ブンブンたいむ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おかあさんといっしょ > ブンブンたいむ

ブンブンたいむ』は、1979年昭和54年)4月2日[1]から1982年(昭和57年)3月[注釈 1]までNHKの幼児向け番組『おかあさんといっしょ』内で放送されていた人形劇である。

概要[編集]

番組の最初に放送[注釈 2]。放送日は月曜日から金曜日。1話5分。同時並行で放送されていた『ミューミューニャーニャー』を除き、歴代7作目にあたる[7]。前作『ゴロンタ劇場』が、原作・脚本担当の山元護久の急逝により絶筆になったことで制作された。

当初は『ゴロンタ劇場』と同様に、着ぐるみキャラクターが子供たちの前で演劇をする内容だったが[8]1981年4月6日放送分をもって内容が大きく変更され、2022年現在と同じく別撮り方式に変更された。実写映像のみでアニメーション版は無く、本コーナー以外で登場は「ブンブンホイ」のみだった。

同じく『ゴロンタ劇場』に続き、キャラクターが全員男の子なのは、2022年から放送中の第14作『ファンターネ!』までで最後の作品になっている[9][10]。また、キャラクターの動物が、レッサーパンダキツネ、おしらせどりとバラバラ、年齢と一般公募で名前が付けられた「ごじゃえもん」以外に名字が与えられた、初めての人形劇である[11]

ごじゃえもん役の肝付兼太は、第5作『うごけぼくのえ』以来2度目の出演となった[12]

1985年4月1日から『おかあさんといっしょ』の再放送チャンネルが教育テレビに移動し[13]、その時に放送中だった次作『にこにこ、ぷん』は本放送は総合テレビ[14]、再放送は教育テレビで放送されることとなった。そのため本作は全話、総合テレビでのみ放送された最後の人形劇である[6]

あらすじ[編集]

ブンブン、つね吉、ごじゃえもん(放送開始当初はおしらせどり)の3匹が繰り広げる楽しい話。

毎回つね吉は、ブンブンとごじゃえもんをうまく口車に乗せて、自分だけいい目を見ようとするが[要説明]、いつも最後はごじゃえもんの反撃を受ける。

キャスト[編集]

ブンブン・イザトナルトブン
声 - 小原乃梨子[15]
主人公。レッサーパンダの男の子。4歳。一人称は「僕」で、立ち位置は中央。
素直でおっとりとしていて極度のマイペース。その名の通り、いざとなると「ブン」と呼ばれる。
各キャラクター共、絵描き歌があった。
マイペースだが、努力家でもある。
いなりやま・つね吉
声 - 山田康雄[15]
キツネの男の子。5歳。語尾に「ワイワイ」とつけて喋る。疑問文の語尾には「そらむし」をつける。口癖は「だってばさってば」「あたりき」「この世の中でタダなものは空気だけなのよね」。また、オカマみたいな喋り方をする。一人称は基本「あたし」だが、まれに「俺様」を使うこともある。立ち位置は左。
物知りでちょっとずる賢い。面倒くさがり屋で、しっぽを箒代わりにして掃除をする。いじめっ子だが義理と人情には厚い。また、食いしん坊で、トカゲの死体を乾燥バナナと勘違いして食べたこともある。
つね吉が何かを提案したとき、ごじゃえもんがぼけたことを言って、つね吉に「頭悪い」とつっこまれ、ブンブンが正解を言って、つね吉に「頭良い」と褒められるのが落ちである。
当時、番組内で「コンコンクシャンのうた」が歌われた時には彼のことも歌詞に含まれ、客演してオーバーアクションを演じていた。
ごじゃえもん
声 - 肝付兼太[15]
おしらせどりの男の子。3歳。語尾に「ごじゃる」や「ごじゃえもん」とつけて喋る。一人称は「あたい」で、立ち位置は右。
おしらせどりくちばし拡声器の形をしていて、背中にゼンマイの螺巻があり、ゼンマイがきれると動きが鈍くなる。事件が起こると「大変でごじゃる、大変でごじゃる」と騒ぐ。ゼンマイを逆に巻くと「てけすた。てけすた」(てけすた助けての逆読み)と言いながら後ずさりする。
当初はおしらせどりの名で呼ばれていたが、一般公募でごじゃえもんの名で呼ばれるようになる。

共演者[編集]

本作放送開始と同時に輪島直幸瀬戸口清文以外の出演者が全員交代。3年間の放送期間のうち、メンバー変更は1981年の1度のみで、初代身体表現のおねえさん馮智英が加入した。

なお、本作放送中一切変動が無いメンバーは、1974年から参加している8代目たいそうのおにいさん瀬戸口清文の1人である。

スタッフ[編集]

音楽[編集]

オープニングテーマ[編集]

「ブンブンたいむ」
作詞:舟崎克彦 / 作曲・編曲:越部信義 / 歌:ブンブン、つね吉、ごじゃえもん

挿入歌[編集]

「ブンブンマーチ 」
作詞:舟崎克彦 / 作曲・編曲:越部信義 / 歌:ブンブン
「つねんぱNo.1」
作詞:舟崎克彦 / 作曲・編曲:越部信義 / 歌:つね吉
「わからないなら あてずっぽう」
作詞:舟崎克彦 / 作曲・編曲:越部信義 / 歌:ブンブン、つね吉

ファミリーコンサート[編集]

公演 タイトル 出演者(一部を除く)
1989年 おかあさんといっしょ30年 坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
眞理ヨシコ中野慶子竹前文子砂川啓介
中川順子片桐和子瀬端優美子森晴美
斉藤昌子田中星児斉藤伸子松熊由紀
奈々瀬ひとみ水木一郎たいらいさお宮内良
しゅうさえこかしわ哲林アキラ
ブンブンつねきちごじゃえもん
キャラクター・オン・ステージ 坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
ゴロンタトムトムチャムチャム
ブンブンつねきちごじゃえもん
1990年 げんき♥元気 古今亭志ん輔坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
林アキラ森みゆき
ゴロンタトムトムチャムチャム
ブンブンつねきちごじゃえもん
ブーフーウー

公開状況[編集]

現在、NHK番組公開ライブラリーで以下のエピソードが公開されている。

1979年秋頃(放送日不明)のエピソード
ブンブンとごじゃえもんがつね吉と遊ぼうとするが、つね吉が出てこない。つね吉の家の扉を開けると、つね吉が落ち込んでいる。食事をしていないことが原因と考えたブンブンとごじゃえもんはいろいろな食べ物をつね吉の前に持ってくるが…。
1981年4月6日のエピソード
何かをして遊ぼうということになり、つね吉の提案で「はる」にちなんだしりとりをすることになる。作中に登場したしりとりは、つねきち→ちょうちょヨモギ→ぎっくり腰→しまい、という順番。

備考[編集]

本作のキャラクターは比較的『NHK紅白歌合戦』へのゲスト出演が多かった。

番組終了後も1990年まで『おかあさんといっしょ』のコンサートに登場し、『にこにこぷん』や先代の『ゴロンタ劇場』等のキャラクターの共演が見られた。

2019年8月16日に放送された『おかあさんといっしょ 60年スペシャル』内で、1回分の再放送が行われた。

ブンブンホイ[編集]

  • 『おかあさんといっしょ』当時のエンディング。出演する幼児達が輪になって順番にブンブン達と勝負をする。
  • 手を上と、横と、下の3つのポーズがあり、ブンブン達と違うポーズをしたら勝ち、同じポーズをしたら負けという、「あっち向いてホイ」に似たルール(幼児の勝ち分が3分の2となる)。「しょーうぶ!ウソ、ホント、ウッソホントウッソホント、ブンブンホイ!」のかけ声でポーズを取った。
  • この勝負とルールは前作の『ゴロンタ劇場』を引き継いでいる。
  • 勝負が終わると、歌のお兄さん、お姉さんがエンディングテーマを歌った。また体操のお兄さん、お姉さん(1981年度より)およびブンブン達がバックダンスをして幼児たちもそれに倣った。歌の最後には「エイエイオー」と勝ち鬨をあげ、風船が落ちてきて番組が終了する。

その他[編集]

本作が放送を開始した全く同じ日に、後に日本を代表する子供向けアニメがスタートし[16]、ブンブン役の小原乃梨子と、ごじゃえもん役の肝付はそのアニメでもメインキャラクターを演じた。その後、本作放送終了後も、そのアニメのスタッフ・声優の総入れ替えが行われる直前の放送、2005年3月18日まで2人は担当したキャラクターを勤め上げた[17]

以後、次々作『ドレミファ・どーなっつ!』まで『おかあさんといっしょ』と同様、2023年3月現在も放送中の子供向けアニメのメインキャラクターを演じている声優が必ず1人以上、人形劇に選ばれた[注釈 3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 正式な最終回日は不明だが、3月8日から25日までの『おかあさんといっしょ』平日の放送枠は、春休み特別企画として『春のこどもスタジオ』[2](その番組で、25日のみ『おかあさんといっしょ』の再放送が行われた[3])、26日[4]から4月2日[5]までは第54回選抜高等学校野球大会の中継がされたため、1981年度の最後の放送は3月5日になっている[6]
  2. ^ ただし、後継の『にこにこ、ぷん』『ドレミファ・どーなっつ!』と違ってオープニングとは接続しておらず、おにいさんとおねえさんが最初に登場して本作のキャラを呼びかけてから始まる。
  3. ^ なお、あくまで「子供向けアニメのメインキャラクター」のため、少年誌で連載中の漫画を原作としたアニメのメインキャラクターや、『忍たま乱太郎』(NHK Eテレ)の花房牧之介を演じている、第10作『ぐ〜チョコランタン』でジャコビ、第11作『モノランモノラン』でプゥートを演じた山口勝平は除く[18]

出典[編集]

  1. ^ Eテレ「おかあさんといっしょ」歴代の人形劇キャラクターまとめ”. STUNNER編集部. グリーン・プロモーション合同会社 (2022年3月21日). 2022年6月11日閲覧。
  2. ^ 春のこどもスタジオ - NHKクロニクル
  3. ^ 春のこどもスタジオ 「おかあさんといっしょ」 - NHKクロニクル
  4. ^ 1982年3月26日 総合 番組表 - NHKクロニクル
  5. ^ 1982年4月2日 総合 番組表 - NHKクロニクル
  6. ^ a b 1982年3月5日 総合 番組表 - NHKクロニクル
  7. ^ 番組エピソード 『おかあさんといっしょ』歴代人形劇”. NHK放送史. 日本放送協会. 2022年5月25日閲覧。
  8. ^ おかあさんといっしょ ブンブンたいむ”. NHK放送史. 日本放送協会. 2015年5月7日閲覧。
  9. ^ おかあさんといっしょの歴代キャラクター・声優一覧!初代から年代別に紹介!”. monjiroBLOG. 2022年4月29日閲覧。
  10. ^ ファンターネ!”. キャラクターページ. NHKエンタープライズ. 2022年4月29日閲覧。
  11. ^ Eテレ「おかあさんといっしょ」歴代の人形劇キャラクターまとめ”. STUNNER編集部. グリーン・プロモーション合同会社 (2022年3月21日). 2023年1月22日閲覧。
  12. ^ NHKおかあさんといっしょ 歴代人形劇キャラクター(1960年~)”. PRiVATE LiFE データ&ランキング. 2022年5月26日閲覧。
  13. ^ おかあさんといっしょ(再) - NHKクロニクル
  14. ^ おかあさんといっしょ - NHKクロニクル
  15. ^ a b c 『放送教育』第35巻第11号、日本放送教育協会、1981年2月1日、11頁、NDLJP:2340820/75 
  16. ^ ドラえもん、放送40周年!1979年の初回エピソード「ノビタランド」がよみがえる”. テレ朝 POST. テレビ朝日 (2019年3月14日). 2023年3月2日閲覧。
  17. ^ ドラえもんの歴代声優一覧まとめ!”. ciatr [シアター ] (2017年7月6日). 2022年6月3日閲覧。
  18. ^ 山口勝平プロフィール - 悟空

外部リンク[編集]

NHK総合テレビジョン おかあさんといっしょ人形劇
前番組 番組名 次番組
ゴロンタ劇場
(1976年4月5日
- 1979年3月)
ブンブンたいむ
(1979年4月2日
- 1982年3月)
にこにこぷん
(1982年4月5日
- 1992年10月3日)