第14回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第14回NHK紅白歌合戦
Tokyo Takarazuka Theater in Taisho and Pre-war Showa eras.JPG
会場の東京宝塚劇場(写真は太平洋戦争以前)
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1963年12月31日(NHK紅白歌合戦第14回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
エンディング 東京五輪音頭
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第14回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1963年12月31日
放送時間 1963年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第14回NHK紅白歌合戦』(だいじゅうよんかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1963年12月31日(JST)に東京宝塚劇場で行われた14回目のNHK紅白歌合戦。21時05分から23時45分(JST)に総合テレビラジオ第1放送生放送された。

概要[編集]

  • 全編の映像がNHKに現存する最古の回である。生放送の映像をキネコに録画することで保存されたもので、2001年に放送された『思い出の紅白歌合戦』で、全編が再放送された。現在は横浜市放送ライブラリーで視聴できる。この回で記録した視聴率81.4パーセント(ビデオリサーチ調べ・関東地区)は、ビデオリサーチによる視聴率調査が始まって以来の最も高い視聴率となった。なお、同時期に視聴率調査を行っていたニールセンの調査では、89.8パーセントを記録している。
  • 1964年に開催される東京オリンピックにちなみ、舞台セットは五輪のマークや聖火台をイメージしたものとなっただけでなく、オープニングでは渥美清聖火ランナーに扮して登場し、オリンピックの開会式を彷彿とさせる演出が行われた。またエンディングでは、例年の「蛍の光」ではなく「東京五輪音頭」が歌われた。

エピソード[編集]

  • 当初、両軍司会は前回に引き続き森光子宮田輝に内定しており、発表を残すのみという状態で12月初旬を迎えていた。しかし発表2日前の12月10日夜になってから急遽森が辞退を表明。森は1964年1月2日芸術座で「越前劇人形」の主演を務めることになっており、12月30日に舞台稽古の予定だったが、台本の遅延でこれが翌31日にずれ込む可能性が発生しやむなく紅組司会を断念した格好である。慌てたNHKは直ちに「紅白実施委員会」を開き、代わってこの1年舞台・映画・ミュージカル・放送に大活躍しこれまで紅白11回連続出場の実績を持つ江利チエミを起用することを決める。江利は12月11日夜に1度断りを入れるが。再度の交渉に12月12日朝、ようやく了解し同日出場歌手と共に江利・宮田の両軍司会が発表された。森の緊急辞退が史上初の歌手兼司会を生む結果にもなった[1]。なお歌手兼司会については、この以前では認められておらず、第9回1958年)では当初番組側が楠トシエ(当時出場歌手の常連)を起用する予定だったが、歌手としての出場を希望した楠がその打診を断ったという事例がある。また、今回史上初となる歌手兼司会が実現した以後も第17回1966年)で司会を務めたペギー葉山第18回1967年)で司会を務めた九重佑三子はいずれも本業は歌手であるものの、歌手としての出場は許されなかった。
  • 江利は後に「出演する方を目立たせるために、地味な格好を自分はしたり、夢中で頑張った」と語っている。また、江利が歌手として出演する際の代理の曲紹介は宮田が行った。
  • 坂本九は、本番直前に衣装全てが盗まれたため家から持ってきた私物で本番に臨んだ。
  • 北島三郎が初出場。
  • 第9回におけるグループの出場解禁後、前回までグループはグループと対戦する格好となっていたが、今回以降はグループがソロ歌手と対戦する演出も行われるようになる。
  • 優勝は紅組。
  • 今回使用したマイクロホンは、歌手・司会者用共にAIWA VM-17Sとされている(翌年の第15回にも同じタイプのものが使われているが、マイク自体を支える両脇のアームが無いタイプ)。
  • 雪村いづみ三波春夫はワイヤレスマイクを衣装に付けてセット中央の階段から歌い始める。
  • この年から、当時の芸能局内に「紅白歌合戦実施委員会」を設置。今回より毎年秋になると同時に実施の準備が始まることになる。
  • 江利・宮田の両軍司会は好評となり、第15回もこのコンビが続投することとなった。ただ前者は当初「『1回でやめておけば良かったのに』、などと言われたら・・・」という気持ちに苛まれ再三断っていた。「私のPRをしてくれない」「自分ばかり売り込んで」という周囲の声にも悩まされ、憂欝になったという。本人曰く「ダーリン(高倉健)もあんな疲れる仕事はもうしない方がいいって言っていたんです」とのことだが、結果的に熱心なNHKのラブコールに折れる格好で続投を決意した。

司会者[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

  • 春日由三・NHK専務理事

出場歌手[編集]

紅組 白組
曲順 歌手 曲順 歌手
1 弘田三枝子(2) 悲しきハート 2 田辺靖雄(初) 雲に聞いておくれよ
3 仲宗根美樹(2) 奄美恋しや 4 守屋浩(4) がまの油売り
5 松山恵子(7) 別れの入場券 6 北島三郎(初) ギター仁義
7 雪村いづみ(6) 思い出のサンフランシスコ 8 アイ・ジョージ(4) ダニー・ボーイ
9 こまどり姉妹(3) 浮草三味線 10 和田弘とマヒナ・スターズ(5) 男ならやってみな
11 坂本スミ子(3) テ・キエロ・ディヒステ 12 ジェリー藤尾(3) 誰かと誰かが
13 高石かつ枝(初) りんごの花咲く町 14 三浦洸一(8) こころの灯
15 楠トシエ(7) 銀座かっぽれ 16 森繁久彌(5) フラメンコかっぽれ
17 江利チエミ(11) 踊りあかそう 18 立川澄人(初) 運がよけりゃ
19 トリオこいさんず(2) いやーかなわんわ 20 ボニー・ジャックス(初) 一週間
21 吉永小百合(2) 伊豆の踊子 22 北原謙二(2) 若い明日
23 朝丘雪路(6) 永良部百合の花 24 田端義夫(初) 島育ち
25 島倉千代子(7) 武蔵野エレジー 26 三橋美智也(8) 流れ星だよ
28 畠山みどり(初) 出世街道 27 村田英雄(3) 柔道一代
30 西田佐知子(3) エリカの花散るとき 29 橋幸夫(4) お嬢吉三
32 越路吹雪(9) ラスト・ダンスは私に 31 フランク永井 (7) 逢いたくて
34 スリー・グレイセス(2) アイ・フィール・プリティ 33 ダーク・ダックス(6) カリンカ
36 倍賞千恵子(初) 下町の太陽 35 芦野宏(9) パパと踊ろう[2]
38 三沢あけみ(初) 島のブルース 37 舟木一夫(初) 高校三年生
40 梓みちよ(初) こんにちは赤ちゃん 39 坂本九(3) 見上げてごらん夜の星を
42 ペギー葉山(10) 女に生れて幸せ 41 旗照夫(7) 史上最大の作戦マーチ [3]
44 ザ・ピーナッツ(5) 恋のバカンス 43 デューク・エイセス(2) ミスター・ベースマン
46 五月みどり(2) 一週間に十日来い 45 春日八郎 (9) 長崎の女
48 伊東ゆかり(初)
園まり(初)
中尾ミエ(2)
キューティ・パイ・メドレー[4] 47 植木等(2) どうしてこんなにもてるんだろう・ホンダラ行進曲[5]
50 美空ひばり(8) 哀愁出船 49 三波春夫(6) 佐渡の恋唄

演奏[編集]

主なゲスト[編集]

結果[編集]

  • 19対8で紅組の優勝。対戦成績を7勝7敗とした。

脚注[編集]

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  2. ^ 歌唱中、谷啓が舞台に登場し、芦野宏と共に踊った。
  3. ^ 東京混声合唱団をバックに従えて登場した。
  4. ^ 3人がそれぞれの持ち歌を順番に披露した。伊東ゆかり「キューティ・パイ」→園まり「女王蜂」→中尾ミエ「バイ・バイ・バーディ」のメドレー。
  5. ^ 「ホンダラ行進曲」のパートでは、ハナ肇とクレージーキャッツのメンバー全員がコーラスとして参加。

関連項目[編集]

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

外部リンク[編集]