手塚昌明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
てづか まさあき
手塚 昌明
生年月日 (1955-01-24) 1955年1月24日(63歳)
出生地 日本の旗 日本 栃木県
職業 映画監督

手塚 昌明(てづか まさあき、1955年1月24日 - )は、日本映画監督

概要[編集]

栃木県出身。日本大学藝術学部映画学科卒業後、西河克己市川崑の助監督を経て、1994年東宝映画入社。『モスラ2 海底の大決戦』『モスラ3 キングギドラ来襲』にて、チーフ助監督を務める。

2000年、『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』にて監督デビュー。

熱烈なゴジラファンとして有名で、『ゴジラ×メガギラス』は1960年代の東宝特撮映画を彷彿させる作品に仕上げ、その後は『ゴジラ×メカゴジラ』『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』で監督を務めた。

2005年、『戦国自衛隊1549』を監督。

2006年には、『犬神家の一族』にて、かつて師事した市川崑監督の監督補佐を務めている。

自身の監督作品にはワンカット出演する。監督作品ではないが、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』にも防衛軍将校として出演している(エンドロールに名前はないが、「ゴジラ・ビデオ・ファンクラブ」の会報によると、同作には特撮B班のスタッフとして参加しているという)。

担当作品[編集]

参加作品[編集]

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

出典・参考文献[編集]

関連項目[編集]