日本フォースクエア福音教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本フォースクエア福音教団[1]
団体種類 包括宗教法人[1]
所在地 埼玉県所沢市南住吉10-8[1]
法人番号 5030005004113
主要人物 増井義明(総理)[1]
収入 不明
支出 不明
ボランティア人数 不明
ウェブサイト 不明
テンプレートを表示

日本フォースクエア福音教団(にほんフォースクエアふくいんきょうだん)は埼玉県所沢市に事務所を置く、日本のプロテスタントペンテコステ派の団体。

沿革[編集]

  • 1950年昭和25年) 中国から日本に渡ってきたビリー・チャールズ宣教師が千葉県で開拓伝道を行う。その後東京に移り、東大泉に教会を建てた。その後埼玉県所沢市秋津に教会を開拓した。
  • 1960年昭和35年) アメリカで伝道中であった増井誠太が帰国。
  • 1965年昭和40年) ウォルター・マッセン宣教師を理事長に迎え、函館教会などを設立した。
  • 1972年昭和47年) 沖縄の本土復帰に伴い、本土と沖縄のフォースクエアの団体が一つになり「日本フォースクエア福音宣教団」を設立した。
  • 1979年昭和54年) 理事長に増井誠太が任命され、教団としての形が整えられた。
  • 1991年平成3年) 比嘉幹房が理事長になる。アメリカ人、フィリピン人、ブラジル人の教職が加入する。
  • 2000年平成12年) 創立50周年を迎えた、新たな内規が採択されて新体制になり、比嘉幹房が総理に選出される。
  • 2006年平成18年)宗教法人「日本フォースクエア福音教団」の規則が認証され包括宗教法人として活動する。
  • 2009年平成21年) 佐藤成紀が総理に選出される。

特色[編集]

  • キリストの人類に対する祝福を、救い主、癒し主、聖霊のバプテスマを授ける主、再臨の主の「四重の福音」として表現している。
  • 「フォースクエア」とは、ヨハネの黙示録21章16節の新しい都エルサレム(新天新地)の、「都は四画」であるという表現から来ている。

関連項目[編集]

主な牧師[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b c d 宗教年鑑平成28年版, p. 122.