松沢秀章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつざわ ひであき
松沢 秀章
生誕 (1953-01-01) 1953年1月1日
日本の旗 日本 埼玉県
死没 (2006-12-21) 2006年12月21日(満53歳没)
日本の旗 日本 埼玉県新座市
国籍 日本の旗 日本
出身校 羽鳥聖書学院
職業 牧師詩人

松沢 秀章(まつざわ ひであき、1953年 - 2006年12月21日)は、基督兄弟団成増教会の元牧師詩人超教派の様々な聖会で講師を務めた。

生涯[編集]

幼少期[編集]

埼玉県に生まれる。少年時代はシンナ-で遊ぶ不良だった。学生時代は剣道部に所属していたが、キャプテンを殴って退部する。

回心[編集]

1972年(昭和47年)頃の、19歳の時シンナー中毒で震えている時に、父親がたまたま野外伝道で成増教会案内のチラシを受け取り、それを持っていたことで父親にキリスト教会に行くように勧められ、教会に行く事になった。そこで、成増教会に行き小林廉直牧師。[注釈 1]の牧師夫人に出会い、救いの確信を得てその場で牧師になりたいと思ったと言われている。[1]

献身[編集]

基督兄弟団の神学校である羽鳥聖書学院に入学する。[注釈 2] が、卒業の3カ月前に結婚問題で神学校を退学する。退学後は、1年間百科事典を売るセールスマンをする。

牧師時代[編集]

小林廉直牧師が、帰ってくるように招き、小林の配慮で成増教会の副牧師、基督兄弟団の補教師となる。[2]

小林牧師の司式で結婚する。しかし、結婚3カ月後に妻が重症の脳腫瘍になり、死ぬのを待つばかりになる。しかし、必死で祈り奇跡的に癒される。[3]

松沢夫妻のアメリカ旅行中に出会ったことがある、アーサー・ホーランドが宣教師として来日後、名古屋から東京に移動した直後の1984年(昭和59年)頃に松沢のもとを訪ねてくる、それ以降、ホーランドは松沢の終生の親友になり、公私ともに様々な活動を共にすることになる。[4]

松沢が講師になった、ジェリコ・ジャパンの1987年の会場になった阪城音楽堂

1987年(昭和63年)から1994年(平成6年)のリバイバルのための集会であるジェリコ・ジャパンでは説教者、講師として活躍し、1989年(平成2年)には、引退した小林廉直の後を継いで、成増教会の主任牧師になる。[注釈 3]

1990年(平成2年)の湾岸戦争時は、ホーランドと一緒に、ヨルダンアンマン難民キャンプに救援物資を運ぶ。

ミッション・バラバ[編集]

1993年(平成5年)にはホーランドの呼びかけで、元ヤクザの聖書研究会を成増教会で行う。その集会の名前を決めることになり松沢の発案で「バラバ」という名称になる。これが後に伝道団体ミッション・バラバに発展する。[注釈 4]

バイク・ミッション[編集]

1997年(平成9年)3月14日、ホーランドら11人のメンバーと共に、「ホワイトハウス」バイクショップで、クリスチャンバイクチーム『ザ・ロード・エンジェルズ(The Lord's Angels)』を設立し、発足式を行う。同年8月には長野県野辺山1998年(平成10年)には沖縄から北海道まで、ホーランドと共に、バイク・ミッションを行い日本全国を駆け抜ける。

1999年(平成11年)には米国のロサンゼルスからニューヨークシカゴを移動しアメリカ大陸横断を行う。[注釈 5]

映画出演[編集]

2001年(平成13年)には利重剛監督の映画クロエに花屋の店主役出演した。[注釈 6]

2001年5月、第51回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に招待され、ホーランドと共にドイツのベルリンを訪れる。[5]

また、詩人としても活躍し、2005年から詩集を発表し、死後にまた一出版され、合計2冊の詩集が出版されている。

事故死[編集]

2006年12月21日埼玉県新座市のホテルの4階の窓から知人女性と共に転落し、2人とも死亡した。事件後の警察検死の結果、松沢の死因は事故死とされた。[注釈 7]

著書[編集]

  • 『月下の子』ミッドナイト・プレス、2005年 ISBN 4-434-06766-4
  • 『詩集 落伍者の祈り』学館スクウェア、2008年 ISBN 978-4-7979-8424-8
  • 『壁を崩せ』ジェリコ出版
  • 『日本のリバイバルを求めて―奥山実対談集』マルコーシュ・パブリケーション社、1995年 ISBN 4-87207-150-6

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 小林廉直は、日本ホーリネス教会中田重治ホーリネス・リバイバルを経験した牧師であったので、「日本に必要なのはリバイバルである」と言っていた。松沢のその影響で、ジェリコ・ジャパンなどのリバイバルのための集会等で活動した。(松沢 1995, pp. 10)
  2. ^ 当時は、早天祈祷会、午前中の授業の後、作業と祈りをする神学校であった。(松沢 1995, pp. 12)
  3. ^ 成増教会以外にも、東京グレースチャペル、Adam's Rib Chapelなどの牧師を務めていた。(ホーランド 2002, pp. 202)
  4. ^ ミッションバラバのメンバーの鈴木啓之金沢泰裕が牧師になるために松沢とホーランドが協力する。鈴木、金沢の教会にも協力して、暴力団員が牧師であるということの偏見と闘う。(ホーランド 2002, pp. 188-195)
  5. ^ 夜は講演会を持ち、昼間はバイクで旅をしながら、各地のバイカーと連絡を取りながらの伝道旅行を行った。(ホーランド 2002, pp. 218-223)
  6. ^ アーサー・ホーランドは、利重の依頼で、主人公高太郎とクロエの結婚式を司式する牧師役で出演する。松沢も利重に懇願して、主人公がアルバイトをする花屋の店主役で出演することになる。出演した主人公の高太郎が、クロエを亡くして落ち込んでいる時に、アルバイト先の花屋の店主役。店の外で休憩中に、高太郎にたばこをすすめるというラストシーンで登場している。(ホーランド 2002, pp. 310)
  7. ^ 週刊誌、インターネットなどでは他殺不倫覚醒剤使用が原因とさまざまに噂されていたが、そのような事実はなく、ホテルで休んでた時に未成年時代の薬物使用によるフラッシュバック現象が突然と起きて半狂乱状態になり、松沢を止めようとした付き添いの女性ともみ合いになり窓から誤って転落し、共に転落死したと結論付けられたと言われている。(お気楽読書日記:1月、2017年5月16日閲覧)

出典[編集]

  1. ^ ホーランド 2002, pp. 200)
  2. ^ (ホーランド 2002, pp. 197)
  3. ^ ホーランド 2002, pp. 202)
  4. ^ ホーランド 2002, pp. 206)
  5. ^ ホーランド 2002, pp. 317)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]