たいそうのおねえさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おかあさんといっしょ > たいそうのおねえさん

たいそうのおねえさんは、NHKの子供向け番組「おかあさんといっしょ」(1959年10月 - )の2019年4月からの役名。

1981年4月から2019年3月まで設けられていた「身体表現のおねえさん」についても記述する。

概要[編集]

2019年4月から後述の「身体表現のおねえさん」に代わって新設。「たいそうのおにいさん」と共に体操を担当する[1]

「たいそうのおねえさん」が新設されるに至った経緯についてNHKは、「体操を集団で行うものに対して、ある時期から1人で行う身体表現のコーナーを設けた。しかし、歌はうたのおにいさん・おねえさんの2人でやっているから、体操も2人でやってみるのはアリではないかという話になった[注 1]。体操に身体表現の要素を含めたことにより、たいそうのおにいさんとおねえさんという形をとることにした。」と語っている。

うたのおねえさんとの線引きのため、一部の例外を除いて、歌うこと(口パクも含む)が禁止されている。

歴代たいそうのおねえさん[編集]

名前 担当した体操名 担当期間
初代 秋元杏月[2] からだ☆ダンダン 2019年4月1日 -

歴代身体表現のおねえさん[編集]

1981年4月から2019年3月までの38年間、現在の「たいそうのおねえさん」とほぼ同じポジションで設けられていた。当時体操とは別に設けられていた、身体表現を担当していた。番組では原則おねえさんそれぞれが「『○○(コーナー名)』のおねえさん」と呼ばれており[3]、他のおにいさん・おねえさんと異なり歴代の代数は付けられていない(本稿では便宜上、下記の表では括弧内で代数を表記する)。 先述通り2019年4月より体操に身体表現の要素が吸収される事に従い、『パント!』をもって38年間続いた身体表現のコーナーは廃枠となった。

たいそうのおにいさん同様にタリキヨコ以前のおねえさんはファミリーコンサートを中心にうたのおにいさん・おねえさんと共に歌うケースも多かったが、いとうまゆが就任して数年経って以降は、うたのおねえさんとの線引きのため、歌うこと(口パクも含む)が一部の例外を除いて禁止されていた。

役名及び担当したコーナー 名前 担当期間
(初代) ハイ・ポーズ』のおねえさん 馮智英[注 2] 1981年4月6日 - 1994年4月2日
(2代目) トライ!トライ!トライ!』のおねえさん 松野ちか[注 2] 1994年4月4日 - 1999年4月3日
(3代目) デ・ポン!』のおねえさん タリキヨコ[注 2] 1999年4月5日 - 2005年4月2日
(4代目) ズーズーダンス』→『ゴッチャ!』のおねえさん いとうまゆ[注 3] 2005年4月4日 - 2012年3月31日
(5代目) パント!』のおねえさん 上原りさ 2012年4月2日 - 2019年3月30日

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、1970年代におにいさん2人体制や、補佐役でレギュラー出演していたタレントを含めた3人体制で体操行っていた時期が存在する。
  2. ^ a b c うたのおねえさんの側面もあった。
  3. ^ 歴代で唯一、複数の身体表現を担当した。

出典[編集]

外部リンク[編集]