ハーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハーザーHAZAH)とは、1996年に創刊されたキリスト教聖霊派月刊誌である。聖霊派の記事を中心に福音派キリスト教根本主義の立場の記事も掲載されている。初期は福音派の執筆者も多かった。

ハーザーの名称はヘブライ語の「幻」からきている。『現改訳聖書』刊行事業のために、2010年度は休刊していたが、2011年1月号で復刊された。

執筆陣[ソースを編集]

おもな執筆者は奥山実大川従道デイヴィッド・ウィルカーソン李相烈水草修治手束正昭が連載。松沢秀章辻岡健象千田次郎アーサー・ホーランド折田政博滝元明松岡欣也が奥山実と対談。

論争[ソースを編集]

キリスト教界におけるカルト化、キリスト教再建主義セカンドチャンス天皇制問題(日の丸君が代)、など誌上は複数の論争の舞台となった。初期は主の十字架クリスチャン・センターを支持していたが、後にカルトとみなすようになり、批判者に転じた。

創刊者・編集長の笹井大庸右翼団体一水会の元活動家であり、2007年から2009年まで右翼的思想を持つ日本基督教団手束正昭牧師による大東亜戦争肯定論を連載するなど他の日本のキリスト教界誌には見られない特徴をもっている。

外部リンク[ソースを編集]