たいそうのおねえさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

たいそうのおねえさんは、NHKの子供向け番組「おかあさんといっしょ」(1959年10月 - )の役名。1981年より新設された。番組内では単独のコーナーを持っているが、多くは単独のコーナー以外にも登場する[1]。コンサートなどでは、たいそうのおにいさんと共に役を務めることが多い。「ダンスのおねえさん」と呼ばれることもある。

歴代のたいそうのおねえさん[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初代の馮智英は基本的に通常放送では「ハイ・ポーズ!」のみの出演だが、歌クリップや特別編成版には複数出演しており、一部の作品では歌唱も行っている。また、元々うたのおねえさんのオーディションを受けた事がきっかけで番組へ起用された経緯もあって、ファミリーコンサートでは歴代たいそうのおねえさんの中で唯一ソロで歌唱した事がある他、1990年春以前のファミリーコンサートにおいてはハンドマイクを使用して歌唱していた。また、2代目の松野ちかも出演開始初期はスタジオでの歌コーナーに参加していない時期があった。参加するようになってからも、出演当時は『トライ!トライ!トライ!』に続いてうたのおにいさん・おねえさんが登場し、1曲目に繋がるトークから歌のコーナーが始まる編成だった関係で、挨拶からトークを挟む間も無く1曲目に入った時など、時折1曲目のスタートに間に合わず、1曲目の途中や2曲目から合流することもしばしばあった。3代目のタリキヨコ (現・きよこ)は最終日を除いてスタジオでの歌のコーナーへの出演がなかったが、その他日替わりコーナー等には出演している。

外部リンク[編集]