小坂忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小坂 忠
生誕 (1948-07-08) 1948年7月8日
出身地 日本の旗 日本 東京都練馬区[1]
死没 (2022-04-29) 2022年4月29日(73歳没)
ジャンル ロック
R&B
ゴスペル
職業 シンガーソングライター
作曲家
牧師
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1966年 -2022年
共同作業者 ザ・フローラル(1966年-1968年)
エイプリル・フール(1969年)

小坂 忠(こさか ちゅう、1948年7月8日 - 2022年4月29日)は、日本シンガーソングライター作曲家ゴスペルシンガー牧師。本名は小坂 正行(こさか まさゆき)。

略歴[編集]

東京都練馬区出身、埼玉県志木市生まれ。1966年、ロックバンド「ザ・フローラル」を結成。モンキーズ・ファンクラブ日本支部が公募したオーディションに合格し、1968年に日本コロムビアよりデビューするもシングル2枚を残して解散。

1969年細野晴臣松本隆柳田ヒロらと「エイプリル・フール」を結成。エイプリル・フール解散後、ロックミュージカル「HAIR」出演。この出演により、はっぴいえんどの前身バンド「ヴァレンタイン・ブルー」への参加を断念。

1971年村井邦彦川添象郎ミッキー・カーチスらが設立したマッシュルーム・レーベルよりソロ・アルバム『ありがとう』をリリース。同年11月6日、結婚。

1972年林立夫松任谷正隆後藤次利駒沢裕城と「小坂忠とフォージョー・ハーフ」を結成。その他、CM音楽やNHK「おかあさんといっしょ」の作曲も手掛ける。

1975年、細野晴臣、鈴木茂林立夫松任谷正隆を中心に結成されたティン・パン・アレーの演奏によるオリジナルアルバム『HORO』リリース。

1976年、娘が重度の火傷から奇跡的に回復したことを機に、クリスチャンとなる。

1978年、日本初のゴスペルレコード会社「ミクタムレコード」設立。ゴスペル・シンガーとして活動の場を移す。岩渕まこととデュオを組んで各地を楽旅する。

1987年、ミクタムレコード創立10周年記念として、大阪で音楽集会ジェリコ・ジャパンを始める。1995年まで、合計7回開催する。

1991年埼玉県所沢市日本フォースクエア福音教団秋津福音教会の牧師になる。

1993年より2000年まで日本でのマーチ・フォー・ジーザスのディレクターを務める。

2000年、「Tin Pan」名義で再結成したティン・パン・アレーのコンサートにゲスト出演。25年ぶりの共演となった。

2001年、11月、25年ぶりとなる細野のプロデュースによるアルバム『People』をリリース。

2009年ビクターより『Connected』を佐橋佳幸プロデュースで高橋幸宏等とリリース。同時にソニーより、これまでの音楽活動をまとめた10枚組BOX『Chu's Garden』を発売。『Connected』メンバーとビルボード全国ツアーをする。この頃、『HORO』のオリジナル・マルチトラック・マスターテープが発見された。

2010年、オリジナル・ゴスペルの集大成『Chu's Gospel』および、ビルボード・ツアーのDVD『SOUL PARTY』を発売。5月、日本フォースクエア福音教団秋津福音教会 主任牧師を妻である小坂叡華と交代し、宣教牧師となる。 また、 鈴木茂、センチメンタル・シティ・ロマンス中野督夫とともに、フジロックフェスティバルに初出演した。2009年に発見された『HORO』のマルチトラック・マスターテープを再編集し、35年ぶりに改めてボーカルのみ録音し直す形で録音されたアルバム『HORO 2010』をリリース。

2017年8月1日、急性胆嚢炎で入院。検査の結果、大腸癌(ステージ4)と胃癌も見つかる。同年8月31日に胆嚢を全摘出、S字結腸を20センチ切除、胃の3分の2を切除する開腹手術を受けた。手術は10時間に及ぶものであった[2][3]。同年10月6日に自身の公式サイトを通じて退院したことを報告した[4]

2020年1月29日、孫娘(ゴスペルシンガーの娘Asiahの次女)がNUT癌の末期であり、最後の見舞いに行くことを理由に2月2日に予定されていたコンサートを延期すると発表[5]。自身の体調を押して、娘家族の住むロサンゼルスに渡った。同年1月31日、孫娘の最期に立ち会い祈りを捧げた[6]

2021年1月、大腿骨上部に癌の転移が確認され、同年2月上旬に人工関節を挿入する手術を受けたことを自身のサイトを通じて報告。同年10月4日に緊急入院、10月20日に開腹手術を受けたことを、小坂の娘でゴスペルシンガーのAsiahがTwitterで明かした[7]

2021年11月5日・6日、『松本隆 作詞活動50周年記念オフィシャル・プロジェクト 風街オデッセイ2021』が日本武道館にて開催され、小坂は6日の《第二夜》に出演。松本が作詞した『しらけちまうぜ』『流星都市』の2曲を披露した[8]。またこの日は、小坂夫妻の結婚50周年記念日であった[9]

妻の高叡華は音楽プロデューサーであり、公私とものパートナーで、ミクタムレコード代表をつとめる[10]。妻は「こうえいか」名義で作詞を行っており、小坂のアルバム曲にも提供している。

2022年4月29日午前10時43分に死去したことが公式サイトにて報告された[11]。S字結腸癌から転移した癌による肝不全も患い、5年に及ぶ闘病生活を送っていた。73歳没[12]

2022年5月7日、追悼告別式が所沢市民文化センター ミューズ内、中ホール「マーキーホール」で執り行われた[13]。式の最後には、小坂が自分の葬儀のために作ったという楽曲「He comes with the glory」が演奏され、参列したミュージシャン仲間らが熱唱した[14]

ディスコグラフィ[編集]

※ ザ・フローラル、エイプリル・フール時代は、エイプリル・フール (バンド)#ディスコグラフィを参照。

シングル[編集]

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
Mushroom / 日本コロムビア
1971年10月 EP CD-139-Z A 機関車 小坂忠
B からす
1972年3月 EP CD-153-Z A ありがとう 細野晴臣
B どろんこまつり
1973年10月 EP CD-203-Z A 早起き山から 小坂忠 小坂忠

瀬尾一三

B はずかしそうに
1975年 EP CD-238-Z A しらけちまうぜ 松本隆 細野晴臣 細野晴臣

矢野誠

B ボン・ボヤージ波止場 細野晴臣
SHOW BOAT / トリオレコード
1976年10月 EP 3B-110 A 気まぐれ天使[注釈 1] 松木ひろし 大野雄二
B 旅ごころ[注釈 2] こうえいか
1977年 EP TD-25[注釈 3] A 上を向いて歩こう 永六輔 中村八大 細野晴臣
B アイスクリームショップガール 細野晴臣
1977年7月 EP 3B-117 A からだを起こせ こうえいか 小坂忠 松任谷正隆
B 朝は好きかい 細野晴臣
日本コロムビア
1982年2月 EP AH-174 A 水たまりの詩[注釈 4] 山田典吾 渋谷毅
B 旅立ち[注釈 5] -
エピックレコードジャパン
2001年10月11日 CD ESCL-2260 1 夢を聞かせて
2 Knocking on your heart
3 ほうろう 細野晴臣

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
MUSHUROOM / 日本コロムビア
1971年10月25日 ありがとう LP CD-7021-Z
1990年4月25日 CD ALCA-31
1992年11月21日 ALCA-414
1998年5月27日 ALCA-9179
1999年6月16日 ALCA-9179
1972年7月25日 もっともっと

※ 小坂忠&Four Joe Half名義

LP CD-7038-Z
1990年4月25日 CD ALCA-32
1992年11月21日 ALCA-415
1998年5月27日 ALCA-9180
1973年11月 はずかしそうに LP CD-7105-Z
1990年4月25日 CD ALCA-33
1998年5月27日 ALCA-9181
1975年1月25日 HORO LP CD-7129-Z
SHOW BOAT
1976年2月 CHEW KOSAKA SINGS LP 3A-2015
1989年5月25日 CD 25JC-411
1998年6月20日 SWAX-19
2003年 SWAX-705
2012年4月14日 SWAX-705
2019年6月19日 CDSOL-1844/5
2019年 CHOP-D-044
1977年7月 モーニング LP 3SB-1007
1997年10月5日 CD MCD-10011
1998年6月20日 SWAX-20
2003年8月25日 SWAX-707
2009年4月25日 SWAX-707
2012年4月14日 SWAX-707
2019年6月19日 CDSOL-1846/7
Michtam Records
1991年 MESSAGE CD 30MCD-1010
2006年2月1日 30MCD-1010
2006年3月21日 30MCD-1010
1997年5月10日 peace3 30MCD-1037
2000年11月8日 忘れものはありませんね・・・ 25MCD-1043
2004年12月8日 き・み・は・す・ば・ら・し・い 30MCD-1062
2005年3月25日 30MCD-1062
2005年5月11日 ミラクル 30MCD-1063
2013年12月13日 NOBODY KNOWS MCDN-1139
Epic/Sony Records
2001年11月7日 PEOPLE CD ESCL-2267
2001年11月7日 SACD ESGL-305
2013年6月20日 CD DQCL-1940
2020年4月15日 Blu-spec CD2 MHCL-30630
2020年4月15日 LP MHJL-140
ビクターエンタテインメント
2009年3月18日 Connected:コネクテッド CD VICL-63267
CD+DVD VIZL-325
ソニー・ミュージックダイレクト
2010年3月24日 HORO2010 Blu-spec CD MHCL-20080
LP MLA-6001

ライブ・アルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル 規格 規格品番
2008年10月22日 出会いのコンサート ライブ盤 Michtam Records CD+DVD 57MCD-1090
2018年8月22日 HORO 2018 Special Live 日本コロムビア/BETTER DAYS CD COCB-54264
2020年9月23日 ロック・ソサエティ・ウラワ 1972 RSU 夏の陣

※ 小坂忠とフォージョーハーフ名義

Fuji CD FJ-177
2020年9月23日 LP FJLP-177

カバー・アルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル 規格 規格品番
2010年11月3日 Christmas carol Michtam Records CD 28MCD-1103
2016年9月5日 Chu Kosaka Covers 日本クラウン CRCP-40477

ベスト・アルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル 規格 規格品番
機関車から機関車へ MUSHUROOM LP LZ-7011-Z
1990年9月11日 決定版・小坂忠ベスト・セレクション アルファレコード CD ALCA-77
2001年11月21日 Early Days Epic/Sony Records ESCL-2280

サウンドトラック[編集]

ボックス・セット[編集]

  • Chu's Garden(2009年3月18日)

コンピレーション[編集]

  • 春一番ライヴ 72 Live(1990年5月21日/2004年4月28日)「どろんこ祭り」「庭はポカポカ」小坂忠とフォージョー・ハーフ
  • 1972春一番BOX(2006年4月7日)「カラス」「どろんこ祭り」「機関車」「庭はポカポカ」「ありがとう」小坂忠とフォージョー・ハーフ

タイアップ[編集]

CMソング[編集]

提供楽曲[編集]

著書[編集]

  • 『出会いの詩』(いのちのことば社、1986年)
  • 『まだ夢の続き』(河出書房新社、2006年) - 自伝
  • 『グッドバイブレーション バイブルエッセイ』(ミクタムブックス、2010年3月)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本テレビ系ドラマ「気まぐれ天使」主題歌。小坂忠&ウルトラ名義。
  2. ^ 日本テレビ系ドラマ「気まぐれ天使」挿入歌。小坂忠&ウルトラ名義。
  3. ^ プロモーションシングル。
  4. ^ 映画『裸の大将放浪記』の主題歌。
  5. ^ 映画『裸の大将放浪記』の主題曲。

出典[編集]

  1. ^ 詳細版「空飛ぶ音楽祭」に一言申す!”. 所沢市. 2019年12月7日18:15閲覧。
  2. ^ 重病3つ同時に…シンガー小坂忠さん壮絶闘病から復活まで”. 日刊ゲンダイヘルスケア (2018年12月17日). 2021年11月8日閲覧。
  3. ^ 小坂忠が「S字結腸がん」などを報告”. テレビ朝日 (2017年9月17日). 2021年11月8日閲覧。
  4. ^ 小坂忠、退院を報告「精一杯生きたい」”. 日テレNEWS24 (2017年10月9日). 2021年11月8日閲覧。
  5. ^ 小坂忠Twitter 2020年1月29日付
  6. ^ スカイのストーリー”. Skye Strong Foundation. 2022年5月10日閲覧。
  7. ^ Ami Asiah Kosaka Twitter 2021年11月7日付
  8. ^ 松本隆Twitter 2021年11月8日付
  9. ^ Ami Asiah Kosaka Twitter 2021年11月7日付
  10. ^ 君塚太「TOKYO ROCK BEGINNINGS」(河出書房新社)P.47
  11. ^ 小坂忠のひとこと日記。〈スタッフ〉
  12. ^ 歌手の小坂忠さん死去 73歳 名アルバム「ほうろう」 細野晴臣・松本隆氏らと「エイプリル・フール」”. SponichiAnnex (2022年4月29日). 2022年4月29日閲覧。
  13. ^ 「新しい歌が生まれたのは、その信仰が生きていた証し」 小坂忠追悼告別式”. クリスチャン新聞 (2022年5月7日). 2022年5月10日閲覧。
  14. ^ 「天の故郷」に帰った小坂忠さんに最後のお別れ 思い出のホールで追悼告別式”. CHRISTIAN TODAY (2022年5月9日). 2022年5月10日閲覧。

関連項目[編集]

  • エイプリル・フール (バンド)
  • 日本フォースクエア福音教団
  • 奥村靫正
  • 矢野顕子 - アルバム『HORO』で矢野から「つるべ糸」の楽曲提供を受けた一方、矢野も同アルバム収録の「機関車」「HORO」をカヴァー。
  • 誰も知らない泣ける歌 - 日テレ系の音楽番組(現在は終了)。小坂の歌「勝利者」(『き・み・は・す・ば・ら・し・い』に収録)が取り上げられたことがあった。
  • 三野姫 - 野村義男渡辺英樹によるユニット。2016年2月にリリースされたアルバム『わすれもの5』で小坂の楽曲「しらけちまうぜ」をカバーしている(本アルバムレコーディング半ばで渡辺が大動脈解離で倒れ、他界したため、野村が残された音源をもとに完成させた)。
  • 細野晴臣 - エイプリル・フール時代の同僚で、ソロになってからも細野率いるティン・パン・アレーがバック演奏を担当する等で関わっていた。
  • 佐野元春 - デビュー前の大学生の頃、小坂の経営していた小スタジオに出入りしていた。小坂の制作したムキムキマンのエンゼル体操では大学時代の佐野がピアノを演奏した。

外部リンク[編集]