万代恒雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

万代 恒雄(まんだい つねお、1929年12月29日 - 1994年5月9日)は日本の牧師聖霊派日本福音宣教会松山クリスチャンセンターの創設者。哲学博士

生涯[編集]

1929年上海に生まれる。1932年に東京に一時帰国。1942年再び一家は上海に住み、終戦まですごした。 戦後帰国し、1947年に神戸大学法学部に入学した。1948年キリスト教に入信した。献身をこころざして、中央聖書学校を卒業して、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の牧師となる。後に、教団を離脱して、独自の活動を始める。

1957年に松山で開拓伝道を開始する。1959年に長男の万代栄嗣が誕生する。1986年にから、放送伝道を開始して、後に朝日放送系14局ネットでまことの救いを今日まで継続している。

ケニアタンザニアインドネシアなど世界26ヶ国を巡回して伝道した。1981年にノイローゼ治療のために松山ヒューマンクリニックを開設した。また、1983年には可能性開発研修センターを開設した。1985年アメリカのインターナショナル・ユニバーシティーより哲学博士の学位を得る。

著書[編集]

  • 『人生を3倍に生きる』
  • 『夢をつかみとる人生』
  • 『幸せをよぶ一日一訓』
  • 『トータルパースン』
  • 『競争せずに勝つ』
  • 『人は動く』
  • 『トータルパースンの子育て』
  • 『キリストのいやし』
  • 『マイヤーズ・スピリット』
  • 『キリストのセールズマン』
  • 『セールズマン哲学』
  • 『サラリーマン哲学』
  • 『信じたとおりに生きられる』
  • 『聖書の中の成功物語』