれる。

教団の信徒となるためには、「基本的真理に関する宣言」を告白し、洗礼を受け、教会の会員に加入することが求められる[4]

歴代理事会[編集]

主な牧師[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 宗教年鑑 平成 28 年版 (文化庁、121p) [1]
  2. ^ 『教団ニュース・アッセンブリーNews(2016年1月1日号)』
  3. ^ 「これは聖書の真理の全てを包含しているとは言えない。しかし、これらの基本的教理に関するわたしたちの必要を包含するものである。」(『基本的真理に関する宣言』前文)
  4. ^ 『教会員必携』166-169頁(日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団、1995年)

参考文献[編集]

  • 『みことばに立ち、御霊に導かれて: 教団創立50年史』(福音出版社、1999年)
  • 伊藤顯榮『「基本的真理に関する宣言」解説』(福音出版社、2000年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]