渋谷毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渋谷 毅
生誕 (1939-11-03) 1939年11月3日(77歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 東京芸術大学音楽学部作曲科中退
ジャンル ジャズ
職業 ピアニスト作曲家編曲家
担当楽器 ピアノオルガン
レーベル Carcoレーベル
事務所 林泉
公式サイト tShibuya blog

渋谷 毅(しぶや たけし、1939年11月3日 - )は、日本ジャズピアニスト作曲家編曲家東京都生まれ。東京芸術大学音楽学部作曲科中退。妻は同じくピアニストの清水くるみ。

経歴[編集]

1939年東京都生まれ。芸大付属高校2年の時、エロール・ガーナーを聴いてジャズに興味を持つ。同い年のジャズ・ピアニスト、プーさんこと菊地雅章とは高校三年間を共にしている。東京芸術大学在学中よりジョージ川口とビッグ4、沢田駿吾グループなどでピアニストとして活動。1960年代前半より作曲家・編曲家として歌謡曲映画CMなど数多くの作品を手がける。

1975年自己トリオを結成し、初のリーダー作『ドリーム』をはじめ、2枚のアルバムを発表する。1986年に従来の典型的なビッグバンドスタイルから解放された、渋谷毅オーケストラを結成し、これまでに6枚の作品を発表。現在も活動の中心としている。1990年代より渋さ知らズに参加。川下直広不破大輔芳垣安洋の三人と「RAdIO」を結成し、同名のアルバムを残している。1999年デューク・エリントンの作品をレパートリーとするグループ「エッセンシャル・エリントン」を結成し、これまでに3枚の作品を発表。2007年から渋谷毅オーケストラのメンバーとのデュオ作品を発表。70歳を超えた現在も、月に15本以上のペースで精力的にライブ活動をしている。

ヴォーカリストからの信頼も厚く、浅川マキ金子マリ木村充揮酒井俊小川美潮小沢健二など数多くのヴォーカリストセッションレコーディングに参加している。また、1980年代より作曲家としてNHKの『おかあさんといっしょ』などの子供番組に多くの作品を提供している。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

ピアノトリオ[編集]

ピアノソロ[編集]

  • 渋やん(1982年 アケタズ・ディスク)
  • Afternoon(2002年5月 徳間ジャパンコミュニケーションズ)
  • solo famous composers(2007年12月 ビデオアーツ・ミュージック
  • solo famous melodies(2007年12月 ビデオアーツ・ミュージック)

渋谷毅オーケストラ[編集]

  • LIVE 1989(1989年)
  • LIVE '91(1991年)
  • 酔った猫が低い塀を高い塀と間違えて歩いているの図(1993年)
  • TAMASA(1997年 Carcoレーベル)
  • ホームグランド・アケタ・ライヴ(1999年3月 学研プラッツ・アケタズディスク)
  • ずっと西荻(2003年10月 Carcoレーベル)

デュオ[編集]

  • 野百合(1992年8月 東芝EMI) - 宮澤昭とのデュオ
  • SO QUIET(1998年11月 六弦堂) - 廣木光一とのデュオ
  • TANDEM(2000年2月 ポリドール) - 菊地雅章とのデュオ
  • しーそー(2001年9月 徳間ジャパンコミュニケーションズ) - 森山威男とのデュオ
  • 月の鳥(2007年2月 Carcoレーベル) - 石渡明廣とのデュオ
  • たそがれの夢(2007年4月 HANANOYA RECORDS) - 華乃家ケイとのデュオ
  • 帰る方法3(2008年6月 Carcoレーベル) - 松本治とのデュオ
  • MARI SINGS ALONG WITH SHIBUYA-SAN(2008年12月 HOME WORKレーベル) - 金子マリとのデュオ
  • Blue Blackの階段(2009年8月 Carcoレーベル) - 松風紘一とのデュオ
  • 無銭優雅(2010年5月 Carcoレーベル) - 津上研太とのデュオ
  • LUZ DO SOL 太陽の光(2011年4月 Soramame Record) - 平田王子とのデュオ
  • 蝶々在中(2011年9月 Carcoレーベル) - 川端民生とのデュオ
  • 緑の森(2013年12月 Soramame Record) - 平田王子とのデュオ

エッセンシャル・エリントン[編集]

  • Essential Ellington(1999年10月 日本クラウン
  • Island Virgin(2005年11月 MUZAKレーベル)
  • SONGS(2009年3月 Carcoレーベル) - エッセンシャル・エリントン+清水秀子

その他[編集]

  • RAdIO『RAdIO』(2003年10月 地底レコード)
  • 峰厚介 ミーツ 渋谷毅 & 林栄一『RENDEZVOUS』(2004年5月 ビデオアーツミュージック)
  • さがゆき『Day Dream』(2004年10月 ARUMA RECORDS)
  • 渋谷毅・武田和命カルテット『OLD FOLKS』(2005年10月 メタ花巻アケタズディスク)
  • さがゆき・渋谷毅・潮先郁男『We'll Meet Again』(2008年5月 Carcoレーベル)
  • 古澤良治郎『古澤良治郎 ラスト・レコーディング 第1集 「タケシ」』(2011年5月 メタ花巻アケタズディスク)
  • 古澤良治郎『古澤良治郎 ラスト・レコーディング 第2集 「マナブ」』(2011年5月 メタ花巻アケタズディスク)

主な作曲作品[編集]

  • 由紀さおり生きがい」(1970年、作詞:山上路夫/作曲:渋谷毅)
  • 由紀さおり「初恋の丘」(1971年、作詞:北山修/作曲:渋谷毅)
  • 佐良直美「小さな村の小さな出来事」(1971年、作詞:山川啓介/作曲:渋谷毅)
  • 天地真理「白いバラの道」(1972年、作詞:岩谷時子/作曲:渋谷毅)
  • 天地真理「おしえてよ愛の言葉」(1972年、作詞:岩谷時子/作曲:渋谷毅)
  • アリス「涙化粧」(1973年、作詞:松本隆/作曲:渋谷毅)
  • アリス「突然炎の如く」(1973年、作詞:松本隆/作曲:渋谷毅)
  • アン真理子「いけにえ」(1974年、作詞:松本隆/作曲:渋谷毅)
  • アン真理子「血とバラ」(1974年、作詞:松本隆/作曲:渋谷毅)
  • 森山良子「あやとり」(1975年、作詞:松本隆/作曲:渋谷毅)
  • 森山良子「あなたのいない一日」(1975年、作詞:山上路夫/作曲:渋谷毅)
  • 小坂忠「水たまりの詩」(1981年、作詞:山田典吾/作曲:渋谷毅)
  • 浅川マキ「秋意」(1985年、作詞:浅川マキ/作曲:渋谷毅)
  • 浅川マキ「無題」(1991年、作詞:清水俊彦、浅川マキ/作曲:渋谷毅)
  • 中谷美紀「Happy Wednesday」(2006年、作詞:麻生哲朗/作曲:渋谷毅)
  • 二階堂和美「つるべおとし」(2007年、作詞:松本隆/作曲:渋谷毅)
  • 木村カエラ「memories」(2008年、作詞:木村カエラ/作曲:渋谷毅)
  • 佐良直美「いのちの木陰」(2010年、作詞:山川啓介/作曲:渋谷毅)
  • 佐良直美「銀河の子守唄」(2010年、作詞:山川啓介/作曲:渋谷毅)

主な編曲作品[編集]

映画音楽[編集]

CMソング[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ andersen”. ...

外部リンク[編集]