旗照夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

旗 照夫(はた てるお、1933年12月2日 - )は、日本のジャズ・シンガー。本名:中山照男

経歴[編集]

東京市麻布区生まれ。女1人、男4人の5人きょうだいの四男で、一番上の姉は宝塚出身の歌手として活動、旗マリ子。兄(次男)は俳優をしていた旗昭二。日本の男性ファッションモデル第1号。

都立日比谷高校を卒業後、ラジオ東京(現・TBSラジオ)の番組「味の素 ミュージックレストラン」でデビュー。主な曲に『ハッシャバイ(Hush-A-Bye)』『あいつ』『史上最大の作戦のマーチ』など。

美空ひばりや、日本劇場(日劇)「ティーン・エイジャー・ジャズ」で江利チエミとの共演をし、他に映画やテレビなどにも出演した。

NHKの番組「おかあさんといっしょ」の1959年スタート当時のレギュラーメンバーでもあった。

NHK紅白歌合戦」に7回出場している(詳細は下記参照)。

1977年、社員教育を目的としたケア・プログラム・アカデミーを創設。

2011年7月19日、「NHK歌謡コンサート」に出演し、『あいつ』を披露。

2011年11月10日ゆうぽうとで開催された「第38回日本歌手協会歌謡祭」に出演。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『紅白歌合戦アルバム NHK20回放送のあゆみ』(デイリースポーツ社、1970年)

関連項目[編集]

テレビプロデューサーで、元ニッポン放送ディレクター。兄(長男)の息子であり、『デーモン小暮のオールナイトニッポン』のディレクターを務めていた時に、親戚のつながりでこの番組のスペシャル企画『月曜オールナイトだよ!歌ってマンボ全員集合!だめだこりゃ』のマンボ大会の審査員として旗照夫が出演した。
ハリウッド俳優。女優をしていた姉の息子。
はとこに当たる。元日本テレビディレクター・プロデューサーで、現在は鉄道ピクトリアルを発行する電気車研究会の社長。同誌の創刊50周年記念パーティーで、旗がミニコンサートを行った。
1956年に旗と共演した『ジャジャムボ』という曲は、中国語圏で度々カバーされている(読売新聞2013年7月5日13面)。