手束正昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

手束 正昭(てづか まさあき、1944年 - )は、日本の牧師神学者。米国キングスウェイ神学大学名誉神学博士。 日本基督教団高砂教会主任牧師[1]日本基督教団聖霊刷新協議会創立者、日本リバイバル同盟評議員、日本民族総福音化運動協議会総裁[2]。日本のカリスマ運動の指導者。

神学[編集]

ネストリウス派の研究者でもあり、ネストリウス派を初期のカリスマ聖霊運動だとしている。手束には『キリスト教の第三の波―カリスマ運動とは何か―』 と題する著作があるが、彼は自由主義神学者、パウル・ティリッヒの研究者であり、福音派系の聖霊の第三の波派ではない。彼は自由主義神学の再評価を他の聖霊派に求めた。

教会成長の勘所[編集]

ハーザーに教会成長論「教会成長の勘所」を53回連載した。この連載記事で、「悪霊追放(エクソシスム)論」を扱っている。

大東亜戦争[編集]

2007年 - 2009年の月刊誌『ハーザー』の連載記事「日本宣教の突破口」では、大東亜戦争太平洋戦争)の日本悪玉論はGHQウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムによる洗脳であるとして、大東亜戦争肯定論を唱える。また、南京事件の数字にも疑義を呈している。一年の休刊を経て復刊された2011年1月号のハーザーでもこの連載を続けており、「大東亜戦争は本当に侵略戦争だったのか」と題する記事がある。 ただし戦争とは「敗戦した側が悪い」という原則も存在している。


聖霊派の日本リバイバル同盟の戦争責任告白には、日本のリバイバルのためだというので署名したが、日本悪玉論はむしろ日本のリバイバルを妨げると考えるようになったという。[3]

大東亜戦争の日本悪玉論を再検討するようになったのは、自分が学んだ自由主義神学(リベラル神学)による所が大きいとしている。

経歴[編集]

著書[編集]

特記なきものは全てキリスト新聞社より

  • キリスト教の第三の波―カリスマ運動とは何か― 1989年 ISBN 487395164X
  • 続・キリスト教の第三の波ーカリスマ運動とは何か― 1989年 ISBN 4873952050
  • キリスト教の第三の波 余録-講演と証し集 1994年 ISBN 4873952565
  • 信仰の表現としての教会建築:その大いなる記録 1990年 ISBN 4873952158
  • 命の宗教の回復「説教集」 1992年 ISBN 487395231X
  • 聖なる旅:キリスト教の本質を抉る 1996年 ISBN 4873952840
  • ヨシュア記連続説教集(マルコーシュ・パブリケーション
  • 教会成長の勘所 2003年 ISBN 4872072197
  • 聖霊の新しい時代の到来―聖霊降臨祭説教集 2005年(マルコーシュ・パブリケーション) ISBN 4872072367NCID BA75293979
  • 続・聖なる旅ーキリスト教の新たな可能性を探るー 2012年
  • 日本宣教の突破口ー醒めよ日本ー 2013年(マルコーシュ・パブリケーション)ISBN 4872072618
  • 朝早く、主に叫べー早天祈祷の意味と力(地引網出版) 2014年 ISBN 4901634291
  • 恩寵燦々と - 聖霊論的自叙伝〈上〉雌伏の時代- 2017年  ISBN 4873957192

連載[編集]

  • 月刊ハーザー「教会成長の勘所」、「日本宣教の突破口」

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高砂教会. “スタッフ紹介”. 2010年7月7日閲覧。
  2. ^ 日本民族総福音化運動協議会”. 2010年7月7日閲覧。
  3. ^ 『ハーザー』2009年号

外部リンク[編集]