日本劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本劇場
Nihon Gekijo
Nichi Geki 1933 BW.jpg
開業当時の日劇(昭和8年)
情報
通称 日劇
正式名称 日本劇場
完成 1933年
開館 1933年12月24日
閉館 1981年2月15日
最終公演 サヨナラ日劇フェスティバル
収容人員 約4,000人
客席数 1階:1,060
2階:540
3階:463
用途 ミュージカル演劇映画上映
運営 東宝株式会社
所在地 100
東京都千代田区有楽町二丁目5番1号

日本劇場(にほんげきじょう・1933年12月24日 - 1981年2月15日閉館)は、かつて東京都千代田区有楽町に存在した劇場日劇(にちげき)の通称で親しまれた。

1933年昭和8年)竣工。戦時中空襲による被災や、終戦後の占領軍による接収も免れ、半世紀近くにわたって日本興行界を代表する象徴のひとつとして存在した。

1981年(昭和56年)再開発により隣接する朝日新聞東京本社の旧社屋と共に解体。再開発後は有楽町センタービル(有楽町マリオン)が建てられた。「日劇」の名称はマリオン内に設けられた映画館に引き継がれたが、2018年2月4日をもって営業を終了した。

概要[編集]

1952年当時の日本劇場

日劇は当初、「陸の龍宮」「シネマパレス」といった構想のもと、収容客数4000人の大劇場、ならびに日本初の高級映画劇場として計画された。屈曲した外壁、広大な舞台、アールデコ調の内装など、当時としては斬新かつ画期的な建築要素をふんだんに取り入れ、渡辺仁設計、大林組施工により、1933年に竣工、同年12月24日に開場披露式が盛大に挙行された。

「夏のおどり」上演時の日劇(1964年撮影)

当初は日本映画劇場株式会社が経営していたが、経営不振となり一旦閉館。次いで日活が賃借して映画館となるが、これも経営に失敗。次いで東宝が賃借して直営、さらに会社そのものを吸収合併した。

東宝への経営移管後は、東宝系の基幹劇場(チェーンマスター)の一つとして機能し、終戦後も占領軍へは東京宝塚劇場を提供することで接収を免れる。

戦後は東宝映画と実演の二本立て興行を行い、特に実演は日劇ダンシングチーム (NDT) のレヴューと人気歌手のショーが注目を浴びた。とりわけ「日劇の舞台に出る事」が人気芸能人の登竜門となっていた時期があった。昭和30年代はロカビリー旋風に乗り、「ウエスタン・カーニバル」は大盛況となった。

1953年12月1960年には、NHK紅白歌合戦も開催された。また1970年代にはNETテレビあなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭輝け!ゴールデングランプリ』発表会の会場としても使用された。

娯楽の殿堂であった日劇も老朽化には勝てず、1981年2月15日をもって閉鎖。劇場としての歴史は現在のTOHOシネマズ日劇へと受け継がれている。

日劇ダンシングチーム[編集]

毎年、春・夏・秋の三大おどりを見せ物として大好評を博していた。しかし昭和50年代に入り、テレビの普及に加え娯楽の多様化、さらには宝塚歌劇団のようにダンスと劇の2部構成ではなく、レヴューが主な見せ物だったためファンの世代交代がままならず、団体客でも入らないと客席はガラガラという状態へと陥った。なんとか乗り切るためにミュージカルなども行われたが、時勢には勝てず、事態が好転することなく解散へと向かった。

このためレヴュー公演は、1977年をもって終了している。

歌謡ショー[編集]

  • 1960年代後半頃までは、日劇の舞台に立つことが、一流芸能人の証となる憧れの地でもあった。
  • 基本的には一日3回公演を数日~一週間程度行うというものであり、必ずと言っていいほどNDTのダンサーが出演し、それ以外のダンサーは出演を禁じられていた。
  • しかし世間が騒ぐほど舞台の質は決して高くなく、あくまでもNDT公演の合間を埋めるための役割であったため、違う曲なのに同じ振り付けを使い廻ししたりと、ずさんな面が目立った。
  • 1980年3月以降は歌謡ショーを打ち切り、映画上映専門となった。

沿革[編集]

東宝映画が製作し1942年(昭和17年)12月3日に「紅系」で公開された『ハワイ・マレー沖海戦』(監督山本嘉次郎)のポスター。館名リスト右端に「日本劇場」の文字列が確認できる。
1954年(昭和29年)11月3日に公開された『ゴジラ』(監督本多猪四郎)のポスター。劇中、ゴジラが日劇を破壊するシーンがある。
  • 1929年2月 - 日本映画劇場株式会社設立。直ちに着工するが、途中資金不足のため工事停頓。
  • 1933年4月 - 会社創立委員長で大株主である大川平三郎の資金注入により工事再開。
  • 1933年12月24日 - 「日本劇場」として開場披露式。
  • 1933年12月31日 - 本興行開始。
  • 1935年1月 - 株式会社東京宝塚劇場に賃貸。3月、東宝による直営興行開始。
  • 1935年12月 - 日本映画劇場株式会社が株式会社東京宝塚劇場に吸収合併される。
  • 1936年1月 - 「日劇ダンシングチーム」(初期の名称は東宝ダンシングチーム)結成。
  • 第二次世界大戦中 - 劇場内で風船爆弾が製作される。
  • 1942年 - 戦時統制により設立された社団法人映画配給社』により「紅系一番館」に指定される[1]
  • 1952年3月17日 - 日劇ミュージックホール開業。
  • 1955年2月10日 - 地下1階に映画館「丸の内東宝劇場」を開業。
  • 1958年2月8日 - 「日劇ウエスタンカーニバル」初開催。
  • 1978年6月24日 - 映画『スター・ウォーズ』(後々「エピソード4:新たなる希望」とされた)が封切。
  • 1981年2月15日 - 施設の老朽化と東京都の再開発事業により閉館。この日に合わせ、「サヨナラ日劇フェスティバル」が同年1月28日から開催される。
  • 1984年10月6日 - 有楽町センタービル(有楽町マリオン)オープン。

構造[編集]

  • 設計は渡辺仁、施工は大林組、解体は竹中工務店。地上7階、地下3階建。地下2階は一般客が入ることのできなかったNDTダンサー専用のレストラン、地下1階は当初東京會舘のランチルームや、理髪店が入居していた。戦後は映画館「丸の内東宝劇場」「日劇ニュース劇場(後にATG専門館「日劇文化劇場」に改称)」と居酒屋などが入居。1階は正面玄関と4階までの大劇場、2階有楽町側には内外どちらからも入れた喫茶「らせん」。4階は稽古場、2台の映写機が置かれた映写室、照明室、パブレストラン「チボリ」、明治の喫茶店。5階は日劇ミュージックホールがあった小劇場。屋上は取材の場所としてよく使われた。
  • 地階は劇場内部からも行けたが、1階正面玄関の外側にも地階へ行く階段があった。
  • 客席は3階席まであり、1階1060席、2階540席、3階463席の計2063席。両壁際にはロイヤルボックスと呼ばれたボックス席が10個(2階6個、3階4個)あり、2階席前3列とともに日劇唯一の指定席となっていた。立ち見の客を最大限入れた状態で「4000人劇場」と呼んだ。
  • もともと映画館として建設されたため、舞台の奥行きは狭く、回り舞台も無く、使用していた大階段もかなり急なものとなっていた。わずかな迫りオーケストラピットがあった。
  • 開場当時、劇場内外部はステンドグラス大理石、さまざまなデザインのレリーフなどで豪華絢爛に彩られて人々の目を驚かせたが、1960年(昭和35年)に大改装。しかし、解体時に長年の改装で覆われたベニヤ板を剥がしたところ、正面ホールの壁からギリシャ神話をモチーフとした陶器モザイクの壁画が現れた。これは川島理一郎による作品で「平和」「戦争」「舞踊」「音楽」の4テーマに分かれていた。この壁画がベニヤ板で覆われてしまったのは、1958年(昭和33年)のこと。理由はタイアップ商品をホールで販売する計画があり、背景としてはこの壁画はあまりにも芸術的過ぎて、そぐわないというものであった。こうして23年ぶりに発見され新聞などでも話題となった。記念として有楽町マリオンに残そうという話があったが、壁画はモルタルで固められているうえに、背後は上層階を支える大柱があったため、難工事になると考えられた。そのため保存されることは叶わず、そのまま建物の廃材とともに廃棄されてしまった。
  • 古い設備であったこと、あとから無理やり付け足したスピーカーであったため、音響効果はあまりよくなかった。
  • また完成当初から最盛期はファサードも華麗に発光されていたが、閉館間際になると取り止め、あちこちの壁に広告が掲げられ、完成当初の美しさは失われつつあった(前述の改装時には、前面最上部を取り囲むように東芝のネオンサインが取り付けられ、閉館時まで作り替えられながら存在した)。また赤字経営をなんとかやりくりするために、全館にファーストキッチンディスカウントショップ、甘栗屋、雑貨、洋服屋、マージャン、ビリヤード店が入居するなど、一世を風靡した劇場にとって相応しくない猥雑さが目立つようになり、著しく雑居ビル化が進んでいた。

出典[編集]

  1. ^ 年鑑[1942], p.10/24-36.

参考文献[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]